善き人のためのソナタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
善き人のためのソナタ
Das Leben der Anderen
監督 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
脚本 フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
製作 クイリン・ベルクドイツ語版
マックス・ヴィーデマンドイツ語版
出演者 ウルリッヒ・ミューエ
マルティナ・ゲデック
セバスチャン・コッホ
音楽 ガブリエル・ヤレド
ステファヌ・ムーシャドイツ語版
撮影 ハーゲン・ボグダンスキードイツ語版
編集 パトリシア・ロンメルドイツ語版
製作会社 Wiedemann & Berg Filmproduktion
配給 ドイツの旗 Buena Vista International
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 ドイツの旗 2006年3月23日
日本の旗 2007年2月10日
上映時間 137分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
製作費 $2,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $77,356,942[1]
テンプレートを表示

善き人のためのソナタ』(よきひとのためのソナタ、独題: Das Leben der Anderen「他人の生活」)は、2006年ドイツ映画。 監督はフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク、出演はウルリッヒ・ミューエマルティナ・ゲデックセバスチャン・コッホなど。

東ドイツシュタージのエージェントを主人公にしたドラマで、当時の東ドイツが置かれていた監視社会の実像を克明に描いている。第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した。

ストーリー[編集]

1984年の東ベルリン。国家保安省(シュタージ)の局員ヴィースラー大尉は国家に忠誠を誓っていた。ある日彼は、反体制の疑いのある劇作家ドライマンとその同棲相手の舞台女優クリスタを監視するよう命じられる。さっそくドライマンのアパートには盗聴器が仕掛けられ、ヴィースラーは徹底した監視を開始する。しかし、聴こえてくる彼らの世界にヴィースラーは次第に共鳴していく。そして、ドライマンが弾いたピアノソナタを耳にした時、ヴィースラーの心は激しく揺さぶられる。

キャスト[編集]

※()は日本語吹き替え

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、162件の評論のうち高評価は92%にあたる149件で、平均点は10点満点中8.3点、批評家の一致した見解は「それまでの昔ながらのスパイ映画とは異なり、『善き人のためのソナタ』は「外套と短剣」(スパイもの)の追跡劇のために登場人物を犠牲にせず、その演技(特に故ウルリッヒ・ミューエの演技)は心に残る。」となっている[2]Metacriticによれば、39件の評論のうち、高評価は38件、賛否混在は1件、低評価はなく、平均点は100点満点中89点となっている[3]

受賞歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b The Lives of Others” (英語). Box Office Mojo. 2011年6月1日閲覧。
  2. ^ The Lives of Others” (英語). Rotten Tomatoes. 2022年3月24日閲覧。
  3. ^ "The Lives of Others" (英語). Metacritic. 2022年3月24日閲覧。

外部リンク[編集]