モーターサイクル・ダイアリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モーターサイクル・ダイアリーズ
Diarios de motocicleta
監督 ウォルター・サレス
脚本 ホセ・リベーラ
製作 マイケル・ノジック
エドガード・テネンバウム
カレン・テンコフ
製作総指揮 ロバート・レッドフォード
ポール・ウェブスター
レベッカ・イェルダム
出演者 ガエル・ガルシア・ベルナル
ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
撮影 エリック・ゴーティエ
編集 ダニエル・レゼンデ
製作会社 Film4 Productions
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 ブラジルの旗 2004年5月7日
アルゼンチンの旗 2004年7月29日
イギリスの旗 2004年8月27日
アメリカ合衆国の旗 2004年9月24日
日本の旗 2004年10月9日
上映時間 127分
製作国 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
チリの旗 チリ
ペルーの旗 ペルー
ブラジルの旗 ブラジル
イギリスの旗 イギリス
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
言語 スペイン語
ケチュア語
マプチェ語
興行収入 $57,642,814[1]
テンプレートを表示

モーターサイクル・ダイアリーズ』(スペイン語: Diarios de motocicleta英語: The Motorcycle Diaries)は映画。エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(後の革命家チェ・ゲバラ)の若き日の南米旅行記『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』をもとに、ロバート・レッドフォードヴァルテル・サレスらによって2004年に映画化された。ウルグアイ人の音楽家、ホルヘ・ドレクスレルによるこの映画の主題歌「河を渡って木立の中へ(Al Otro Lado del Río)」は、2005年スペイン語の楽曲として初めてアカデミー歌曲賞を受賞した。

あらすじ ・解説[編集]

「これは偉業の物語ではない 同じ大志と夢を持った2つの人生が しばし併走した物語である」

1952年1月4日アルゼンチンブエノスアイレスに住む医大生エルネスト(フーセル)は喘息持ちにもかかわらず、先輩の「放浪科学者」ことアルベルト・グラナードと共に1台のバイク(ポデローサ号「怪力号」)にまたがり、12,000キロの南米大陸縦断旅行へ出かける。途中、恋人に会ったり、バイク事故に遭ったり、雪山を通ったり、徒歩やヒッチハイクや最後にはイカダに乗ったりと、南米先住民族インディオ)や、チリチュキカマタ銅山の最下層の労働者、ペルーマチュ・ピチュハンセン病患者らとの出会いなど、行く手に巻き起こるさまざまな出来事を通して、南米社会の現実を思い知らされる。

映画のラストに80歳を超えたアルベルト・グラナード本人が少しだけ登場する。また、アルベルト・グラナード自身が『モーターサイクル・ダイアリーズ』の撮影に同行し撮影風景を記録したメイキング・ドキュメンタリーの『トラベリング・ウィズ・ゲバラ』(2004年) もある。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エルネスト・ゲバラ・デ・ラ・セルナ ガエル・ガルシア・ベルナル 内田夕夜
アルベルト・グラナード ロドリゴ・デ・ラ・セルナ 坂東尚樹
チチナ・フェレイラ ミア・マエストロ 田村真紀

受賞・ノミネート[編集]

原作[編集]

  • エルネスト・チェ・ゲバラ/棚橋加奈江訳『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』現代企画室、1997年10月(ISBN 4773897155
  • エルネスト・チェ・ゲバラ/棚橋加奈江訳『モーターサイクル・ダイアリーズ』角川書店〈角川文庫〉、2004年9月(上記の本に加筆・訂正して文庫化したもの)

出典[編集]

  1. ^ The Motorcycle Diaries (2004)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]