オン・ザ・ロード (2012年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オン・ザ・ロード
On the Road
監督 ウォルター・サレス
脚本 ホセ・リベーラ英語版
原作 ジャック・ケルアック
オン・ザ・ロード
製作 ナタナエル・カルミッツ
シャルル・ジリベール
レベッカ・イェルダム
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ
ジェリー・リーダー
出演者 サム・ライリー
ギャレット・ヘドランド
クリステン・スチュワート
キルスティン・ダンスト
ヴィゴ・モーテンセン
エイミー・アダムス
トム・スターリッジ
アリシー・ブラガ
エリザベス・モス
ダニー・モーガン
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
撮影 エリック・ゴーティエ
編集 フランソワ・ジェディジエ
製作会社 アメリカン・ゾエトロープ
MK2
フィルム4英語版
フランス・テレビジョン
Canal+
Ciné+英語版
フランス2シネマ
配給 アメリカ合衆国の旗 IFCフィルムズ英語版 / サンダンス・セレクションズ英語版[1]
イギリスの旗 ライオンズゲート
フランスの旗 MK2
日本の旗 ブロードメディア・スタジオ
公開 フランスの旗 2012年5月23日CIFF[2]
イギリスの旗 2012年10月12日
アメリカ合衆国の旗 2012年12月21日
日本の旗 2013年8月30日
上映時間 137分CIFF
124分TIFF[3][4]
製作国 ブラジルの旗 ブラジル
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000
興行収入 $8,194,272[5]
テンプレートを表示

オン・ザ・ロード』(On the Road)は、ウォルター・サレス監督による2012年のブラジルフランス[6]青春ドラマ映画英語版である。ジャック・ケルアックの1957年の小説『オン・ザ・ロード』(旧邦題『路上』)を原作としており、サム・ライリーギャレット・ヘドランドクリステン・スチュワートキルスティン・ダンストヴィゴ・モーテンセンエイミー・アダムストム・スターリッジアリシー・ブラガエリザベス・モスダニー・モーガンらが出演する。製作総指揮はフランシス・フォード・コッポラである。2500万ドルの製作費をかけて2010年8月4日よりケベック州モントリオールなどで撮影が行われた。

2012年5月23日に第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でプレミア上映され、パルム・ドールを争った[7][8]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

()内はモデルとなった人物

製作[編集]

本作以前の試み[編集]

1957年、ジャック・ケルアックは俳優のマーロン・ブランドに手紙を送り、ブランドがディーン・モリアーティ、ケルアック自身がサル・パラダイスを演じることを提案した[11]。ブランドはその手紙に反応を示さず、その後ワーナー・ブラザースが11万ドルで映画化権を手に入れようとしたが、ケルアックの代理人のスターリング・ロードが断った。ロードはパラマウント映画に15万ドルを希望し、ブランドをキャスティングさせたがった。契約は結局成立せず、ケルアックは代理人があまりにも多くの金額を要求していることに怒った[11]

1979年にフランシス・フォード・コッポラが権利を獲得した[12]。数年にわたり、彼はマイケル・ハー英語版バリー・ギフォード英語版を含む多くの脚本家を雇い、息子のロマン・コッポラも参加した[13]。1995年、製作者たちは16mmフィルムで白黒撮影することを計画し、詩人のアレン・ギンズバーグと共にオーディションを開催したが、プロジェクトは失敗に終わった[12]。数年後、彼はイーサン・ホークブラッド・ピットにサル・パラダイスとディーン・モリアーティを演じさせようとしたが、失敗に終わった。2001年、コッポラは小説家のラッセル・バンクス英語版を雇って脚本を書かせ、ジョエル・シュマッカー監督、ビリー・クラダップをサル・パラダイス役、コリン・ファレルをディーン・モリアーティ役で製作しようとしたが、最終的にこれも見送られた[12]

プリプロダクション[編集]

コッポラは『モーターサイクル・ダイアリーズ』を見てブラジルのウォルター・サレスを本作の監督として雇った[12]。2008年末、アメリカで経済危機が起こり、出資者であるフランスのパテ社は製作費を3500万ドルから大幅に減らそうと考え、サレスはゴーサインが出るのを待っていた[13]。プロデューサーのレベッカ・イェルダムは彼らがサレスが監督することを想定していなかったことに気づいた。サレスはパリのMK2プロダクションズに映画への情熱を語った。2010年の第63回カンヌ国際映画祭でMK2は2500万ドルの予算で製作に合意し[13]、他にコッポラのアメリカン・ゾエトロープ、イギリスのフィルム4英語版、フランスのフランス2シネマCanal+フランス・テレビジョンCiné+英語版、ブラジルのビデオフィルムズが参加した[6]

撮影[編集]

撮影は2010年8月4日よりカナダモントリオールで開始された[14]。モントリオールの後、ケベック州 ガティノーで行われた[15]。その映像は1947年のコロラド州デンバーとして使われた[16]。2010年10月半ば、5日間にわたってアルバータ州カルガリーで撮影が行われた[17]。またニューオーリンズで撮影した後、映画の最後の場面を撮るためにモントリオールに戻った[18]。12月初頭にはサンフランシスコで1週間の撮影が行われた[19]。サレスはまた、メキシコでの数週間の撮影を希望したが、麻薬戦争の激化のために断念し、代わりにアリゾナ州へと移った[13]。さらにアルゼンチンチリでも行われた[20]

公開[編集]

2012年5月23日、第65回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映された。また2012年9月6日、第37回トロント国際映画祭で124分の短縮版が上映された[3]

北米での配給権はAMC英語版IFCフィルムズ英語版サンダンス・セレクションズ英語版と共に購入した。イギリスでの配給権はライオンズゲートが購入した[1]

アメリカ合衆国では2012年12月21日に公開された[21]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは135件のレビューで支持率は44%となった[22]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Kilday, Gregg (2012年5月8日). “Cannes 2012: Garrett Hedlund and Kristen Stewart's On the Road Acquired by IFC Films and Sundance Selects”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-amc-networks-on-the-road-garrett-hedlund-kristen-stewart-walter-salles-321722 2012年5月24日閲覧。 
  2. ^ Sur la route - released”. AlloCiné.fr. 2012年8月5日閲覧。
  3. ^ a b On the Road. Toronto International Film Festival. http://tiff.net/filmsandschedules/tiff/2012/ontheroad 2012年8月28日閲覧。 
  4. ^ ON THE ROAD (15)”. British Board of Film Classification. 2013年4月4日閲覧。
  5. ^ On the Road (2012)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月5日閲覧。
  6. ^ a b Kemp, Stuart (2010年5月6日). “Kristen Stewart goes On the Road. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/kristen-stewart-goes-road-23342 2010年5月7日閲覧。 
  7. ^ 2012 Official Selection”. Cannes. 2012年4月19日閲覧。
  8. ^ Cannes Film Festival 2012 line-up announced”. Time Out. 2012年4月19日閲覧。
  9. ^ a b c d e Goldberg, Matt (August 13, 2010) "First Image of Kristen Stewart in Walter Salles' On the Road; Steve Buscemi, Elisabeth Moss, Alice Braga, Terrence Howard to Co-Star", Collider.com. Retrieved 2010-08-16
  10. ^ Moreault, Éric (2010年8月12日). “Marie-Ginette Guay incarne la mère de Jack Kerouac au grand écran”. Le Soleil. http://www.cyberpresse.ca/le-soleil/arts-et-spectacles/cinema/201008/11/01-4305828-marie-ginette-guay-incarne-la-mere-de-jack-kerouac-au-grand-ecran.php 2010年8月18日閲覧。 
  11. ^ a b Martelle, Scott (2005年6月4日). “On the road again”. The Age. http://www.theage.com.au/news/Film/On-the-road-again/2005/06/03/1117568359309.html 2010年11月30日閲覧。 
  12. ^ a b c d Mottram, James (2008年9月12日). “The long and grinding story of On The Road. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/features/the-long-and-grinding-story-of-on-the-road-926664.html 2010年7月12日閲覧。 
  13. ^ a b c d Galloway, Stephen (2012年5月9日). “How On The Road Slashed Kristen Stewart's $20 Million Paycheck and Finally Made it to Screen”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/kristen-stewart-twilight-breaking-dawn-on-the-road-jack-kerouac-322580l 2012年8月29日閲覧。 
  14. ^ Vary, Adam B (2010年8月4日). “Viggo Mortensen, Amy Adams join On The Road. Entertainment Weekly. http://news-briefs.ew.com/2010/08/04/viggo-mortensen-amy-adams-join-on-the-road/ 2010年8月4日閲覧。 
  15. ^ Soloman, Karen (2010年8月17日). “Hollywood comes to Gatineau to film On the Road. CTV News. http://ottawa.ctv.ca/servlet/an/local/CTVNews/20100817/OTT_Gat_Movie_100817/20100817/?hub=OttawaHome 2010年8月18日閲覧。 
  16. ^ Lawson, Catherine (2008年8月17日). “Shooting of Kristen Stewart film On the Road comes to Hull”. Vancouver Sun. http://www.vancouversun.com/entertainment/movie-guide/Shooting+Kristen+Stewart+film+Road+comes+Hull/3405594/story.html 2010年8月18日閲覧。 
  17. ^ Volmers, Eric (2010年10月9日). “Alberta opens its doors to The Hobbit. Calgary Herald. http://www2.canada.com/calgaryherald/news/entertainment/story.html?id=abc409f5-5f9b-4edd-9e42-95a7553435a8 2012年5月31日閲覧。 
  18. ^ Kelly, Brendan (2010年8月18日). “Kristen Stewart On the Road in Montreal”. Montreal Gazette. http://www.montrealgazette.com/entertainment/movie-guide/Kristen+Stewart+Road+Montreal/3411609/story.html 2010年10月24日閲覧。 
  19. ^ Sabatini, Joshua (2010年12月8日). On the Road filming begins in SF”. San Francisco Examiner. http://www.sfexaminer.com/local/2010/12/road-filming-begins-sf 2010年12月9日閲覧。 
  20. ^ Keegan, Rebecca (2011年2月4日). “Garrett Hedlund on 'On the Road': 'Jazz, women and drugs'”. Los Angeles Times. http://latimesblogs.latimes.com/movies/2011/02/theres-still-jazz-women-and-drugs-garrett-hedlund-on-on-the-road.html 2010年2月7日閲覧。 
  21. ^ On the Road”. Box Office Mojo. 2013年2月7日閲覧。
  22. ^ On the Road”. Rotten Tomatoes. 2012年12月23日閲覧。

外部リンク[編集]