ワイルド・ブラック/少年の黒い馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワイルド・ブラック/少年の黒い馬
The Black Stallion
監督 キャロル・バラード英語版
脚本 メリッサ・マシスン
ジャンヌ・ローゼンバーグ
ウィリアム・D・ウィットリフ英語版
原作 ウォルター・ファーレイ英語版
The Black Stallion
製作 フレッド・ルース英語版
トム・スターンバーグ
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ
出演者 ケリー・レノ英語版
ミッキー・ルーニー
テリー・ガー
音楽 カーマイン・コッポラ
撮影 キャレブ・デシャネル
編集 ロバート・ダルヴァ
製作会社 アメリカン・ゾエトロープ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年10月17日
日本の旗 1980年12月20日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
アラビア語
製作費 $2,700,000
興行収入 $37,799,643[1]
次作 ワイルド・ブラック2/黒い馬の故郷へ
テンプレートを表示

ワイルド・ブラック/少年の黒い馬』(The Black Stallion)は、キャロル・バラード英語版監督による1979年のアメリカ合衆国の映画である。ウォルター・ファーレイ英語版による児童文学『The Black Stallion』を原作とし、メリッサ・マシスンとジャンヌ・ローゼンバーグとウィリアム・D・ウィットリフ英語版が脚本を執筆した。出演はケリー・レノ英語版ミッキー・ルーニーテリー・ガーホイト・アクストン。映画音楽はカーマイン・コッポラが作曲し、製作総指揮はその息子のフランシス・フォード・コッポラが務めた。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

評価[編集]

2002年にアメリカ国立フィルム登録簿に選ばれた。

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 対象 結果
アカデミー賞[2] 助演男優賞 ミッキー・ルーニー ノミネート
編集賞 ロバート・ダルヴァ ノミネート
特別業績賞 アラン・スプレット英語版(音響編集に対して) 受賞
ゴールデングローブ賞[3] 作曲賞 カーマイン・コッポラ ノミネート
英国アカデミー賞[4] 撮影賞 キャレブ・デシャネル ノミネート
ロサンゼルス映画批評家協会賞[5] 撮影賞 キャレブ・デシャネル 受賞
音楽賞 カーマイン・コッポラ 受賞

続編[編集]

1983年に続編の『ワイルド・ブラック2/黒い馬の故郷へ英語版』が公開され、レノが引き続き出演した。1990年からは1993年にかけては『The Adventures of the Black Stallion』が放送された。2003年には前日譚『ヤング・ブラック・スタリオン英語版』がIMAX劇場で公開された。

参考文献[編集]

  1. ^ The Black Stallion”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月4日閲覧。
  2. ^ The 52nd Academy Awards (1980) Nominees and Winners”. 映画芸術科学アカデミー. 2013年6月4日閲覧。
  3. ^ The 37th Annual Golden Globe Awards (1980)”. ハリウッド外国人映画記者協会. 2010年11月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年6月4日閲覧。
  4. ^ Film 1981”. 英国映画テレビ芸術アカデミー. 2013年6月4日閲覧。
  5. ^ 5TH ANNUAL”. ロサンゼルス映画批評家協会. 2013年6月4日閲覧。

外部リンク[編集]