アレン・ギンズバーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アレン・ギンズバーグ
Allen Ginsberg 1979 - cropped.jpg
誕生 (1926-06-03) 1926年6月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュージャージー州パターソン
死没 (1997-04-05) 1997年4月5日(満70歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨークイースト・ヴィレッジ
職業 詩人
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
代表作 吠える
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

アーウィン・アレン・ギンズバーグ(Irwin Allen Ginsberg, 1926年6月3日 - 1997年4月5日)は、アメリカ詩人ジャック・ケルアックとともにビート文学の代表者のひとり。

ニュージャージー州パターソンロシアからのユダヤ系移民のルイス・ギンズバーグとナオミ・リーヴィの子として生まれる。アイビー・リーグの構成校の一つとして名高いコロンビア大学を卒業。アメリカの詩人のウィリアム・カーロス・ウィリアムズウォルト・ホイットマンなどは彼の詩文の書き方に影響を与えた。 代表作は『吠える英語版』(Howl)。

朗読の名人であった。1997年4月5日、ニューヨークのイースト・ヴィレッジ肝炎の合併症による肝臓がんで息をひきとった[1]。70歳没。

作品[編集]

  • Howl and Other Poems(「吠える」と他の詩編) (1956年)
  • 「カディッシ」Kaddish and Other Poems (1961年)
  • Reality Sandwiches(リアリティ・サンドウィッチズ) (1963年)
  • 麻薬書簡The Yage Letters' (1963年) – ウィリアム・S・バロウズ と共著
  • Planet News (1968年)
  • The Gates of Wrath: Rhymed Poems 1948–1951 (1972年)
  • 『アメリカの没落』The Fall of America: Poems of These States (1973年)
  • Iron Horse (1972年)
  • Mind Breaths (1978年)
  • Plutonian Ode: Poems 1977–1980 (1982年)
  • 『悲しき花粉の輝き』Sad Dust Glories (1978年)
  • Collected Poems: 1947–1980 (1984年)
  • 『白いかたびら』White Shroud Poems: 1980–1985 (1986年)
  • Cosmopolitan Greetings Poems: 1986–1993 (1994年)
  • Howl Annotated (1995年)
  • Iluminated Poems (1996年)
  • Selected Poems: 1947–1995 (1996年)
  • Death and Fame: Poems 1993–1997 (1999年)

和訳詩集、和書[編集]

上記の和書のほか、下記が刊行されている。

  • 『ギンズバーグ詩集』(諏訪優訳、思潮社):「吠える」全詩、「虚ろな鏡」「リアリティ・サンドウィッチズ」「カディッシュ」全詩、および他の詩集からの詩編を編纂。
  • 『破滅を終らせるために―ギンズバーグのことば』(諏訪優訳、1988年、思潮社):ギンズバーグ自身による評論、手紙、対話
  • 『宇宙の息』(諏訪優訳、1977年、晶文社)
  • 『インド日記 1962-1963』(諏訪優訳、1980年、サンリオ)

映画[編集]

  • ビフォー・ストーンウォール』(Before Stonewall、1986年、アメリカ)
  • ビートニク』(The Source、1999年)に出演。:膨大な資料映像とインタビューそして再現シーンで構成されるビート・ジェネレーションの映画。製作総指揮ヒロ・ヤマガタ、監督チャック・ワークマン
  • Howl(原題、日本未公開、2010年、アメリカ):ビートニク詩人たちの活躍や、初詩集Howlの猥せつ裁判を映画化。監督はブ・エプスタインおよびジェフリー・フリードマン。主演ジェームズ・フランコ。
  • キル・ユア・ダーリン』(Kill Your Darling、2013年、アメリカ)
ギンズバーグがコロンビア大学在学中、ルシアン・カーと出会い彼を通じてウィリアム・バロウズ、ジャック・ケルアックらと交流するようになる。出演はダニエル・ラドクリフデイン・デハーン

受賞歴[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]