ダニエル・ラドクリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダニエル・ラドクリフ
Daniel Radcliffe
Daniel Radcliffe
本名 Daniel Jacob Radcliffe
ダニエル・ジェイコブ・ラドクリフ
生年月日 (1989-07-23) 1989年7月23日(31歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン フラム
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1999年 -
主な作品
ハリー・ポッター』シリーズ
ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
スイス・アーミー・マン
グランド・イリュージョン 見破られたトリック
テンプレートを表示

ダニエル・ジェイコブ・ラドクリフ: Daniel Jacob Radcliffe1989年7月23日 - )は、イギリス俳優ロンドン南西部のフラム出身。身長165cm[1]。愛称はダン(Dan)。

略歴[編集]

北アイルランド出身の父親とユダヤ系イギリス人の母親の間に一人息子として生まれる。父は、元著作権エージェントで、現在はラドクリフの世話役。母はキャスティングディレクター。 2人とも、過去に俳優のキャリアがある。

協調運動障害を抱えていることを公表しており、俳優を志すようになったのも、学校での生活がうまくいかず、学校以外で活躍できる場所を見つけるためだったという[2]

1999年BBCのドラマ『デビッド・コパーフィールド』でデビュー。

子役として活動していたころ、ちょうど世界的ベストセラー小説ハリー・ポッターと賢者の石』の映画化にあたり、主役ハリー・ポッター役のオーディション選考が行なわれていたが、なかなかハリーのイメージに合う少年が見つからなかった。そんななか、ラドクリフが両親と芝居を観に行っていた際、偶然同席していたスタッフがラドクリフを見てオーディション参加を打診し、ハリー役を射止めた(当時11歳)。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』のプレミア(2010年)

映画ハリー・ポッターと賢者の石』は、世界的メガヒットになり一躍有名になった。日本でも大ブームとなり、2002年12月にラドクリフが初訪日した際には、空港に多くのファンが押し寄せた。その際に、ハリー・ポッターの扮装をしたファンを「ポッタリアン」と呼んだ。本来ハリー役は、シリーズ2作目以降は本人の成長にともなって代役を立てる予定だったが、あまりにハリー役がはまっていたことや、ストーリーにともなってキャラクターもきちんと年を取るシリーズであること、原作者の強い意向などからそのままシリーズ最終作まで続投された。

2007年、舞台『エクウス』に出演。全裸姿で演技を披露し話題を呼んだ。また、共演者のローラ・オトゥール英語版との交際が報道されたが、2008年1月に破局している。

人物[編集]

当初、誕生日はJ・K・ローリングやハリー・ポッターと同じ7月31日と報道されたが誤りであり、これは宣伝効果を狙ったものと考えられている。ユダヤ系イギリス人の母親を持っているが、特定の宗教にこだわらず自由な家庭環境であった。ラドクリフは自身を無神論者であると述べている。

2匹のボーダー・テリアを飼っており、名前は「ビンカ」 "Binka" と 「ナゲット」 "Nugget"。

オーストラリアを訪問中に、朝のテレビ番組『トゥデイ』に出演し、番組の司会者から「ずいぶん長い間『ハリー・ポッター』のダークな面と取り組んでいるけれども、君は信心深いの」と聞かれ、「そんなことはないです。母はユダヤ系、父はプロテスタント。宗教的に興味深い環境になっていますが、僕は全然信心深くないです」と回答した。アメリカの映画俳優は、自分の血筋を公言することが通常ではないため、新聞紙で大スクープになった。

セックス・ピストルズの大ファンであり、みずからベースを演奏する。

イギリスの俳優ゲイリー・オールドマンのファンであり、映画『ハリー・ポッター』シリーズでは共演している。また、アイシュワリヤー・ラーイキャメロン・ディアススカーレット・ヨハンソンナタリー・ポートマンベン・スティラーのファンでもある。

2009年8月、ゲイ向けの雑誌アティチュードのインタビューに答えた。彼は本誌にて、イギリスの政党である自由民主党の支持を表明した。なお、2012年には支持を撤回している。[3][4]

18歳のときから数年間ストレスが原因のアルコール依存症に陥り、『ハリー・ポッター』の撮影時もアルコールが残ったまま参加したことがあると告白し話題となった。また、アルコール依存症が原因で両親と疎遠になったが、約2年間禁酒し、両親との関係は修復されたと語っている[5]。2012年12月、再び酒を飲んで喧嘩騒ぎを起こし、アルコール依存症が再発したと報じられた[6]。 2017年現在では、2013年の冬より再び禁酒している。

2012年はじめにラドクリフは突然激しい頭痛に襲われ、仕事を複数キャンセルした。病院で検査を受けたところ、群発頭痛というまれな病気を発症していることがわかった。群発頭痛は別名「自殺頭痛」とも呼ばれ、発作が起きると「スプーンで目玉をえぐられるほど」の激痛が一定期間、毎日のように続くという。ラドクリフは「とてつもない痛みで、偏頭痛がかわいく感じるほどだ。その痛みに襲われると、自分がすごく根性なしに思えた。毎日すごく強い頭痛薬を飲んでいたのに『どうして痛みが治まらないんだ?』と思った。」と語っている[7]。なお、群発頭痛は現在でも原因が解明されておらず、予防薬を飲んだり痛み止めの注射を打ったり、薬を飲んだりする以外に、根本的な治療法は確立されていない。

複雑な血筋の告白[編集]

2012年7月22日に、南アフリカのCityPressに対し、「自分は南アフリカ人、ポーランド人ロシア人ユダヤの血や北アイルランドプロテスタントの血が入ってる」と告白し南アフリカとのつながりがあることを強調した。母方の祖父が南アフリカ人であるが、「“世界で最も良い人”というようなタイプではなかったので、僕たちはほとんどこのことを話さない。祖父は基本的に祖母のことを大事にしない人だった。だから祖母は、生まれて2週間の僕の母親を連れて、南アフリカから逃げた。母は南アフリカ航空で南アフリカから出国した赤ちゃんの中で最年少だったそうだ。」と語っている[8]

反英国王室発言[編集]

米ニュースサイト「デイリー・ビースト」のインタビューでは、英国の王制に反対であることを明かしている。

君主制の意義が分からない。もちろん強い愛国心を抱いているし、英国民であることは大きな誇りだ。だけど君主制がこの国の問題を象徴していると思う。王室が間違ったことをしているわけじゃないけど、階級制度が好きになれない」[9](和訳)

また、パキスタン人に対する差別用語を使用したり、仮装パーティーでナチス・ドイツの制服を着用したりして問題になったヘンリー王子についても苦言を呈している。

2012年エリザベス女王即位60周年祝賀コンサートのテーマソングのリードボーカルに、ブロードウェイでミュージカルに出演した経験のあるラドクリフを起用することが検討されていたが、彼が反王室的な発言をしていたことがわかったために起用を取り止めたと、コンサートの発起人の一人であるアンドルー・ロイド・ウェバーテレグラフ紙に語っている[10]

資産[編集]

2009年10月、英大衆紙『ザ・サン』によると、20歳ながらその総資産が十数億円といわれているラドクリフだが、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジに376万ポンド(日本円で約5億6000万円)のタウンハウスを新たに購入したようである。ラドクリフはすでにニューヨーク市内に2つの豪華な物件を所有しており、今回で3軒目となる。この物件は5つのベッドルームに4つのバスルーム、6つの暖炉と庭を備えているという[11]

2010年2月、『ヴァニティ・フェア』誌が「2009年に最も稼いだハリウッドの稼ぎ手」のランキングを発表し、4,100万ドル(日本円で約39億9,000万円)を稼いで6位にランクインした。この金額は映画の出演料だけでなく、商品のロイヤリティ収入なども含んでいる[12]

2010年9月、経済誌『フォーブス』が「過去1年間で最も高額なギャラを獲得したハリウッドの俳優」のランキングを発表し、1,660万ドル(日本円で約14億1,100万円)を稼いで5位にランクインした。[13]

2010年10月、『デイリーメール』紙の電子版によると、この1年間で個人資産が昨年の2倍に届くほどに増えているという。ラドクリフの両親が資産管理のために2000年に設立した会社「ギルモア・ジェイコブス」が経営状況を公表し、その結果、現在のラドクリフの総資産は2850万ポンド(日本円で約37億円)に達しているという。ラドクリフには1800万ポンド(日本円で約23億円)相当の固定投資があり、また、映画関連で800万ポンド(日本円で約10億円)貸付金、さらに銀行には370万ポンド(日本円で約4億8000万円)の預貯金がある。また、ニューヨークに所有する3つの不動産の価値は1000万ポンド(日本円で約13億円)であるほか、ロンドンにも住宅を所有している。こうした金額から権利者へ支払う金額を差し引いても、現在の資産は2850万ポンドとなり、2009年に公表した総資産1500万ポンド(日本円で約19億円)の2倍に近い財産を築き上げたことになる。この金額はイギリス王室のウィリアム王子、ハリー王子の2800万ポンド(日本円で約36億円)よりも多い資産である[14]

2010年11月、英『ヒート・マガジン』が「最もリッチな30歳以下のイギリス人スターランキング」を発表し、ラドクリフは推定総資産額が約4560万ポンド(日本円で約59億5900万円)で1位にランクインした。この総資産の内、2500万ポンド(日本円で約32億6700万円)はシリーズ最終章の『ハリー・ポッターと死の秘宝』のPART1とPART2で稼いだという[15]

2011年5月、『BANG Media International』によると、イギリスの30歳未満の億万長者リストが発表された。ラドクリフの昨年の収入は約2,850万ポンド(約37億6,200万円)で、総資産は4,800万ポンド(約63億3,600万円)と推定されており、この金額は第5位で俳優としてはトップの資産になるという[16]

2011年7月、英紙『ガーディアン』によるとラドクリフはニューヨークのトライベッカとグリニッジ・ビレッジ、ソーホーに総額1050万ポンド(日本円で約13億円)の不動産を3軒所有しており、ソーホーのアパートは週3000ポンド(日本円で約38万円)で賃貸に出しているという。ほかにもロンドン市内に73万ポンド(約9300万円)のマンションも所有しているという[17]

おもな出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2001 テイラー・オブ・パナマ
The Tailor of Panama
マーク・ペンデル
ハリー・ポッターと賢者の石
Harry Potter and the Sorcerer's Stone
ハリー・ポッター
2002 ハリー・ポッターと秘密の部屋
Harry Potter and the Chamber of Secrets
2004 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
Harry Potter and the Prisoner of Azkaban
2005 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Harry Potter and the Goblet of the Fire
2007 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter and the Order of the Phoenix
ディセンバー・ボーイズ
December Boys
マップス
2009 ハリー・ポッターと謎のプリンス
Harry Potter and the Half-Blood Prince
ハリー・ポッター
2010 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1
Harry Potter and the Deathly Hallows - Part 1
2011 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2
Harry Potter and the Deathly Hallows - Part 2
2012 ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
Woman in Black
アーサー・キップス
2013 キル・ユア・ダーリン
Kill Your Darlings
アレン・ギンズバーグ 日本未公開
ホーンズ 容疑者と告白の角
Horns
イグ・ペリッシュ
もしも君に恋したら。
The F Word / What If
ウォレス 日本未公開
2015 ヴィクター・フランケンシュタイン
Victor Frankenstein
イゴール・ストラウスマン 日本未公開
エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方
Trainwreck
犬の散歩人 カメオ出演
2016 スイス・アーミー・マン
Swiss Army Man
メニー
グランド・イリュージョン 見破られたトリック
Now You See Me 2
ウォルター・メイブリー
アンダーカバー
Imperium
ネイト・フォスター 限定公開
2017 ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡
Jungle
ヨッシー・ギンズバーグ 限定公開
2018 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ
Rosencrantz & Guildenstern Are Dead
ローゼンクランツ ナショナル・シアター・ライブ
フライト・リミット
Beast of Burden
ショーン 限定公開
2019 プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険
Playmobil: The Movie
レックス・ダッシャー 声の出演
ガンズ・アキンボ
Guns Akimbo
マイルズ
2020 プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵
Escape from Pretoria
ティム・ジェンキン

テレビ[編集]

舞台[編集]

日本語吹き替え[編集]

ハリー・ポッター』シリーズで起用された小野賢章がほかの作品でも担当することが多い。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ IMDb Biographyより。(英語)
  2. ^ 「ハリポタ」ダニエル・ラドクリフ、運動障害で靴ひもが結べないと衝撃告白”. シネマトゥデイ (2008年8月19日). 2012年7月6日閲覧。
  3. ^ “ダニエル・ラドクリフ、英自由民主党はもう支持しない! - シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0039137 2020年3月30日閲覧。 
  4. ^ “Potter star 'will vote Lib Dem'” (英語). (2009年7月27日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/8170288.stm 2020年3月30日閲覧。 
  5. ^ ダニエル・ラドクリフ、両親と決別していた過去を告白ハリウッドチャンネル 2012年2月7日
  6. ^ ラドクリフ、アルコール依存症再発”. 日刊スポーツ (2012年12月22日). 2012年12月25日閲覧。
  7. ^ 「ハリー・ポッター」ダニエル・ラドクリフ、激痛を伴う奇病を発症”. ハリウッドチャンネル (2012年6月19日). 2012年6月29日閲覧。
  8. ^ Radcliffe is ‘partly South African’”. channel24 (2012年7月22日). 2012年7月26日閲覧。
  9. ^ Dirty Harry - Page 2”. The Daily Beast (2009年1月26日). 2012年7月6日閲覧。
  10. ^ ダニエル・ラドクリフは英王室反対派? 祝賀コンサートからも外される”. MovieWalker (2012年6月10日). 2012年7月6日閲覧。
  11. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0020335
  12. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0022297
  13. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0026839
  14. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0027686
  15. ^ http://news.walkerplus.com/2010/1130/22/
  16. ^ “ダニエル・ラドクリフ、イギリスのリッチな俳優ナンバーワンに!全体では第5位”. シネマトゥデイ. (2011年5月9日). http://www.cinematoday.jp/page/N0032157 2011年5月20日閲覧。 
  17. ^ http://news.walkerplus.com/2011/0722/11/

外部リンク[編集]