青年国際党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青年国際党(Youth International Party, YIP)は、アメリカ合衆国政党。1967年に設立された。その支持者はイッピー(Yippies)と呼ばれた(YIP + Hippies)。


イッピーは形式上会員の階層を持たなかった。アビー・ホフマン、アニタ・ホフマン、ジェリー・ルービン、ポール・クラスナーなどが、イッピーの創立者であった。他の著名な活動家としては、ウィリアム・クンスラーアレン・ギンズバーグ、スチュアート・アルバート、ディック・グレゴリー、エド・サンダース、フィル・オクス、デービッド・ピール等がいる。

アビー・ホフマンとジェリー・ルービンは、1969年に五ヶ月にわたって行われたシカゴ・セブン裁判によって最も有名なイッピーかつベストセラー作家となった。

『The Youth International Party Line』(YIPL; その後名称は『TAP』(Technological American Party もしくは Technological Assistance Programの略称)に変更された。)は1971年6月にホフマンとアル・ベルによって創刊された初期の「フリーク」(電話改造)雑誌であった。

YIPの関連紙『The Yipster Times』は、1972年にデイナ・ビールによって設立され、ニューヨークで出版された。同紙は1979年に『Overthrow』に名称を変更した。

外部リンク[編集]