ノーマン・メイラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1948年時の近影

ノーマン・キングズレー・メイラー(Norman Kingsley Mailer、1923年1月31日 - 2007年11月10日)は、アメリカ合衆国作家。ノンフィクション小説の革新者。

生涯[編集]

ノーマン・メイラーはユダヤ系の両親の間にニュージャージー州ロング・ブランチで生まれた。彼はブルックリンで育ち、1939年にハーバード大学に入学した。大学で彼は小説に興味を持ち、18歳の時最初の作品を公表した。

メイラーは1944年に陸軍第112騎兵連隊に入隊し、レイテ島の戦いルソン島の戦いに従軍した。1945年の終戦と同時に進駐軍の一員として千葉県館山に上陸、その後銚子に移った。1946年には福島県の小名浜(現在のいわき市)に移り、その後5月に帰国するまで銚子に滞在した。1948年、パリソルボンヌ大学に入る前に、ベストセラーとなる『裸者と死者』を書いた。それは彼自身の戦中の経験に基づいたものであり、第二次大戦を描いた最良のアメリカ小説のうちの1つとされる。 同作品には銚子の様子の描写があり、彼は後に日本語版の翻訳者に「日本は私が見た国のうちでもっとも美しい国でした」との印象を述べている。

ノーマン・メイラーは6回結婚しており、9人の子供がいる。 2007年11月10日、急性腎不全のためニューヨークのマウントサイナイ病院にて死亡。84歳。

主な作品[編集]

日本語訳[編集]

  • 山西英一訳『裸者と死者』改造社、1949 のち新潮文庫
  • 山西訳『バーバリの岸辺』新潮社 1952
  • 山西訳『鹿の園』現代世界文学全集 新潮社、1955 のち新潮文庫
  • 山西訳『ぼく自身のための広告』新潮社 1962
  • 山西訳『一分間に一万語』河出書房新社,1964.
  • 山西訳『大統領のための白書』新潮社,1966.
  • 山西訳『アメリカの夢』(世界文学全集 III-20巻) 集英社1966年
  • 山西訳『彼女の時の時 ノーマン・メイラー短編集』新潮社,1968.
  • 山西訳『ノーマン・メイラー全集』全8巻 新潮社、1969
  • 第8巻「人食い人とクリスチァン」
  • 邦高忠二訳『なぜぼくらはヴェトナムへ行くのか?』ノーマン・メイラー選集 早川書房、1970
  • 山西訳『夜の軍隊』ノーマン・メイラー選集 早川書房1970年
  • 山西訳『性の囚人』ノーマン・メイラー選集 早川書房、1971年
  • 山西訳『月にともる火』ノーマン・メイラー選集 早川書房、1972
  • 中井勲訳『マリリン その実像と死』継書房 1973
  • 生島治郎訳『ザ・ファイト』集英社1976年
  • 野島秀勝訳『黒ミサ』集英社 1977
  • 山西訳『マイアミとシカゴの包囲』ノーマン・メイラー選集 早川書房 1977.
  • 野島訳『天才と肉欲―ヘンリー・ミラーの世界を旅して』ティビーエス・ブリタニカ1980年
  • 飛田茂雄訳『聖ジョージとゴッドファーザー』早川書房 1980
  • 吉田誠一訳 『タフ・ガイは踊らない』早川書房、1985年
  • 岡枝慎二訳 『死刑執行人の歌―殺人者ゲイリー・ギルモアの物語』同文書院1997年
  • 斉藤健一訳『奇跡』- The Gospel According to the Son (1997)角川春樹事務所1998年

改題『聖書物語』ハルキ文庫

映画関連[編集]

  • 裸者と死者 (1958) 原作
  • 殺しの逢びき (1966) 原作
  • 伝説のマリリン・モンロー (1980) TVM 原作
  • 死刑執行人 (1982) TVM 原作/脚本
  • ゴダールのリア王 (1987) 脚本/出演
  • タフガイは踊らない (1987) 監督/製作/原作/脚本
  • マリリン・モンロー:ライフ・アフター・デス (1994) 出演
  • モハメド・アリ かけがえのない日々 (1996) 出演
  • ビートニク (1999) 出演
  • O.J.シンプソン裁判 (2000) TVM 脚本
  • 史上最大のスパイ事件 (2002) TVM 製作総指揮/脚本
  • インサイド・ディープ・スロート (2004) 出演

ノーマン・メイラーを題材とした作品[編集]

  • ロバート・F・ルーシッド職務経歴書 『ノーマン・メイラー』 冬樹社1976年

関連項目[編集]