諏訪優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

諏訪 優(すわ ゆう、1929年4月29日 - 1992年12月26日)は、日本の詩人翻訳家

東京生まれ。1949年明治大学文芸科卒。在学中より吉本隆明らと詩誌『聖家族』を創刊。ウィリアム・バロウズアレン・ギンズバーグといったアメリカビート・ジェネレーションの影響を受け、その作品を翻訳して日本へと紹介した。ギンズバーグやゲーリー・スナイダーとは直接の交流もあった。

息子は俳優諏訪太朗佐野元春と深い交友があった[1]

著書[編集]

  • 『YORUを待つ 詩集』ユリイカ 1959
  • 『アメリカ現代詩手帖』思潮社、1961
  • 『アレン・ギンズバーグ』Doin’グループ、1963 のち弥生書房 
  • 『ビート・ジェネレーション』1965 紀伊国屋新書
  • 『アメリカ文学うら街道』文建書房、1966
  • 『女流詩人』新書館、1966
  • 『精霊の森 詩集』思潮社 1967
  • 『吠える 諏訪優評論集』他人の街社、1970
  • 『西風の幻の鳥よ 短篇集』弥生書房、1972
  • 『この大陸は種子なのだ アメリカ文明のゆくえ』研究社出版、1973
  • 『日没の夢の中で』白川書院、1975
  • 『帰る場所 諏訪優詩集』紫陽社、1977
  • 『ニャンニャンミャオミャオ』西川治写真 サンリオ 1978 ギフトブックライブラリー
  • 『谷中草紙 諏訪優詩集』国文社、1980
  • 『諏訪優詩集』思潮社 1981 現代詩文庫
  • 『田端事情 詩集』思潮社 1983
  • 芥川竜之介俳句を歩く』踏青社、1986
  • 太宰治の墓 その他』思潮社、1986
  • 『坂のある町』棚谷勲 銅版画 踏青社、1987
  • 『太郎湯』思潮社、1988
  • 『田端日記』思潮社 1993
  • 『東京風人日記』広済堂出版 1994
  • 山室静論』堀江泰紹編 町田ジャーナル社 2000
  • 『猫をかく』国文社、1979

翻訳[編集]

  • 『ギンズバーグ詩集』訳編 思潮社、1965 現代の芸術双書
  • ウイリアム・バロウズ,アレン・ギンズバーグ『麻薬書簡』飯田隆昭共訳 思潮社、1966 現代の芸術双書
  • 『ゲバラの魂』訳編 天声出版、1968
  • 『アメリカ・ニグロ詩集』訳編 思潮社、1969 現代の芸術双書
  • ギンズバーグ『カディッシ』立花之則共訳 思潮社、1969
  • 『破滅を終らせるために ギンズバーグのことば』編訳 思潮社、1971
  • ダイアン・ディ・プリマ編『アメリカ反戦詩集』共訳 秋津書店、1972
  • A・A・ミルン『うたうよ、クマのプーさんが』望月典子共訳 サンリオ、1976
  • ギンズバーグ『宇宙の息』晶文社、1977
  • 『神話を生きる レナード・コーエン詩集1』JCA 1977
  • ギンズバーグ『悲しき花粉の輝き 詩集』昭森社、1978
  • サム・シェパード『ディランが街にやってきた ローリング・サンダー航海日誌』菅野彰子共訳 サンリオ、1978 のち河出文庫
  • ギンズバーグ『インド日記 1962-1963』サンリオ、1980
  • バリー・ギフォード『ケルアックズタウン』思潮社 1988
  • 『不思議な果実 アメリカ黒人詩集』訳編 思潮社、1988
  • フレッド・W.マクダラー編『ケルアックと仲間たち ビート・ジェネレーション・アルバム』共訳 思潮社 1990

参考[編集]

  • 『日本近代文学大事典』講談社、1984 
  • 『文藝年鑑2011』新潮社、2010 

脚注[編集]