ビート・ジェネレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ合衆国世代
*=dates disputed, ^=Strauss and Howe
Uspop.svg
○○世代 期間
^Puritan Generation 1588 - 1617
Puritan Awakening 1621 - 1649
^Cavalier Generation
^Glorious Generation
^Enlightenment Generation
^Awakening Generation
1618 - 1648
1648 - 1673
1674 - 1700
1701 - 1723
First Great Awakening 1727 - 1746
^Liberty Generation
^Republican Generation
^Compromise Generation
1724 - 1741
1742 - 1766
1767 - 1791
Second Great Awakening 1790 - 1844
Transcendentalist Generation
^Transcendental Generation
^Gilded Generation
^Progressive Generation
1789 - 1819
1792 - 1821
1822 - 1842
1843 - 1859
Third Great Awakening 1886 - 1908
^Missionary Generation(英語)
失われた世代
Interbellum Generation(英語)(戦間期世代)
G.I. Generation(英語)
Greatest Generation(英語)
1860 - 1882
1883 - 1899
1900 - 1913
1900 - 1924
1911 - 1924
ジャズ・エイジ 1918 - 1929
ビート・ジェネレーション
Silent Generation(英語)
ベビーブーマー
Generation Jones(英語)
1914 - 1929
1925 - 1942
*1946 - 1964
1954 - 1965
Consciousness Revolution 1964 - 1984
ジェネレーションX
^13th Generation
MTV Generation(英語)
Boomerang Generation(英語)
*1965 - 1980
1961 - 1981
1974 - 1985
1977 - 1986
Culture Wars(英語) 1980s - present
ジェネレーションY
^Millennial Generation (Millennials)
ジェネレーションZ
^ニュー・サイレント・ジェネレーション
*1981 - 2000
1981 - 2000
*2001 - 2010 ?
1990 - 2009 ?

ビート・ジェネレーション: Beat Generation)は、1955年から1964年頃にかけて、アメリカ合衆国文学界で異彩を放ったグループ、あるいはその活動の総称。ビートニク(Beatnik)と呼ばれる事もある。生年でいうと、概ね1914年から1929年までの、第一次世界大戦から狂騒の20年代までに生まれた世代に相当する。

最盛期にはジャック・ケルアックやアレン・ギンズバーグそしてウィリアム・バロウズを初めとするビート・ジェネレーションの作家たちは多くの若者達、特にヒッピーから熱狂的な支持を受け、やがて世界中で広く知られるようになった。またポエトリー・リーディングの活動も有名である。

語源[編集]

ビート・ジェネレーションという語は、1948年前後に「ニューヨークのアンダーグラウンド社会で生きる非遵法者の若者たち」を総称する語として生まれた。1952年にニューヨーク・タイムズ誌に掲載された、小説家のジョン・クレロン・ホルムズ 英語版エッセイ『これがビート・ジェネレーションだ』(This is the Beat Generation)と、彼の小説『ゴー』(Go)が、この語が一般のメディアに出た最初で、この言葉を思いついたのはジャック・ケルアックだといわれる。

初期は、主にハーバート・ハンケの一味を指し、「人生に疲れた奴ら」(tired)や「どん底人生を送る奴ら」(down and out)という負の意味しか持たなかったが、後にジャック・ケルアックが、「アップ・ビートで行こうぜ!」(upbeat)、「幸せをあなたに!」(beatific)、「ノリノリだぜィ」(on the beat)と正の意味をもたせるようになった。

歴史[編集]

代表的な作品[編集]

  • アレン・ギンズバーグ 『吠える英語版
  • ウィリアム・バロウズ 『裸のランチ
  • ジャック・ケルアック 『路上』(『オン・ザ・ロード』)

映画[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
戦間期世代
1900年-1913年
アメリカ合衆国の世代
ビート・ジェネレーション
1914年-1929年
次代:
サイレント・ジェネレーション
1930年-1945年

脚注[編集]

  1. ^ 山形浩雄訳『現代詩手帳』1997年11月。pp10-26