ビート・ジェネレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アメリカ合衆国世代
*=dates disputed, ^=Strauss and Howe
United States Age Pyramid.svg
○○世代 期間
^en:Puritan Generation 1588 - 1617
en:Puritan Awakening 1621 - 1649
^en:Cavalier Generation
^en:Glorious Generation
^en:Enlightenment Generation
^en:Awakening Generation
1618 - 1648
1648 - 1673
1674 - 1700
1701 - 1723
en:First Great Awakening 1727 - 1746
^en:Liberty Generation
^en:Republican Generation
^en:Compromise Generation
1724 - 1741
1742 - 1766
1767 - 1791
en:Second Great Awakening 1790 - 1844
en:Transcendentalist Generation
^en:Transcendental Generation
^en:Gilded Generation
^en:Progressive Generation
1789 - 1819
1792 - 1821
1822 - 1842
1843 - 1859
Third Great Awakening(英語) 1886 - 1908
^Missionary Generation(英語)
失われた世代
Interbellum Generation(英語)(戦間期世代)
G.I. Generation(英語)
Greatest Generation(英語)
1860 - 1882
1883 - 1899
1900 - 1913
1900 - 1924
1911 - 1924
ジャズ・エイジ 1918 - 1929
ビート・ジェネレーション
Silent Generation(英語)
ベビーブーマー
Generation Jones(英語)
1914 - 1929
1925 - 1942
*1946 - 1964
1954 - 1965
Consciousness Revolution(英語) 1964 - 1984
ジェネレーションX
^13th Generation
MTV Generation(英語)
Boomerang Generation(英語)
*1965 - 1980
1961 - 1981
1974 - 1985
1977 - 1986
文化戦争 1980s - present
ネットジェネレーション
デジタルネイティブ
ジェネレーションY
^Millennial Generation (Millennials)
ジェネレーションZ
^ニュー・サイレント・ジェネレーション
ジェネレーションα
*1970 - present
*1976 - present
*1981 - 1996
1981 - 1996
*1996 - 2010
1990 - 2009 ?
*2011 - 2025 ?

ビート・ジェネレーション: Beat Generation)は、第二次世界大戦後アメリカ合衆国文学界で異彩を放ったグループ、あるいはその活動の総称。1940年代終盤から1960年代半ばにかけて、この文学運動の思想や行動様式に影響を受けたライフスタイルを実践する者はビートニク(Beatnik)と呼ばれた。主な著作は1950年代に発表され、特に1955年から1964年頃にかけて、文化・政治に対して大きな影響力を及ぼした。生年でいうと、概ね1914年から1929年までの、第一次世界大戦から狂騒の20年代までに生まれた世代に相当する。

最盛期にはジャック・ケルアックアレン・ギンズバーグそしてウィリアム・バロウズ(彼らは1944年にニューヨークのコロンビア大学で出会い、1950年代半ばにサンフランシスコへ移住し、サンフランシスコ・ルネッサンスに合流した)を初めとするビート・ジェネレーションの作家たちは多くの若者達、特にヒッピーから熱狂的な支持を受け、やがて世界中で広く知られるようになった。彼らは、ボヘミアン快楽主義、非同調主義(個人主義)、自発的創造性を追求・開拓した。そしてまたポエトリー・リーディングの活動も有名である。

この運動の中心地は、ニューヨーク(知識人の集うコロンビア大学、アングラの中心地帯であったタイムズスクエア、アメリカのボヘミアと呼ばれたグリニッジ・ヴィレッジ)、サンフランシスコおよび他の西海岸北部の都市であった。

概要[編集]

ビート・カルチャーの主な思想は、標準的な物語の価値の拒否、スピリチュアル世界の探究、西洋と東洋の宗教の融合、経済的物質主義の拒否、人間の条件(人間という存在の根本条件、誕生・成長・死・感情・希求・葛藤など)の明示的な描写、サイケデリック・ドラッグを使用した精神実験、性の解放と探究、などである[1][2]。これらの要素は、1960年代に、より大きなカウンターカルチャー運動であるヒッピー文化に取り込まれていった。

また、以降のロックやポップミュージシャンにも広く影響を及ぼした(ビートルズボブ・ディランドアーズなど)。後の文学界ではケン・キージートマス・ピンチョントム・ロビンスなど、サイバーパンクスラム詩、ポスト・ビート詩人たちに影響を与えた。

ビート・ジェネレーションの作家を特徴付ける要素は以下のようなものがある。

性の解放と自由恋愛

当時のアメリカやキリスト教の伝統的のような厳格な性の規範に反幕し、男女とも自由恋愛を標榜した[3][4]。また、ゲイバイセクシャルにもオープンであった。

ドラッグの使用

新たな精神状態の開拓と創造性の向上という知的な目的のため[5]マリファナアンフェタミンモルヒネメスカリンアヤワスカ、そしてLSDなど様々なドラッグやアルコールを使用した[6]。ドラッグの合法化も主張した。

ロマン主義

パーシー・ビッシュ・シェリーウィリアム・ブレイクジョン・キーツなどのロマン派詩人から影響を受けていた[7][8][9]

シュルレアリスム

アントナン・アルトーアンドレ・ブルトンギヨーム・アポリネールアルチュール・ランボーシャルル・ボードレールなどのシュルレアリスム詩人から影響を受けていた[10][11]。夢幻的なイメージや解離したイメージのランダムな並置などのスタイルが見られる。

モダニズム

ガートルード・スタインマルセル・プルーストアーネスト・ヘミングウェイシャルル・ボードレールなどのモダニズム作家から影響を受けていた[12]

アメリカの古典

ヘンリー・デイヴィッド・ソローラルフ・ワルド・エマーソンハーマン・メルヴィルウォルト・ホイットマンエドガー・アラン・ポーエミリー・ディキンソンジャック・ブラックから影響を受けていた[13]

ジャズ

文学スタイルはジャズの即興性やインスピレーションから影響を受けていた。

道教と仏教

仏教の無常の概念とアメリカの自由主義を融合させる試みを行った[14]

エコロジーと土着民族

自然環境やネイティブ民族の尊重も主要テーマの一つである。

反戦

第二次世界大戦の経験から、軍隊や産業・政治システムの歯車になることへの反対が強調されている作品も多い。

語源[編集]

ビート・ジェネレーションという語は、1948年前後に「ニューヨークのアンダーグラウンド社会で生きる非遵法者の若者たち」を総称する語として生まれた。1952年にニューヨーク・タイムズ誌に掲載された、小説家のジョン・クレロン・ホルムズ 英語版エッセイ『これがビート・ジェネレーションだ』(This is the Beat Generation)と、彼の小説『ゴー』(Go)が、この語が一般のメディアに出た最初で、この言葉を思いついたのはジャック・ケルアックだといわれる。

初期は、主にハーバート・ハンケの一味を指し、「人生に疲れた奴ら」(tired)や「どん底人生を送る奴ら」(down and out)という負の意味しか持たなかったが、後にジャック・ケルアックが、「アップ・ビートで行こうぜ!」(upbeat)、「幸せをあなたに!」(beatific)、「ノリノリだぜィ」(on the beat)と正の意味をもたせるようになった。

ビートニク

ビート・ジェネレーションとスプートニクを合わせて、ビートニク (Beatnik) という呼称がサンフランシスコ・クロニクル1958年4月2日版にてHerb Caenによって造語された。これは、ビート・ジェネレーションのメンバーのことを指すが、ビート・ジェネレーション文学運動が開拓した当時の社会通俗に反抗する思想や行動様式が徐々に大衆文化に浸透してゆき、ライフスタイルやファッション化した側面がある。ビートニクのステレオタイプは、規範的な服装や行動を嫌い、反体制的・反商業主義的な議論を好み、ドラッグや性に開放的で、ボンゴを打ち鳴らしダンスするといったものである。このライフスタイルがさらに大衆化したものがヒッピーである。

歴史[編集]

代表的な作品[編集]

  • アレン・ギンズバーグ 『吠える英語版
  • ウィリアム・バロウズ 『裸のランチ
  • ジャック・ケルアック 『路上』(『オン・ザ・ロード』)、『禅ヒッピー英語版
  • ゲーリー・スナイダー - "Fresh Planet"というコンセプトでエコロジカルな社会意識を高めた

ビート・ カルチャー[編集]

1959年のカリフォルニア州ヴェニスのビートニクたち。左からMichi Monteef, Sammy McCord, Patti McCrory, Shaunna Lea and, in rear, Jan Vandaveer。"[16]

ビートニクたちのカルチャー。

詳細は「en:Beatnik#Beat culture」を参照

ビートニクス・ アート[編集]

ビートニクたちのアート。

詳細は「en:Beatnik#Beatniks art」を参照

ビート・ジェネレーションが登場する映画[編集]

The Beat Generationのポスター (1959)

後世への影響[編集]

ベトナム戦争の反戦、公民権運動(性の解放、精神の解放の思想は、女性・黒人・性的マイノリティの解放運動につながった)、そしてヒッピー文化やアメリカン・ニューシネマに大きな影響を与えた。

影響を受けた人物
アメリカン・ニューシネマ

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Beat Generation – Literature Periods & Movements.
  2. ^ Charters, Ann (2001). Beat Down to Your Soul: What was the Beat Generation?. Penguin Books. ISBN 0141001518 
  3. ^ Morgan, Bill (2011). The Type Writer Is Holy: The Complete, Uncensored History of the Beat Generation. Berkeley, CA: Counterpoint 
  4. ^ Prothero, Stephen (1991). “On the Holy Road: The Beat Movement as Spiritual Protest”. The Harvard Theological Review 84 (2): 205–222. doi:10.1017/S0017816000008166. 
  5. ^ Allen Ginsberg, The Essential Ginsberg, Penguin UK, 2015.
  6. ^ Lundberg, John (2011年10月16日). “The Great Drug-Induced Poems”. Huffington Post. 2017年9月12日閲覧。
  7. ^ McClure, Michael. Scratching the Beat Surface.
  8. ^ "Throughout these interviews [in Spontaneous Mind] Ginsberg returns to his high praise of William Blake and Walt Whitman. Ginsberg obviously loves Blake the visionary and Whitman the democratic sensualist, and indeed Ginsberg's own literary personality can be construed as a union of these forces." Edmund White, Arts and letters (2004), p. 104, 1-57344-195-3, 978-1-57344-195-7.
  9. ^ "Ginsberg's intense relationship to Blake can be traced to a seemingly mystical experience he had during the summer of 1948." ibid, p. 104.
  10. ^ According to William Lawlor: "André Breton, the founder of surrealism and Joans's 〔ママ〕 mentor and friend, famously called Joans the 'only Afro-American surrealist' (qtd. by James Miller in _Dictionary of Literary Biography_ 16: 268)", p. 159, Beat culture: lifestyles, icons, and impact, ABC-CLIO, 2005, 1-85109-400-8, 978-1-85109-400-4. Ted Joans said, "The late André Breton the founder of surrealism said that I was the only Afro-American surrealist and welcomed me to the exclusive surrealist group in Paris", p. 102, For Malcolm: poems on the life and the death of Malcolm X, Dudley Randall and Margaret G. Burroughs, eds, Broadside Press, Detroit, 1967. There is some question about how familiar Breton was with Afro-American literature: "If it is true that the late André Breton, a founder of the surrealist movement, considered Ted Joans the only Afro-American surrealist, he apparently had not read Kaufman; at any rate, Breton had much to learn about Afro-American poetry." Bernard W. Bell, "The Debt to Black Music", Black World/Negro Digest March 1973, p. 86.
  11. ^ Allen Ginsberg commented: "His interest in techniques of surreal composition notoriously antedates mine and surpasses my practice ... I authoritatively declare Lamantia an American original, soothsayer even as Poe, genius in the language of Whitman, native companion and teacher to myself." Allen Ginsberg, Bill Morgan, Deliberate Prose: Selected Essays 1952–1995, p. 442, "Philip Lamantia, Lamantia As Forerunner", HarperCollins, 2001, 9780060930813.
  12. ^ "In 'Author's Introduction,' which is included in Lonesome Traveler (1960), Kerouac ... goes on to mention Jack London, William Saroyan, and Ernest Hemingway as early influences and mentions Thomas Wolfe as a subsequent influence." William Lawlor, Beat culture: lifestyles, icons, and impact, 2005, 1-85109-400-8, 978-1-85109-400-4 p. 153. "And if one considers The Legend of Dulouz, one must acknowledge the influence of Marcel Proust. Like Proust, Kerouac makes his powerful memory the source of much of his writing and again like Proust, Kerouac envisions his life's literary output as one great book." Lawlor, p. 154.
  13. ^ Ted Morgan, Literary Outlaw (1988), p.36-37 of trade paper edition, "When Billy [William Burroughs] was thirteen, he came across a book that would have an enormous impact on his life and work. Written by someone calling himself Jack Black, You Can't Win was the memoirs of a professional thief and drug addict."
  14. ^ Beat Buddhism and American freedom.”. thefreelibrary.com. Johns Hopkins University Press. 2019年5月11日閲覧。
  15. ^ 山形浩雄訳『現代詩手帳』1997年11月。pp10-26
  16. ^ Los Angeles Times, August 27, 1959
先代:
戦間期世代
1900年-1913年
アメリカ合衆国の世代
ビート・ジェネレーション
1914年-1929年
次代:
サイレント・ジェネレーション
1930年-1945年