キル・ユア・ダーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キル・ユア・ダーリン
Kill Your Darlings
監督 ジョン・クロキダス英語版
脚本 ジョン・クロキダス
オースティン・バン
原案 オースティン・バン
製作 マイケル・ベナローヤ英語版
クリスティーン・ヴェイコン英語版
ローズ・ガングーザ
ジョン・クロキダス
製作総指揮 ジョー・ジェンクス
ステファン・ソネンフェルド
ジャレッド・イアン・ゴールドマン
パメラ・コフラー
ランディ・マニス
出演者 ダニエル・ラドクリフ
デイン・デハーン
ベン・フォスター
マイケル・C・ホール
ジャック・ヒューストン
ジェニファー・ジェイソン・リー
エリザベス・オルセン
音楽 ニコ・マーリー
撮影 リード・モラーノ
編集 ブライアン・A・ケイツ
製作会社 キラー・フィルムズ
Benaroya Pictures
Outpost Studios
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・クラシックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年10月16日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $1,030,064[1]
テンプレートを表示

キル・ユア・ダーリン』(Kill Your Darlings)は2013年アメリカ合衆国伝記映画ビート・ジェネレーションを代表する詩人アレン・ギンズバーグコロンビア大学での学生時代を、彼の身近で起きた殺人事件を背景に、ルシアン・カー英語版ウィリアム・S・バロウズジャック・ケルアックらとの交流とともに描いた青春映画である[2]

日本では劇場未公開だが、DVDが2014年6月27日に発売されている[3]

ストーリー[編集]

第二次世界大戦中の1944年コロンビア大学に入学したアレン・ギンズバーグは、文学の授業内容をはじめ、旧態依然とした大学の有り様に幻滅し、自由奔放な学生ルシアン・カー英語版に強く惹かれるようになる。そしてルシアンの仲間であるウィリアム・S・バロウズジャック・ケルアックとも交流を持つようになると、彼らの生き方や「文学革命」の思想に感化されていく。そのような中、アレンはルシアンに対して友情以上の感情を抱くようになると、ルシアンもそれに応え、2人はキスを交わす。しかし、実はルシアンにはデヴィッド・カマラーという年上で同性の元恋人との間に切っても切れない「腐れ縁」があり、失意のアレンは行きずりの男と肉体関係を結んでしまう。一方、ルシアンはデヴィッドとの縁を切り、ジャックとパリに向かおうとするが、そこにデヴィッドが現れる。そして言い争いの末、ルシアンはデヴィッドを刺し殺してしまう。逮捕されたルシアンは、同性愛者であるデヴィッドに肉体関係を強要されたための正当防衛だったとして無実を訴え、アレンに自分の代わりに宣誓供述書を書くように頼む。正当防衛などではなく、痴情のもつれの末での殺人であることを知るアレンは悩むが、バロウズからルシアンが残虐な方法でデヴィッドを殺害したと知らされると、これまでの経緯を小説にまとめてルシアンと決別する。そして、その小説を期末試験として大学に提出するが、スキャンダラスな内容が問題視され、退学することになる。

1945年、戦争の終結がラジオで報道される中、実家に戻っていたアレンのもとに、大学のスティーヴス教授からアレンの小説の原稿が送り返されてくる。表紙には「この調子で続けなさい」との教授のメモが記されていた。

ルシアンは殺人罪で1年半を少年院で過ごし、後にUPI通信社の記者となると、2005年に亡くなるまで勤務した。結婚は2回、3人の子をもうけた。一方、アレンは米国を代表する詩人となる。最初の詩集はルシアンに捧げられたが、ルシアンは自分の名前を本から削除するように求めた。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ Kill Your Darlings (2013)” (英語). Box Office Mojo. 2015年4月5日閲覧。
  2. ^ キル・ユア・ダーリン”. allcinema. 2015年4月5日閲覧。
  3. ^ キル・ユア・ダーリン”. TCエンタテインメント. 2015年4月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]