ジェニファー・ジェイソン・リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェニファー・ジェイソン・リー
Jennifer Jason Leigh
Jennifer Jason Leigh
2015年
本名 Jennifer L. Morrow
生年月日 1962年2月5日(54歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1971年 -
配偶者 ノア・バームバック(2005年 - 2013年)

ジェニファー・ジェイソン・リーJennifer Jason Leigh, 本名: Jennifer Lee Morrow, 1962年2月5日 - )は、アメリカ合衆国女優カリフォルニア州ロサンゼルスハリウッド出身。

生い立ち[編集]

父親は俳優のヴィック・モロー、母親は女優で脚本家のバーバラ・ターナー[1]。両親共にユダヤ系[2]。姉のケリーはプロデューサーになった。父親の違う姉妹であるミナも女優。

キャリア[編集]

女優として[編集]

子供の頃から端役で映画に出ていたが、ティーンエイジャーになって本格的に演技の勉強を始めた。

1980年に『他人の眼』で映画デビュー。役柄ごとに徹底的にリサーチすることで知られる[3]

1990年に出演した『ブルックリン最終出口』『マイアミ・ブルース』の2作品で、役柄のかなり異なった娼婦役を演じ、ニューヨーク映画批評家協会賞助演女優賞及びボストン映画批評家協会賞助演女優賞を受賞する。

1994年には『ミセス・パーカー/ジャズエイジの華』では自身初のゴールデングローブ賞主演女優賞 (ドラマ部門)にノミネートされる。

1995年公開作品『黙秘』では名女優キャシー・ベイツと互角に渡り合う演技を見せた。

2015年、クエンティン・タランティーノ監督作品『ヘイトフル・エイト』で女囚人役を演じ、アカデミー助演女優賞にノミネートされる[4]

監督・脚本家として[編集]

2001年公開の『アニバーサリーの夜に』では、俳優のアラン・カミングと共同で監督・脚本も手掛け、第54回カンヌ国際映画祭ある視点部門に出品され、インディペンデント・スピリット賞にもノミネートされる。

私生活[編集]

夫は映画監督ノア・バームバック[5]。2010年には離婚を申請しているとの報道があり[6]、2013年に離婚。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1980 エンジェル・シティ
Angel City
クリスティ テレビ映画
1981 他人の眼
Eyes of a Stranger
トレイシー・ハリス
誰がウェブスターを殺したか
The Killing of Randy Webster
キャシー・パウエル テレビ映画
1982 シークレット・レンズ
Wrong Is Right
少女
初体験/リッジモント・ハイ
Fast Times at Ridgemont High
ステイシー・ハミルトン
1983 イージー・マネー/一獲千金
Easy Money
アリソン
大阪殴り込み作戦
Girls of the White Orchid
キャロル テレビ映画
1984 グランドビューU.S.A.
Grandview, U.S.A.
キャンディ・ウェブスター
1985 グレート・ウォリアーズ/欲望の剣
Flesh & blood
アグネス
1986 ヒッチャー
The Hitcher
ナッシュ
メンズクラブ/真夜中の情事
The Men's Club
Teensy
1987 地獄のシスター
Sister Sister
Lucy Bonnard
1987 アンダーカバー/私服刑事
Under Cover
Tanille Lareoux
1988 ハート・オブ・ミッドナイト
Heart of Midnight
キャロル
ケビン・ベーコンの ハリウッドに挑戦!!
The Big Picture
リディア・ジョンソン
1989 ブルックリン最終出口
Last Exit to Brooklyn
トララ ニューヨーク映画批評家協会賞助演女優賞受賞
ボストン映画批評家協会賞助演女優賞受賞
1990 マイアミ・ブルース
Miami Blues
スージー ニューヨーク映画批評家協会賞助演女優賞受賞
ボストン映画批評家協会賞助演女優賞受賞
悪女の構図
Buried Alive
ジョアンナ・グッドマン テレビ映画
1991 バックドラフト
Backdraft
ジェニファー
ねじれた家族
Crooked Hearts
マリエット・ホフマン
ラッシュ
Rush
クリステン・ケイツ
1992 ルームメイト
Single White Female
ヘドラ・カールソン
1993 ショート・カッツ
Short Cuts
ロイス
1994 未来は今
The Hudsucker Proxy
エイミー・アーチャー
ミセス・パーカー/ジャズエイジの華
Mrs. Parker and the Vicious Circle
ドロシー・パーカー ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ドラマ部門)
全米映画批評家協会賞主演女優賞受賞
インディペンデント・スピリット賞主演女優賞ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞主演女優賞受賞
1995 黙秘
Dolores Claiborne
セレナ・セントジョージ
ジョージア
Georgia
サディ・フラッド 製作・出演
ニューヨーク映画批評家協会賞主演女優賞受賞
インディペンデント・スピリット賞主演女優賞ノミネート
1996 カンザス・シティ
Kansas City
ブロンディ・オハラ
冷たい一瞬(とき)を抱いて
Bastard Out of Carolina
アニー・ボートライト
1997 シークレット/嵐の夜に
A Thousand Acres
キャロライン・クック
1998 ガルフ・ウォー
Thanks of a Grateful Nation
テリ・スモール テレビ映画
1999 イグジステンズ
eXistenZ
アレグラ・ゲラー
2000 キング・イズ・アライヴ
The King Is Alive
ジーナ 東京国際映画祭女優賞受賞
誘惑の接吻
Skipped Parts
リディア・キャラハン 共同製作・出演
2001 アニバーサリーの夜に
The Anniversary Party
サリー 監督・脚本・出演
インディペンデント・スピリット賞第1回作品賞・第1回脚本賞ノミネート
2002 クロスオーバー ふたりの女
Crossed Over
カーラ・フェイ・タッカー テレビ映画
ロード・トゥ・パーディション
Road to Perdition
アニー・サリヴァン
2003 イン・ザ・カット
In the Cut
ポーリーン
2004 マシニスト
El Maquinista
スティーヴィー
おわらない物語 アビバの場合
Palindromes
マーク・アビバ
2005 ジャケット
The Jacket
ベス・ロレンソン
スキャンダルの天才
Rag Tale
メアリー・ジョセフィーン・モートン
2007 マーゴット・ウェディング
Margot at the Wedding
ポーリーン
2008 脳内ニューヨーク
Synecdoche, New York
マリア
2009-2012 Weeds ママの秘密
Weeds
ジル テレビシリーズ、16エピソード
2010 ベン・スティラー 人生は最悪だ!
Greenberg
ベス 原案/出演/製作
2012 リベンジ
Revenge
カーラ・ウォレス・クラーク テレビシリーズ、7エピソード
2013 キル・ユア・ダーリン
Kill Your Darlings
ナオミ・ギンズバーグ
2015
Anomalisa
リサ・ヘッセルマン 声の出演
インディペンデント・スピリット賞助演女優賞ノミネート
ヘイトフル・エイト
The Hateful Eight
デイジー・ドマーグ アカデミー助演女優賞ノミネート
英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート
ゴールデングローブ賞助演女優賞ノミネート
放送映画批評家協会賞助演女優賞ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞助演女優賞受賞
ノーステキサス映画批評家協会賞助演女優賞受賞
サンディエゴ映画批評家協会賞助演女優賞受賞

参照[編集]

外部リンク[編集]