ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ
William Carlos Williams
William Carlos Williams passport photograph 1921.jpg
1921年、パスポート写真
誕生 (1883-09-17) 1883年9月17日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州、ラザフォード
死没 (1963-03-04) 1963年3月4日(79歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州、ラザフォード
職業 詩人
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ペンシルヴェニア大学
ジャンル 詩など
文学活動 モダニズムイマジズム
主な受賞歴 全米図書賞詩部門、ピューリッツァー賞 詩部門
テンプレートを表示

ウィリアム・カーロス・ウィリアムズWilliam Carlos Williams1883年9月17日 - 1963年3月4日)はアメリカ合衆国詩人エズラ・パウンドT.S.エリオットに比肩する、20世紀アメリカを代表する詩人とされ、その創作はモダニズムイマジズム(写象主義)と関連付けられて紹介されている。

来歴[編集]

1883年、ニュージャージー州バーゲン郡ラザフォードに生まれる。父親はイギリス人、母親はプエルトリコ人ペンシルヴェニア大学医学部在学中にエズラ・パウンドと交友を結ぶ。卒業後、1906年ニューヨーク市のフレンチ病院でインターンを始める。その後ラザフォードに帰郷し、小児科町医者として勤務しながら口語詩を発表。1913年に第一詩集『気質』を出版。1927年、ダイアル賞を受賞。1950年に『選詩集』と『パターソン』により全米図書賞を受賞。1953年、ボリンゲン賞を受賞[1]

1963年、故郷、ニュージャージー州ラザフォードで死去。没後、『ブリューゲルの絵、その他の詩』でピューリッツァー賞 詩部門を受賞。アメリカの現代口語を大胆に取り入れた詩で、第二次世界大戦後のビートニクやブラック・マウンテン派の詩人たちに影響を与えた。

翻訳された著作[編集]

  • 『ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ詩集』片桐ユズル中山容 訳、国文社〈ピポー叢書〉、1965年
  • 『パタソン―W・C・ウィリアムズ詩集』田島伸悟訳、沖積舎、1988年
  • 『パターソン』沢崎順之助訳、思潮社、1994年10月
  • 『ウィリアムズ詩集』原成吉訳、思潮社〈海外詩文庫〉、2005年7月
  • 『農家の娘』飯田隆昭訳、太陽社、2006年2月
  • 『ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ自叙伝 』アスフォデルの会 訳、2008年6月
  • 『オールド・ドクター ウィリアム・カーロス・ウィリアムズ短篇集成』 飯田隆昭訳、国書刊行会、2015年6月
  • 『代表的アメリカ人』富山英俊訳、みすず書房、2016年1月

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 海外詩文庫 ウィリアムズ詩集” (日本語). 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア. 2020年10月11日閲覧。

外部リンク[編集]