ジム・ジャームッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジム・ジャームッシュ
Jim Jarmusch
Jim Jarmusch
本名 James R. Jarmusch[1]
生年月日 (1953-01-22) 1953年1月22日(69歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オハイオ州カヤホガ・フォールズ
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画
 
受賞
カンヌ国際映画祭
グランプリ
2005年ブロークン・フラワーズ
芸術貢献賞
1989年ミステリー・トレイン
カメラ・ドール
1984年ストレンジャー・ザン・パラダイス
短編パルムドール
2003年コーヒー&シガレッツ
功労賞
2008年
ヨーロッパ映画賞
非ヨーロッパ映画賞
1996年『デッドマン
その他の賞
テンプレートを表示

ジム・ジャームッシュ(Jim Jarmusch、1953年1月22日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家である。

経歴[編集]

1953年1月22日[2]オハイオ州カヤホガ・フォールズに生まれる[3]。母親はアイルランド人ドイツ人の血を引いており[4]、『Akron Beacon Journal』で映画の批評を執筆していた[5]。父親はチェコ人とドイツ人の血を引いており[4]グッドリッチに勤務していた[6]

ノースウェスタン大学でジャーナリズムを専攻し、コロンビア大学で文学を専攻した[7]パリで10か月間を過ごしたのち、ニューヨーク大学で映画を学んだ[8]。在学中、同大学で教鞭を執っていたニコラス・レイの助手を務めた[9]

1980年、『パーマネント・バケーション』で長編映画監督デビューを果たす[10]。1984年には初商業映画となる『ストレンジャー・ザン・パラダイス』を発表し、カンヌ国際映画祭カメラ・ドールを受賞。その後も『ダウン・バイ・ロー』、『ミステリー・トレイン』、『ナイト・オン・ザ・プラネット』、『デッドマン』、『イヤー・オブ・ザ・ホース』、『ゴースト・ドッグ』、『コーヒー&シガレッツ』、『ブロークン・フラワーズ』、『リミッツ・オブ・コントロール』、『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』などがある[10]

フィルモグラフィー[編集]

監督作品[編集]

劇映画[編集]

ドキュメンタリー[編集]

その他参加作品[編集]

  • ユー・アー・ノット・アイ You Are Not I (1981年) - 脚本・製作・撮影
  • スリープウォーク Sleepwalk (1986年) - 撮影
  • ストレート・トゥ・ヘル Straight to Hell (1987年) - 出演
  • キャンディ・マウンテン Candy Mountain (1987年) - 出演
  • レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ Leningrad Cowboys Go America (1989年) - 出演
  • フィッシング・ウィズ・ジョン Fishing with John (1991年) - 出演
  • イン・ザ・スープ In the Soup (1992年) - 出演
  • 豚が飛ぶとき When Pigs Fly (1993年) - 製作総指揮
  • アイアン・カウボーイズ・ミーツ・ゴーストライダー Iron Horsemen (1994年) - 出演
  • ティグレロ 撮られなかった映画 Tigrero: A Film That Was Never Made (1994年) - 出演
  • ブルー・イン・ザ・フェイス Blue in the Face (1995年) - 出演
  • スリング・ブレイド Sling Blade (1996年) - 出演
  • ザ・カンヌ・プレイヤー Cannes Men (1997年) - 出演
  • R.I.P. ジョー・コールマンの肖像 R.I.P. Rest in Pieces (1997年) - 出演
  • スクリーミン・ジェイ・ホーキンス伝説 Screamin' Jay Hawkins: I Put a Spell on Me (2001年) - 出演
  • ロンドン・コーリング Joe Strummer: The Future Is Unwritten (2008年) - 出演
  • ザ・シンプソンズ The Simpsons (2008年) - 声の出演
  • あまり期待するな Don't Expect Too Much (2011年) - 出演
  • ポルト Porto (2016年) - 製作総指揮
  • バスキア、10代最後のとき Boom for Real: The Late Teenage Years of Jean-Michel Basquiat (2017年) - 出演
  • SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬 Sukita (2018年) - 出演

脚注[編集]

  1. ^ Jim Jarmusch: A career in film so far – in pictures”. The Guardian (2014年2月22日). 2019年2月27日閲覧。
  2. ^ Jim Jarmusch”. AlloCiné. 2019年2月27日閲覧。
  3. ^ Jim Jarmusch Directing Stooges Documentary”. Cleveland Scene (2010年9月9日). 2019年2月27日閲覧。
  4. ^ a b A talk on the wild side”. The Guardian (2004年11月13日). 2019年2月27日閲覧。
  5. ^ Jim Jarmusch: Film's Avant-Guardian”. Rolling Stone (1990年3月22日). 2019年2月27日閲覧。
  6. ^ Wandering star”. The Guardian (2005年10月2日). 2019年2月27日閲覧。
  7. ^ 'Popular success is not my area'”. The Guardian (2005年8月2日). 2019年2月27日閲覧。
  8. ^ Jim Jarmusch: how the film world's maverick stayed true to his roots”. The Guardian (2014年2月22日). 2019年2月27日閲覧。
  9. ^ Jim Jarmusch”. The A.V. Club (2004年5月19日). 2019年2月27日閲覧。
  10. ^ a b Lincoln Center Will Host 'Permanent Vacation: The Films of Jim Jarmusch' Before 'Only Lovers Left Alive' Release”. IndieWire (2014年2月19日). 2019年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]