ドラマ映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
風と共に去りぬ』1967年リバイバル時のポスター

ドラマ映画(ドラマえいが、drama filmdrama movie[1])とは劇映画の1ジャンルで[2]、雰囲気がユーモラスよりはシリアス寄りなものを指す[3][4]。具体的には、登場人物たちの人間関係の発展、ドラマティックなテーマ、心の葛藤などを扱う[5]。日本語でいう「ヒューマンドラマ」も英語でいうとdrama filmになる[6]。そもそも、映画誕生以前の演劇でいう「ドラマ」とは悲劇のみならず喜劇も含んでいた。しかし、こと映画・テレビ界、および映画学においては「ドラマ」を上記のような狭く限定した意味で使っている。

ドラマ映画のサブジャンル[編集]

「犯罪ドラマ」「政治ドラマ」「法廷ドラマ」「歴史ドラマ」「ホームドラマ」「青春ドラマ」のように舞台背景やテーマを示す語を頭につけて、サブジャンルを形成する。「コメディドラマ」とした場合は雰囲気の幅が広がりシリアスではなくなる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ drama movieとは”. weblio. ウェブリオ. 2020年2月3日閲覧。
  2. ^ Popular TV Show and Movie Genres”. IMDb. 2020年2月3日閲覧。
  3. ^ Drama”. Merriam-Webster, Incorporated (2015年). 2020年2月2日閲覧。 “a play, movie, television show, that is about a serious subject and is not meant to make the audience laugh”
  4. ^ DRAMA FILMS  ”. AMC. 2020年2月2日閲覧。
  5. ^ Noelle Buffam (2011年3月4日). “Drama”. the script lab. 2020年2月4日閲覧。
  6. ^ ヒューマンドラマの英語”. weblio. ウェブリオ. 2020年2月4日閲覧。

文献[編集]

  • Banham, Martin, ed. 1998. The Cambridge Guide to Theatre. Cambridge: Cambridge University Press. 0-521-43437-8.
  • Cook, Pam, and Mieke Bernink, eds. 1999. The Cinema Book. 2nd ed. London: British Film Institute. 0-851-70726-2.
  • Elam, Keir. 1980. The Semiotics of Theatre and Drama. New Accents ser. London and New York: Methuen. 0-416-72060-9.
  • Hayward, Susan. 1996. Key Concepts in Cinema Studies. Key Concepts ser. London: Routledge. 0-415-10719-9.
  • Neale, Steve. 2000. Genre and Hollywood. London: Routledge. 0-415-02606-7.
  • Sheehan, Helena. 1987. Irish Television Drama: A Society and Its Stories 0-86029-011-5