紅夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
紅夢
タイトル表記
繁体字 大紅燈籠高高掛
簡体字 大红灯笼高高挂
ピン音 dà hóng dēnglóng gāogāo guà
英題 Raise the Red Lantern
各種情報
監督 張芸謀
脚本 倪震
原作 蘇童『妻妾成群』
製作 邱復生
製作総指揮 侯孝賢
出演者 鞏俐
音楽 趙季平
撮影 趙非
編集 杜媛
美術 曹久平
製作会社 年代国際有限公司
中国電影合作製片公司
配給 日本の旗 東宝東和
公開 日本の旗 1992年4月11日
上映時間 125分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 イギリス領香港
言語 中国語
テンプレートを表示

紅夢』(こうむ、原題:大紅灯篭高高掛)は、1991年制作の中国映画張芸謀(チャン・イーモウ)監督、鞏俐(コン・リー)主演。

概要[編集]

原作は1990年に書かれた蘇童(スー・トン)の小説『妻妾成群』。撮影は山西省祁県に実在する清朝時代の大邸宅・喬家大院で行われた。

第44回ヴェネツィア国際映画祭で銀獅子賞を受賞。第64回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。

あらすじ[編集]

1920年代中国、 19歳の頌蓮(スンリェン)は父親が亡くなった後、実家が没落したため、陳佐千という富豪の第四夫人として嫁ぐことを余儀なくされた。彼の大邸宅に嫁入りした際には王室の様な待遇で、気持ちの良い足マッサージを受けた。館の主人は、夜になり彼女の部屋に泊まる時門前に赤い提灯をかかげた。しかし頌蓮はすぐに全ての妾たちが同様の贅沢な待遇を受けていることに気づいた。実際、主人は毎日どの妾の家で夜を過ごすかを決めると、その家の前に赤い提灯を灯した。その妾は足マッサージを受け、食事を決定することができ、下僕達の尊敬と服従を得ることができたのだ・・・。

キャスト[編集]

  • 頌蓮(スンリェン)〈第四夫人〉・・・鞏俐(コン・リー)
  • 梅珊(メイサン)〈第三夫人〉・・・何賽飛(ホー・ツァイフェイ)
  • 陳佐千(チェン・ズォチェン)〈主人〉・・・馬精武(マー・チンウー)
  • 卓雲(ヅォユン)〈第二夫人〉・・・曹翠芬(ツァオ・ツイフェン)
  • 陳百順(チェン・パイスン)〈菅家=執事長〉・・・周琦(チョウ・チー)
  • 雁兒(エンアル)〈頌蓮の召使い〉・・・孔琳(コン・リン)
  • 大太太〈第一夫人〉・・・金淑媛(チン・スウユエン)
  • 宋媽(ソン・マー)〈陳家の召使い〉・・・丁惟敏(ティン・ウェイミン )
  • 点燈人・・・曹増銀(ツァオ・ゾンイン)
  • 高医師(カオ・イーション)・・・崔志剛(ツォエ・チーガン)
  • 飛浦(フェイプー)〈第一夫人の息子〉・・・初暁(ツゥ・シャオ)
  • 曹二嬸(ツァオ・アルセン)〈陳家の召使い〉・・・徐薇(シュー・ウェイ)

スタッフ[編集]

  • 監督:張芸謀(チャン・イーモウ)
  • 製作総指揮:侯孝賢(ホウ・シャオシェン)
  • 製作:邱復生(チュウ・フウション)
  • 原作:蘇童『妻妾成群』
  • 脚本:倪震(ニイ・ゼン)
  • 音楽:趙季平(チャオ・チーピン)
  • 撮影:趙非(チャオ・フェイ)
  • 編集:杜媛(トー・ユァン)
  • 美術:曹久平(ツァオ・チェウピン)

外部リンク[編集]