人生スイッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
人生スイッチ
Relatos salvajes
監督 ダミアン・ジフロンスペイン語版
脚本 ダミアン・ジフロンスペイン語版
製作 ウーゴ・シグマン
アグスティン・アルモドーバル
ペドロ・アルモドーバル
マティアス・モステイリン
エッシャー・ガルシア
フェリペ・フォティアデス
ヘラルド・ロシン
出演者 リカルド・ダリンスペイン語版
オスカル・マルティネス
レオナルド・スバラーリャ
エリカ・リバススペイン語版
リタ・コルテセ
フリエタ・ジルベルベルグ英語版
ダリオ・グランディネッティ
音楽 グスターボ・サンタオラヤ
撮影 ハビエル・フリアスペイン語版
編集 ダミアン・ジフロンスペイン語版
パブロ・バルビエリ
製作会社 コルネール
エル・デセオ
クラメール&シグマン・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ギャガ
公開 アルゼンチンの旗 2014年8月21日
日本の旗 2015年7月25日
上映時間 122分[1]
製作国 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン[2]
言語 スペイン語
製作費 3,300万ドル[3]
興行収入 3,000万ドル[4]
9000万円[5] 日本の旗
テンプレートを表示

人生スイッチ』(じんせいスイッチ、スペイン語: Relatos salvajes, 英語: Wild Tales)は、2014年映画ブラックコメディ)。アルゼンチンスペイン共作。脚本と監督はアルゼンチン人ダミアン・ジフロンスペイン語版

出演者はリカルド・ダリンスペイン語版オスカル・マルティネスレオナルド・スバラーリャエリカ・リバススペイン語版、リタ・コルテセ、フリエタ・ジルベルベルグ英語版ダリオ・グランディネッティなどである。アグスティン・アルモドーバルとペドロ・アルモドーバルのアルモドーバル兄弟が共同でプロデューサーを務めている。音楽はグスターボ・サンタオラヤ

2014年公開作品を対象とした第87回アカデミー賞ではアカデミー外国語映画賞アルゼンチン代表作品英語版となり、またノミネートされた[6][7]

アンソロジー映画であり、暴力と復讐という共通したテーマを持つ6つの独立した短編で構成されている[8][9]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

おかえし
おもてなし
パンク
ヒーローになるために
愚息
Happy Wedding

反応[編集]

2014年5月のカンヌ国際映画祭では称賛され[10]、スタンディングオベーションが10分間続いたと報じられている[11]。カンヌではパルム・ドール(作品賞)にノミネートされた[12]。同年のトロント国際映画祭でも上映された[13]。9月のサン・セバスティアン国際映画祭ではヨーロッパ映画 観客賞を受賞した[14]

アルゼンチンでの初期のレビューも良好であり[15]、2014年8月21日の公開開始から24日間で200万人以上の観客を集めた。9月11日から14日の週末には274,042人の観客を集め、第2位だった『ヘラクレス』(78,546人)の約3.5倍に達した[16]。9月末時点で、国内の275の映画館で2014年にもっとも観客を集めた映画となった。公開終了までに史上最高の観客数を記録したアルゼンチン映画となった[17]

2015年3月24日にはフランスでジャーマンウイングス9525便墜落事故が起き、150人が死亡した。『人生スイッチ』冒頭部分の飛行機墜落シーンはジャーマンウイングス機の事故と似通っていたため、英国映画協会(BFI)とクルソン・シネマズはホームシアターの視聴可能作品一覧を変更した[18]

Rotten Tomatoesでは123のレビューの平均点は7.9/10点であり、「新鮮度」は96%である。評論家の総意として「意地悪く浮かれ騒ぎ、愉快に錯乱するこの作品は反体制的な風刺劇である」としている[19]。Metacriticでは27のレビューの平均点は77点であり、「おおむね好評を得ている」としている[20]

受賞[編集]

映画賞/映画祭 発表日 部門 対象者 結果
アカデミー賞 2015年2月22日 外国語映画賞 ノミネート
アリエル賞 2015年5月27日 最優秀イベロアメリカ映画 受賞
ビアリッツ映画祭 2014年10月4日 観客賞 受賞
女優賞 エリカ・リバススペイン語版 受賞
カンヌ国際映画祭 2014年5月25日 パルム・ドール ノミネート
批評家選出映画賞 2015年1月15日 外国語映画賞 ノミネート
ゴヤ賞 2015年2月7日 作品賞 ノミネート
監督賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版 ノミネート
脚本賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版 ノミネート
男優賞 リカルド・ダリンスペイン語版 ノミネート
作曲賞 グスターボ・サンタオラヤ ノミネート
編集賞 パブロ・バルビエリ
ダミアン・ジフロンスペイン語版
ノミネート
プロダクション賞 エッシャー・ガルシア ノミネート
メイク&ヘアメイク賞 マリサ・アメンタ
ネストル・ブルゴス
ノミネート
イベロアメリカ映画賞 受賞
プラティーノ賞 2015年7月18日 イベリアメリカ映画賞 受賞
監督賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版 受賞
脚本賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版 受賞
男優賞 レオナルド・スバラーリャ ノミネート
女優賞 エリカ・リバススペイン語版 受賞
作曲賞 グスターボ・サンタオラヤ 受賞
サテライト賞 2015年2月15日 外国語映画賞 ノミネート
サン・セバスティアン国際映画祭 2014年9月27日 ヨーロッパ映画 観客賞 受賞
サライェヴォ映画祭 2014年8月22日 観客賞 受賞
銀のコンドル賞 2015年6月 作品賞 ノミネート
監督賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版 受賞
助演男優賞 オスカル・マルティネス 受賞
助演女優賞 エリカ・リバススペイン語版 受賞
リタ・コルテセ ノミネート
新人男優賞 ディエゴ・ヘンティレス 受賞
脚本賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版 ノミネート
撮影賞 ハビエル・フリア ノミネート
編集賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版
パブロ・バルビエリ
受賞
作曲賞 グスターボ・サンタオラヤ 受賞
音響賞 ホセ・ルイス・ディアス 受賞
スール賞 2014年12月2日 作品賞 受賞
監督賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版 受賞
主演男優賞 リカルド・ダリンスペイン語版 ノミネート
オスカル・マルティネス 受賞
レオナルド・スバラーリャ ノミネート
主演女優賞 エリカ・リバススペイン語版 受賞
リタ・コルテセ ノミネート
助演男優賞 ヘルマン・デ・シルバ 受賞
ディエゴ・ヘンティレ ノミネート
オスマル・ヌニェススペイン語版 ノミネート
助演女優賞 マリーア・オネット ノミネート
新人男優賞 ディエゴ・ベラスケス ノミネート
ワルテル・ドナード ノミネート
脚本賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版 受賞
撮影賞 ハビエル・フリア 受賞
編集賞 ダミアン・ジフロンスペイン語版
パブロ・バルビエリ
受賞
美術賞 クララ・ノターリ ノミネート
衣装デザイン賞 ラス・フィッシャーマン ノミネート
作曲賞 グスターボ・サンタオラヤ 受賞
音響賞 ホセ・ルイス・ディアス 受賞
メイキャップ賞 マリサ・アメンタ ノミネート
ワシントンD.C.
映画批評家協会賞
2014年12月8日 外国語映画賞 ノミネート

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Wild Tales (15)”. British Board of Film Classification (2014年12月5日). 2015年3月8日閲覧。
  2. ^ Wild Tales”. カンヌ国際映画祭. 2014年5月15日閲覧。
  3. ^ COMIENZA EL RODAJE DE LA PELÍCULA "RELATOS SALVAJES", COPRODUCCIÓN ENTRE ESPAÑA Y ARGENTINA”. El blog del cine español (2013年3月23日). 2014年8月24日閲覧。
  4. ^ Wild Tales (2015)”. Box Office Mojo (2015年1月20日). 2015年4月26日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報」2016年3月下旬号 82頁
  6. ^ Oscars: Argentina Picks 'Wild Tales' for Foreign Language Category”. Hollywood Reporter. 2014年9月30日閲覧。
  7. ^ Oscar Nominations 2015: See The Full List”. Huffington Post (2015年1月15日). 2015年1月15日閲覧。
  8. ^ Weissberg, Jay (2014年5月16日). “Cannes Film Review: ‘Wild Tales’”. Variety. 2014年8月10日閲覧。
  9. ^ Bradshaw, Peter (2014年5月17日). “Cannes 2014: Wild Tales review - Argentinian portmanteau movie is a tinderbox of delights”. The Guardian. 2014年8月10日閲覧。
  10. ^ Sage, Alexandria (2014年5月17日). “REFILE-Revenge comedy a hit in Cannes, fashion biopic cold-shouldered”. Reuters. 2014年8月10日閲覧。
  11. ^ Scholz, Pablo O. (2014年5月18日). “Diez minutos de aplausos para una película argentina en Cannes” (Spanish). Clarin. 2014年8月10日閲覧。
  12. ^ 2014 Official Selection”. カンヌ国際映画祭. 2014年4月18日閲覧。
  13. ^ Toronto Film Festival Lineup”. Variety. 2014年7月22日閲覧。
  14. ^ "Relatos salvajes," awarded in San Sebastians”. Télam. 2014年9月29日閲覧。
  15. ^ Críticas de Relatos salvajes” (Spanish). Todas las Críticas. 2014年8月10日閲覧。
  16. ^ "Relatos Salvajes" es la película más vista del año” (Spanish). Cadena 3 (2014年9月15日). 2014年9月15日閲覧。
  17. ^ Hit Argentine Film Wild Tales In UK Cinemas”. Sounds and Colours (2015年3月25日). 2015年3月26日閲覧。
  18. ^ Beaumont-Thomas, Ben (2015年3月31日). “Wild Tales has disclaimer added after similarity to Germanwings crash”. The Guardian. 2015年4月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年7月14日閲覧。
  19. ^ Wild Tales”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2015年3月8日閲覧。
  20. ^ Wild Tales”. Metacritic. CBS Interactive. 2015年3月8日閲覧。

外部リンク[編集]