みなさん、さようなら (2003年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
みなさん、さようなら
Les Invasions barbares
監督 ドゥニ・アルカン
脚本 ドゥニ・アルカン
製作 ダニエル・ルイフランス語版
ドゥニ・ロベールフランス語版
出演者 レミー・ジラールフランス語版
ステファン・ルソーフランス語版
音楽 ピエール・アヴィア
撮影 ギイ・デュフォーフランス語版
編集 イザベル・デデューフランス語版
製作会社 Astral Films
Cinémaginaire
Production Barbares
Société Radio-Canada
SODEC
Téléfilm Canada
Canal+
CNC
Pyramide Productions
配給 フランスの旗 Pyramide Distribution
日本の旗 コムストック
公開 フランスの旗 2003年5月21日CIFF
カナダの旗 2003年9月4日TIFF
フランスの旗 2003年9月24日
日本の旗 2004年4月24日
上映時間 99分
製作国 カナダの旗 カナダ
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
英語
製作費 €4,550,000[1]
前作 アメリカ帝国の滅亡
テンプレートを表示

みなさん、さようなら』(: Les Invasions barbares: The Barbarian Invasions)は、2003年カナダフランス合作のコメディ映画。1986年の『アメリカ帝国の滅亡フランス語版』の続編的意味合いで撮られた作品である[2]

2003年のアカデミー賞において外国語映画賞を受賞した。他にもセザール賞作品賞・監督賞・脚本賞、カンヌ国際映画祭女優賞(マリ=ジョゼ・クローズ)・脚本賞などを受賞。

ストーリー[編集]

ロンドンで証券ディーラーとして働くセバスチャンは、父親レミがを患っているとの知らせを聞き、故郷のモントリオールに戻る。歴史学教授であるレミは頑固で酒好き、更に女癖が悪く、セバスチャンはあんな人間にはなるまいと強く反発して生きてきたのだが、母ルイーズに頼まれ、父親の最期の日々を楽しいものにしようと手を尽くす。まず、アメリカの病院の最新設備で検査を受けさせると、末期ガンで手の付けようがない状態であることが改めて確認される。次に、社会主義者として公立病院に入院することにこだわるレミのために、病室の経営者や組合を買収し、階下の空いているフロアを豪華な病室に作り替えるだけでなく、レミの教え子たちに金を払って見舞いに来させるなど、資本主義の権化のごとく、金にモノを言わせる。更に、激しい痛みを緩和するためにヘロインが必要と分かると、地元の麻薬課の刑事に入手先を相談する。当然教えてはもらえなかったが、レミの元愛人ディアーヌの娘ナタリーが麻薬常習者で入手先を知っていると知ると、彼女をレミの世話係として雇う。

古くからの友人やかつての愛人たちに囲まれたレミは、ナタリーの世話とヘロインのおかげもあり、幸福感に包まれたまま最期の日々を穏やかに過ごす。友人ピエールの湖畔の別荘で過ごしたときが一番幸せだったというレミの言葉に、セバスチャンはピエールから別荘を借り、そこでレミに最期のときを迎えさせてやろうとする。友人たちと別荘で楽しく過ごしながらも状態が悪化して行くレミは、セバスチャンに「お前のような息子を作れ」と言い、2人は強く抱きしめ合う。そして、セバスチャンの妹で、仕事で太平洋上にいるシルヴェーヌからのビデオメールを受け取ったレミは、妻子や友人たちに囲まれて安らかな最期を迎える。

レミの葬儀を終えたセバスチャンは父が1人で暮らしていた家をナタリーに貸すと、婚約者のガエルとともにロンドンに帰る。

キャスト[編集]

その他の声の吹き替え
松谷彼哉蓬莱照子野沢由香里手塚秀彰もりかみえり江間直子吉田浩二葛城七穂西海真理辻親八浦山迅矢野裕子星野充昭浅野典子野田貴子古川伴睦風間秀郎武藤正史

参考文献[編集]

  1. ^ Les Invasions barbares” (フランス語). AlloCiné. 2014年2月5日閲覧。
  2. ^ みなさん、さようなら”. allcinema. 2014年2月5日閲覧。

外部リンク[編集]