パンズ・ラビリンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パンズ・ラビリンス
El laberinto del fauno
監督 ギレルモ・デル・トロ
脚本 ギレルモ・デル・トロ
製作 ベルサ・ナバーロ
アルフォンソ・キュアロン
フリーダ・トレスブランコ
アルバロ・アグスティン
出演者 イバナ・バケーロ
セルジ・ロペス
アリアドナ・ヒル
マリベル・ベルドゥ
音楽 ハビエル・ナバレテ
撮影 ギレルモ・ナバーロ
編集 ベルナト・ビラプラナ
配給 アメリカ合衆国の旗 ピクチャーハウス
日本の旗 CKエンタテインメント
公開 スペインの旗 2006年10月11日
メキシコの旗 2006年10月20日
アメリカ合衆国の旗 2006年12月29日
日本の旗 2007年10月6日
上映時間 119分
製作国 メキシコの旗 メキシコ
スペインの旗 スペイン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 スペイン語
製作費 €13,500,000
興行収入 MXN 52,900,000 メキシコの旗
€7,172,000 スペインの旗
$37,620,000[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$83,258,226[1] 世界の旗
テンプレートを表示

パンズ・ラビリンス』(原題: El laberinto del fauno, 英題: Pan's Labyrinth)は、2006年メキシコスペインアメリカ合作映画。日本公開は2007年10月6日より。監督・脚本はギレルモ・デル・トロPG12指定。

概要[編集]

内戦後のスペインに生きる薄幸の少女を描くダーク・ファンタジーである。

本作は世界各国で数々の映画賞を受けている[1]第79回アカデミー賞ではアカデミー撮影賞アカデミー美術賞アカデミーメイクアップ賞を受賞した。アカデミー外国語映画賞は、次点であった。

ギレルモ・デル・トロ監督がスペイン内戦下を舞台に描いた作品としては、『デビルズ・バックボーン』(2001年)に続いて2作目となる。

タイトルにある「パン」とは、ギリシア神話に登場する牧羊神である(原題の"fauno"は、ギリシア神話のパンに対応するローマ神話の神ファウヌスのこと)。ただし、当作品に登場するパンの造形には、同じく羊の角を持つ悪魔のイメージも組み込まれている。

ストーリー[編集]

スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリア。彼女は妊娠中の母親と共に、母親の再婚相手であり独裁政権軍で大尉を務めるヴィダルに引き取られ、森の中にある軍の砦に移り住む。レジスタンス掃討を指揮する冷酷なヴィダルは、生まれくる自分の子だけを気にかけ、母親も大尉の意向ばかりをうかがうため、オフェリアは顧みられない。オフェリアの相手をするのは砦の家政婦であるメルセデスだが、彼女の弟はレジスタンス運動に身を投じており、メルセデスは大尉の目を盗んでこれに協力していた。砦での暮らしはオフェリアにとって重苦しいものとなっていき、彼女の心は現実から妖精おとぎ話の世界へ引き込まれていく。

ある夜のこと、オフェリアの前に妖精が現れ、森の奥にある迷宮へ導く。そこには迷宮の番人パンが待っており、彼女を一目見るなり「あなたこそは地底の王国の姫君だ」と告げる。

むかしむかし、地底の世界に病気も苦しみもない王国がありました。その国には美しい王女様がありました。王女様はそよ風と日の光、そして青い空をいつも夢見ていました。ある日、王女様はお城をこっそり抜け出して人間の世界へ行きました。ところが明るい太陽の光を浴びたとたん、彼女は自分が誰なのか、どこから来たのかを忘れてしまったのです。地底の王国の王女様はその時から寒さや痛みや苦しみを感じるようになり、ついには死んでしまいました。姫を亡くした王様は悲しみましたが、いつか王女様の魂が戻ってくる事を知っていました。そしてその日をいつまでも、いつまでも待っているのでした。

パンはこの迷宮が地底の王国の入り口である事、そして姫君である事を確かめるためには3つの試練を果たさなければいけない事を伝える。こうしてオフェリアはパンに与えられた3つの試練に挑むことになった。

オフェリアが幻想の世界を訪れている間にも、大尉による容赦のない現実が繰り広げられており、それはオフェリアの幻想と現実の世界の双方を侵食し、暗い影を落していく。

スタッフ[編集]

  • 監督:ギレルモ・デル・トロ
  • 製作:ギレルモ・デル・トロ、ベルサ・ナヴァロ、アルフォンソ・キュアロン、フリーダ・トレスブランコ、アルバロ・アグスティン
  • 脚本:ギレルモ・デル・トロ
  • 撮影:ギレルモ・ナバーロ
  • 編集:ベルナト・ビラプラナ
  • 美術:エウヘニオ・カバイェーロ
  • セットデザイン:ピラール・レベルタ
  • 音楽:ハビエル・ナバレテ
  • 音響:マルティン・エルナンデス、ミゲル・ポロ
  • 特殊効果:レイエス・アバデス
  • 視覚効果:エヴェレット・バレル
  • 衣装デザイン:ララ・ウエテ、ロシオ・レドンド

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

受賞歴[編集]

撮影賞:ギレルモ・ナバーロ
美術賞:エウヘニオ・カバイェーロ、Pilar Revuelta
メイクアップ賞:David Marti、Montse Ribe
脚本賞外国語映画賞作曲賞でもノミネート)
コンペティション部門正式参加作品
作品賞
撮影賞:ギレルモ・ナバーロ
美術賞:エウヘニオ・カバイェーロ
外国語映画賞
衣裳デザイン賞:ララ・ウエテ
メイクアップ&ヘアー賞:José Quetglas、Blanca Sánchez
特殊視覚効果賞:Edward Irastorza、エヴェレット・バレル
脚本賞:ギレルモ・デル・トロ
新人女優賞:イバナ・バケーロ
撮影賞:ギレルモ・ナバーロ
特殊効果賞:レイエス・アバデス、エヴェレット・バレル
David Martí、Montse Ribe、Edward Irastorza、Emilio Ruiz
編集賞:ベルナト・ビラプラナ
音響賞:マルティン・エルナンデス、ミゲル・ポロ
メイクアップ&ヘアスタイル賞:José Quetglas、Blanca Sánchez
長篇映像部門
  • 上記を含めて67の賞を受賞し、58のノミネートを受けた。多数の批評で2006年度の映画トップ10に選出されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Pan's Labyrinth (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]