ダントン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダントン
Danton
監督 アンジェイ・ワイダ
脚本 ジャン=クロード・カリエール
アンジェイ・ワイダ
アニエスカ・ホランド
ボレスラウ・ミカレク
ヤシェク・ガシオロフスキ
原作 スタニスワヴァ・プシビシェフスカ
製作 マルガレート・メネゴス
バルバラ・ペツ・スレシカ
出演者 ジェラール・ドパルデュー
ヴォイチェフ・プショニャック
音楽 ジャン・プロドロミデス
撮影 イゴール・ルター
編集 アリナ・プリュガル・ケトリング
製作会社 レ・フィルム・デュ・ローザンジュ
フィルム・ポルスキ
フランス文化省
ゴーモン
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 ヘラルド・エース
公開 フランスの旗 1983年1月12日
ポーランドの旗 1983年1月31日
日本の旗 1984年2月11日
上映時間 136分
製作国 フランスの旗 フランス
ポーランドの旗 ポーランド
言語 フランス語
ポーランド語
テンプレートを表示

ダントン』(Danton)は、1983年に公開されたフランスポーランド合作の伝記映画フランス革命の中心的人物であるジョルジュ・ダントンマクシミリアン・ロベスピエールの対立と2人のその後の運命を描いた歴史映画である。原作はポーランドの作家スタニスワヴァ・プシビシェフスカ1929年戯曲Sprawa Dantona』(英題:The Danton Case)。第8回セザール賞英語版において作品賞、監督賞、脚色賞、主演男優賞(ジェラール・ドパルデュー)、音響賞の5部門でノミネートされ、監督賞を受賞するなど、様々な賞を受賞している[1]

ストーリー[編集]

1794年ロベスピエールを中心とした公安委員会が押し進める恐怖政治を終わらせようとダントンパリに戻って来る。

ダントンを粛清すべしという公安委員会の他のメンバーをロベスピエールは抑え、ダントンとの交渉を行う。しかし、ダントンは公安委員会を独裁的として敵対的な態度で交渉に臨む。交渉の余地なしと理解したロベスピエールは一気にダントン逮捕を行う。ダントン粛清を確実にするため、公安委員会の他のメンバーは裁判への関与を主張しロベスピエールはそれを拒むものの、最終的にそれを黙認してしまう。

ダントンがギロチン台に登る日、少年が人権宣言を枕元で暗誦する声を聞きながら、ロベスピエールは公安委員会の他のメンバーに引きずられ人権宣言に反するやり方でダントンを粛清したことを悔やむのであった。

登場人物[編集]

主な映画賞受賞[編集]

第37回英国アカデミー賞英語版
外国語映画賞
第8回セザール賞英語版
監督賞
第4回ロンドン映画批評家協会賞
監督賞英語版
第6回モントリオール世界映画祭[2]
最優秀男優賞(ジェラール・ドパルデューヴォイチェフ・プショニャック
全米映画批評家協会賞1983年英語版
最優秀男優賞英語版(ジェラール・ドパルデュー)

参考文献[編集]

  1. ^ Danton (1983) - Awards” (英語). IMDb. 2013年4月24日閲覧。
  2. ^ Montréal World Film Festival (1983)” (英語). IMDb. 2013年4月24日閲覧。

外部リンク[編集]