預言者 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
預言者
Un prophète
Niels Arestrup Jacques Audiard Tahar Rahim.jpg
監督 ジャック・オーディアール
脚本 アブデル・ラウフ・ダブリフランス語版
ニコラ・プフェーイフランス語版
ジャック・オーディアール
トーマス・ビデガンフランス語版
製作 ローランヌ・ブーラショ
マルティーヌ・カシネッリ
パスカル・コーシュトゥーフランス語版
マルコ・チェルキ
出演者 タハール・ラヒム
ニエル・アレストリュプ
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 ステファーヌ・フォンテーヌフランス語版
編集 ジュリエット・ウェルフランフランス語版
製作会社 ホワイ・ノット・プロダクションズフランス語版
Chic Films
Page 114
フランス2シネマ
UGCフランス語版
BIM Distribuzione
Celluloid Dreams 他
配給 フランスの旗 UGCディストリビュションフランス語版
イタリアの旗 BIM Distribuzione
日本の旗 スプリングハズカム
公開 フランスの旗 2009年8月26日
イタリアの旗 2010年3月19日
日本の旗 2012年1月21日
上映時間 150分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
アラビア語
コルシカ語
製作費 €12,480,000[1]
興行収入 (正確には旗ではありません)世界の旗 $17,874,044[2]
テンプレートを表示

預言者』(よげんしゃ、原題: Un prophète, 英題: A Prophet)は2009年フランス犯罪映画。監督はジャック・オーディアール、出演はタハール・ラヒムニエル・アレストリュプなど。人種間対立の激しい刑務所に放り込まれた無学で孤独なアラブ系フランス人青年が過酷な世界で生き延びていく中でのし上がって行く姿を描いたサスペンス映画である[3]

2009年5月16日に第62回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で初上映[4]され、審査員特別グランプリを受賞した。また、第35回セザール賞では、13のノミネートを受け、そのうち作品賞をはじめとする9つの受賞を果たしている(詳細は後述)。

日本ではフランス映画祭2010で『アンプロフェット』として上映された[5]後、2012年1月21日に一般公開された。

ストーリー[編集]

19歳のアラブ系青年マリク(タハール・ラヒム)は6年の刑を宣告され、中央刑務所に送られて来る。そこは人種間の対立が激しく、互いに牽制し合いながらも、最大勢力であるコルシカ・マフィアのグループが実質的に支配している世界だった。身寄りのないマリクはコルシカ系グループを仕切るセザール(ニエル・アレストリュプ)に目を付けられ、彼らのグループの人間を売ったアラブ系の男レイェブ(ヒシャーム・ヤクビ英語版)を殺すように脅迫される。逡巡しながらもマリクは刑務所内で生き延びるために初めての殺人を犯す。これをきっかけにセザールの子分となり、読み書きとともに生き残るための術を学んで行く。そして、マリクはレイェブの幻と暮らすようになり、レイェブが語る予言めいた言葉を聞くことになる。

しばらくして、コルシカ系の囚人の多くがコルシカ島に送られることになり、残されたコルシカ系はセザールを含め、ごくわずかとなる。セザールはマリクがフランス語とアラビア語に加えて、コルシカ語も使えるようになっていると知ると、マリクを外部との連絡係として利用するようになる。セザールの手引きで外出許可を得たマリクは、外の世界に出る度に様々な「成果」をあげ、刑務所内ではジプシーロマ)のジョルディ(レダ・カテブ)と手を組み、既に出所していた親友リヤド(アデル・バンシェリフフランス語版)の協力の下、違法薬物の取引によって刑務所内外で力を付けて行く。

その一方で、いつまでも自分を子分として支配し続けようとするセザールが邪魔になったマリクは、セザールから依頼されたボスの暗殺を逆に利用してセザールを陥れることにする。リヤドとともにボスを暗殺すると見せかけ、ボスの護衛を射殺したマリクは「暗殺を依頼したセザールに復讐しろ」と告げてボスを逃がす。これにより、セザールは刑務所内の部下たちを殺され、力を完全に失う。マリクは刑務所内のアラブ系グループを味方に付けて更に力を付ける。そして出所の日、マリクを出迎えたのは、彼が育てた「組織」のメンバーたちと、癌で亡くなったリヤドの妻ジャミラ(レイラ・ベクティフランス語版)とその息子だった。

作品の評価[編集]

映画批評家によるレビュー[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「新人のタハール・ラヒムが印象的な主演を務めた『預言者』は、目を見張るような身近なディテールに満ちたフランスのギャング映画である。」であり、162件の評論のうち高評価は96%にあたる156件で、平均点は10点満点中8.3点となっている[6]Metacriticによれば、31件の評論の全てが高評価で、平均点は100点満点中90点となっている[7]アロシネによれば、フランスの24のメディアによる評価の平均点は5点満点中4.6点である[8]

受賞歴[編集]

部門 候補者 結果
カンヌ国際映画祭 パルム・ドール ジャック・オーディアール ノミネート
審査員特別グランプリ ジャック・オーディアール 受賞
英国アカデミー賞 外国語映画賞 ジャック・オーディアール 受賞
アカデミー賞 外国語映画賞 ジャック・オーディアール ノミネート
ゴールデングローブ賞 外国語映画賞 ノミネート
セザール賞 作品賞 受賞
監督賞 ジャック・オーディアール
主演男優賞 タハール・ラヒム
助演男優賞 ニエル・アレストリュプ
有望若手男優賞 タハール・ラヒム
アデル・バンシェリフフランス語版 ノミネート
脚本賞 ジャック・オーディアール
トーマス・ビデガンフランス語版
アブデル・ラウフ・ダブリフランス語版
ニコラ・プフェーイフランス語版
受賞
撮影賞 ステファーヌ・フォンテーヌフランス語版
編集賞 ジュリエット・ウェルフランフランス語版
音響賞 ブリジット・テイランディエフランス語版
フランシス・ヴァルニエフランス語版
ジャン=ポール・ユリエフランス語版
ノミネート
作曲賞 アレクサンドル・デスプラ
衣裳デザイン賞 ヴィルジニー・モンテル
美術賞 ミシェル・バルテレミフランス語版 受賞
ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞イタリア語版 ヨーロッパ映画作品賞 ノミネート
ヨーロッパ映画賞英語版 作品賞 ノミネート
監督賞 ジャック・オーディアール
脚本賞 アブデル・ラウフ・ダブリ
ニコラ・プフェーイ
ジャック・オーディアール
トーマス・ビデガン
主演男優賞 タハール・ラヒム 受賞
撮影賞 ステファーヌ・フォンテーヌ ノミネート
優秀賞
(サウンド・デザインに対して)
ブリジット・テイランディエ
フランシス・ヴァルニエ
ジャン=ポール・ユリエ
マルク・ドワーヌフランス語版
受賞

出典[編集]

  1. ^ Un Prophète (2009)” (フランス語). JPBox-Office. 2020年7月9日閲覧。
  2. ^ A Prophet” (英語). Box Office Mojo. 2020年7月9日閲覧。
  3. ^ 預言者”. WOWOW. 2013年6月2日閲覧。
  4. ^ Mackenzie, James (2009年5月16日). “French prison thriller hailed in Cannes” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-cannes-prophet/french-prison-thriller-hailed-in-cannes-idUSTRE54F1KE20090516 2020年7月9日閲覧。 
  5. ^ アンプロフェット”. フランス映画祭2010公式サイト. 2016年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月2日閲覧。
  6. ^ A Prophet (Un prophete) (2010)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年3月14日閲覧。
  7. ^ A Prophet Reviews” (英語). Metacritic. 2020年7月9日閲覧。
  8. ^ Critiques Presse pour le film Un prophète” (フランス語). AlloCiné. 2020年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]