地下水道 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地下水道
Kanał
監督 アンジェイ・ワイダ
脚本 イェジ・ステファン・スタヴィンスキー
音楽 ヤン・クレンツ
撮影 イェジ・リップマン
配給 日本の旗 NCC日活
東洋映画[1]
公開 ポーランドの旗 1957年4月20日
日本の旗 1958年1月10日
上映時間 95分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
言語 ポーランド語
テンプレートを表示

地下水道』(原題:Kanał)は、1956年制作のポーランド映画

アンジェイ・ワイダの名を一躍世界に知らしめた作品で、第10回カンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した[2]。『世代』に次ぐいわゆる「抵抗三部作」の2作目として知られる。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦末期、1944年ワルシャワポーランド国内軍による武装蜂起は、ドイツ軍による容赦ない攻撃で追い詰められ、悲惨な最終段階に達していた。

その中の一つ、ザドラ中尉の率いる中隊は事態打開のため、地下水道を通り、市の中心部に出て活動を続けることにする。夜になって隊員は地下水道に入っていくが、やがて離ればなれになり、ある者は発狂し、またある者は暗闇と悪臭と恐怖心に耐え切れず、マンホールから外に出てドイツ軍に発見され、射殺されていく。

負傷したコラブと、彼を助けて道案内してきたデイジーの2人も、やっと出口を見つけたと思ったのもつかの間、そこは河へ注ぐ水路であった。一方、先を行くザドラと二人の隊員は遂に目的の出口を見つけたが、出口には頑丈な鉄柵が張られ、爆薬が仕掛けられていた…。

キャスト[編集]

  • コラブ:タデウシュ・ヤンチャル
  • デイジー:テレサ・イジェフスカ
  • ザドラ中尉:ヴィンチスワフ・グリンスキー
  • マドリ中尉:エミール・カレヴィッチ
  • ミハウ(作曲家):ヴラデク・シェイバル
  • ヤン・エングレルト

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1979年上映時。
  2. ^ Festival de Cannes: Kanał”. festival-cannes.com. 2009年2月8日閲覧。

外部リンク[編集]