チュキカマタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チュキカマタ
Chuquicamata
Mina de Chuquicamata, Calama, Chile, 2016-02-01, DD 110-112 PAN.JPG
入口から見た鉱山
所在地
チュキカマタの位置(チリ内)
チュキカマタ
チュキカマタ
チュキカマタ鉱山の位置(チリ
アントファガスタ州
 チリ
座標 22°18′19.66″S 068°54′08.07″W / 22.3054611°S 68.9022417°W / -22.3054611; -68.9022417座標: 22°18′19.66″S 068°54′08.07″W / 22.3054611°S 68.9022417°W / -22.3054611; -68.9022417
生産
産出物 銅、金
歴史
開山 1882年
所有者
企業 コデルコ
プロジェクト:地球科学Portal:地球科学

チュキカマタスペイン語: Chuquicamata)またはチュキカマタ銅山、チュキカマタ鉱山は、南米チリ北部にある、世界最大の露天掘り銅山

海抜3,180mの高地にある。太平洋沿いのアントファガスタは銅鉱の積出港。

米国のアナコンダが経営していたが、1969年に国有化されチリ銅公社が採掘を行っている。

鉱山関係者の多くは、チュキカマタ村あるいは、カラマなどに居住している。カラマで鉱山労働者向けに分譲された住宅地はチュキカマタウンと呼ばれる[要出典]

ギャラリー[編集]