坂東尚樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ばんどう なおき
坂東 尚樹
プロフィール
本名 坂東 耕一郎(ばんどう こういちろう)[1]
出生地 日本の旗 日本北海道旭川市
生年月日 (1957-12-12) 1957年12月12日(59歳)
身長 163 cm
所属 ALBA
配偶者 あり
活動
活動期間 1980年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

坂東 尚樹(ばんどう なおき、1957年12月12日[2] - )は、日本の男性声優ナレーターである。北海道旭川市出身[3]。身長163cm[4]。血液型はO型[3]法政大学文学部日本文学科(夜間部)中退[3]日本俳優連合会員[3]

来歴・人物[編集]

劇団青年座俳優養成所本科卒業後、劇団新人会九プロダクションマウスプロモーションリベルタを経て、現在はALBAに所属[4]

初期は本名で出演していたが歌舞伎出身と誤解される事があったため1990年頃から芸名を使用[要出典]「旧芸名は阪東」と記した記事が散見されるのは初期の番組エンドロールの誤表示による間違い[要出典]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1983年
1987年
1988年
  • 美味しんぼ(南副編集長、ディレクター)
  • シティーハンター2(部下、レポーター、隊員、手下B、暗殺者C、無線の声、暴走族、組員B、助手A、社員B 他)
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2014年
  • ヒーローバンク(加狩町留利)
  • 妖怪ウォッチじんめん犬グレるりんロボニャン/ロボニャンF型ナガバナ赤鬼、わすれん帽、ばか頭巾、ダイヤニャン、ネクラマテング、かぜカモ、プライ丼、サンデーパパ、クワノ武士、ダラケ刀、おもいだスッポン、おくらいり、いばる〜ん、おぼろ入道、ぎしんあん鬼、矢良瀬古里無、鷲尾奈落斎、校長先生 他)
2015年
2016年
2017年

劇場アニメ[編集]

1987年
1989年
1990年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
2005年
2010年
2014年
2015年
2016年

OVA[編集]

1988年
1990年
1991年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
2001年
2016年

Webアニメ[編集]

ゲーム[編集]

1991年
1995年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
  • 妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打(じんめん犬、グレるりん、ロボニャン/ロボニャンF型、ナガバナ、赤鬼、ダイヤニャン、プライ丼 他)
2015年
  • 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊
2016年
  • 妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ/スキヤキ(じんめん犬、グレるりん、ロボニャンF型/Uロボニャン、ナガバナ、赤鬼、ダイヤニャン、プライ丼、サンデーパパ、いばる〜ん、おくらいり 他)

吹き替え[編集]

俳優[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

人形劇[編集]

特撮[編集]

CD[編集]

ナレーター[編集]

テレビドラマ[編集]

ボイスオーバー[編集]

CM[編集]

  • タカラ 白銀合体シルバリオン/超白銀合体ゴッドシルバリオンCM

その他[編集]

  • Britannia News Network(ルネマリー・アトランコ) ※ウルティマオンラインの公式サイト上で配信されている動画・音声コンテンツ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 掛尾良夫編「声優事典 男性篇 坂東 尚樹」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、ISBN 4-87376-160-3、242頁。
  2. ^ 『日本音声製作者名鑑2004 vol.1』、90頁、小学館、2004年、ISBN 4-09-526301-6
  3. ^ a b c d 坂東尚樹”. プロフィール. Bandowz. 2017年3月27日閲覧。
  4. ^ a b 坂東尚樹”. ALBA. 2017年3月27日閲覧。
  5. ^ 陸上防衛隊まおちゃん”. メディア芸術データベース. 2016年8月22日閲覧。
  6. ^ WORLD”. 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト. 2016年1月30日閲覧。
  7. ^ 週刊ファミ通』2012年12月20日増刊号、エンターブレイン2012年12月6日[要ページ番号]
  8. ^ X-MEN2”. 日曜洋画劇場. 2016年7月22日閲覧。
  9. ^ トゥモローランド”. ふきカエル大作戦!! (2015年6月6日). 2017年5月6日閲覧。

外部リンク[編集]