絶体×絶命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
絶体×絶命
Desperate Measures
監督 バーベット・シュローダー
脚本 デヴィッド・クラス
製作 バーベット・シュローダー
スーザン・ホフマン
ゲイリー・フォスター
リー・リッチ
製作総指揮 ジェフリー・チャーノフ
出演者 マイケル・キートン
アンディ・ガルシア
音楽 トレヴァー・ジョーンズ
撮影 ルチアーノ・トヴォリ
編集 リー・パーシー
配給 アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年1月30日
日本の旗 1998年5月23日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $13,806,137[1]
テンプレートを表示

絶体×絶命』(原題: Desperate Measures)は、1998年アメリカで公開されたサスペンス映画

ストーリー[編集]

サンフランシスコ市警の刑事フランク・コナーには、白血病を患っている幼い息子マシューがいた。息子の病気を治療するには骨髄移植が不可欠なのだが、骨髄の適合者がなかなか見つからずに焦りだけが募っていた。だが、無断で入手したFBIの極秘資料の中に、ついに適合者を発見する。その男の名はピーター・マッケイブ。終身刑で投獄されている凶悪犯だった。フランクはマッケイブに接触し、息子のために骨髄を提供するよう説得するも、彼は真剣に取りあうことすらしなかった。しかし、突然彼がドナーになることを条件付きで了承する。そして移植手術のために病院へと移送されることになるのだが、実は彼の真の目的は脱獄することだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
ピーター・マッケイブ マイケル・キートン 山路和弘 磯部勉
フランク・コナー アンディ・ガルシア 宮本充 山路和弘
サマンサ・ホーキンス マーシャ・ゲイ・ハーデン 深見梨加 塩田朋子
ネイト・オリバー エリック・キング 星野充昭 石田圭祐
ジェレミア・キャシディ ブライアン・コックス 池田勝 三木敏彦
マシュー・コナー ジョセフ・クロス 大谷育江 小出達也
その他 浅野まゆみ
津田真澄
稲葉実
池田勝
室園丈裕
遊佐浩二
乃村健次
青山穣
後藤哲夫
坂口賢一
深水由美
伊藤栄次
藤本譲
千島楊子
古田信幸
大黒和広
廣田行生
坂東尚樹
後藤哲夫
山中誠也
坂口進也
高山綾子
中澤やよい
清水敏孝
望木祐子
上杉陽一
演出 壷井正
翻訳 平田勝茂
調整 飯塚秀保
効果 VOX
制作 グロービジョン
初回放送 2001年6月3日
日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Desperate Measures” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]