運命の逆転

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
運命の逆転
Reversal of Fortune
監督 バーベット・シュローダー
脚本 ニコラス・カザン
製作 エドワード・R・プレスマン
オリバー・ストーン
製作総指揮 マイケル・ローチ
出演者 ジェレミー・アイアンズ
グレン・クローズ
ロン・シルヴァー
音楽 マーク・アイシャム
撮影 ルチアーノ・トヴォリ
編集 リー・パーシー
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年9月12日
日本の旗 1991年2月2日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $15,445,131[1] アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

運命の逆転』 (うんめいのぎゃくてん、Reversal of Fortune)は、1990年アメリカ映画

1980年のクラウス・フォン・ビューロー事件を映画化。原作はアラン・ダーショウィッツの『Reversal of Fortune: Inside the von Bülow Case』。主演のジェレミー・アイアンズ第63回アカデミー賞主演男優賞などを受賞した。

ストーリー[編集]

1980年代のアメリカ。ハーバード・ロー・スクールの法学部教授で人権弁護の世界的権威であるアラン・ダーショウィッツは、ニュー・ポート在住のクラウス・フォン・ビューローから刑事裁判の弁護を依頼される。彼の妻である大富豪のサニーはバスルームで倒れ植物状態に陥ってしまったのだが、それがクラウスによってインスリン注射による殺害を企てられた結果であると義理の息子・娘とメイドのマリアに告発され、地方検事局の告訴により第1審で懲役30年の有罪判決を受けてしまっていたのだった。

クラウスの事件は上流階級のスキャンダルとして世間の注目を浴びていた。当初アランは、好悪相反する面を持つクラウスと、その周辺の上流社会に反感と不信感を持っていたが、事件の概要を知って興味を持ち始め、別の人権関係の事件の裁判費用を調達するためにも依頼を引き受けることにする。

アランがチームを組んで調査するうちに、サニーの個人的問題、クラウスとの夫婦生活、そして家族にあった問題が浮き彫りになり、再審で検察側の証拠を崩し、無罪を勝ち取ることに成功する。しかしクラウスの曖昧で肝心なことを韜晦(とうかい)してしまう態度もあり、事件の真相が明らかになったとは言い難く、まだ依然として謎を残したままとなるのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(VHS版)

スタッフ[編集]

出典[編集]

  1. ^ Reversal of Fortune (1990)” (英語). Box Office Mojo. 2010年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]