片岡富枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かたおか とみえ
片岡 富枝
プロフィール
本名 片岡 富子(かたおか とみこ)[1]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本千葉県[2]松戸市[3]
生年月日 (1944-11-02) 1944年11月2日(78歳)
血液型 RH+A型[4]
職業 女優声優
事務所 劇団青年座[4]
公式サイト 片岡富枝|劇団青年座
公称サイズ([4]時点)
身長 / 体重 157 cm / 65 kg
女優活動
活動期間 1968年 -
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優活動
活動期間 1974年 -
ジャンル アニメ吹き替えゲーム
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

片岡 富枝(かたおか とみえ、1944年11月2日[4] - )は、日本女優声優劇団青年座所属[4]千葉県[4]松戸市出身[3]血液型はA型。

人物[編集]

江戸川女子高等学校卒業[3]舞台芸術学院講習科出身[5]。過去には劇団薔薇座[3]、劇団同人会、劇団櫂[6]、オフィス央、ぷろだくしょんバオバブ81プロデュースに所属[5]し、1991年に青年座に入団[4]

声種アルト[6]

所属する青年座主催の演劇での活動を主とするが、他劇団主催の演劇や、テレビドラマにも出演する。またアニメ吹き替えで声優としても活動している。

声優業では『オバタリアン』(絹代)、『ツヨシしっかりしなさい』(井川美子)に代表されるような、中年女性役が定番である。洋画吹き替えではウーピー・ゴールドバーグを担当している(ほぼ専属)。

2018年、第12回声優アワードにて功労賞を受賞[7]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1998年
2001年
2002年
2003年
2006年
2007年
2008年
2009年
2011年
2016年
2017年
2018年

劇場アニメ[編集]

1986年
1993年
2001年
2002年
2003年
  • 映画 あたしンち(熊田[18]
2007年
2008年
2012年
2015年
2018年

OVA[編集]

1990年
1991年
1993年
1997年
2003年
2020年

ゲーム[編集]

1998年
1999年
2002年
  • ガチャろく(おばちゃん)
  • ガチャろく2〜今度は世界一周よ!!〜(おばちゃん)
2005年
2011年
2013年
2018年
2022年
  • トライアングルストラテジー(グローマ・ユルギナ[22]

吹き替え[編集]

担当女優[編集]

ウーピー・ゴールドバーグ
キャシー・ベイツ
コンチャータ・フェレル
ジェニファー・ルイス
デラ・リース

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

その他コンテンツ[編集]

備考[編集]

母親は1912年(大正元年)9月1日生まれで、2022年110歳となった[34]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、376頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ 片岡富枝の解説”. goo人名事典. 2022年1月12日閲覧。
  3. ^ a b c d 週刊テレビ番組(東京ポスト)1988年2月5日号「プロフィール」46頁
  4. ^ a b c d e f g 片岡富枝”. 劇団青年座. 2014年1月7日閲覧。
  5. ^ a b 片岡富枝 講師ラインナップ”. 映像テクノアカデミア. 2020年1月28日閲覧。
  6. ^ a b 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、76頁。 
  7. ^ 「第十二回 声優アワード」主演賞は豊永利行さん、黒沢ともよさん!佐倉綾音さん&大西沙織さんは助演女優賞とパーソナリティ賞のW受賞.animate Times .2018年3月4日閲覧
  8. ^ フーセンのドラ太郎”. 日本アニメーション. 2016年8月2日閲覧。
  9. ^ フーセンのドラ太郎”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  10. ^ “ドン・ドラキュラ”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/45.html 2016年5月3日閲覧。 
  11. ^ 手塚治虫の ドン・ドラキュラ”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  12. ^ “大自然の魔獣バギ”. 手塚治虫公式サイト. https://tezukaosamu.net/jp/anime/60.html 2016年5月3日閲覧。 
  13. ^ エレキングthe Animation”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  14. ^ くまみこ Girl Meats Bear”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  15. ^ ドラえもん のび太と翼の勇者たち”. 映画.com. 2022年5月11日閲覧。
  16. ^ 千年女優”. マッドハウス. 2016年6月7日閲覧。
  17. ^ 千年女優”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  18. ^ 映画 あたしンち”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  19. ^ 崖の上のポニョ”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  20. ^ おおかみこどもの雨と雪”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。
  21. ^ おおかみこどもの雨と雪”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  22. ^ 「トライアングルストラテジー」,新たな登場キャラクターたちの情報が公開に。クラスアップなどのシステム情報も紹介”. 4gamer.net. 2022年1月27日閲覧。
  23. ^ "ステージド2 俺たちの舞台、アメリカ上陸!?". スターチャンネル. 2021年8月20日閲覧
  24. ^ カーズ2”. ふきカエル大作戦!!. 話題のふきカエ. 2022年1月12日閲覧。
  25. ^ カーズ/クロスロード”. ふきカエル大作戦!!. 話題のふきカエ. 2022年1月12日閲覧。
  26. ^ グーニーズ”. ふきカエル大作戦!!. 話題のふきカエ. 2022年1月12日閲覧。
  27. ^ 恋におちたシェイクスピア”. WOWOW (2016年6月24日). 2016年7月27日閲覧。
  28. ^ “プーと大人になった僕”. ふきカエル大作戦!!. (2018年9月14日). https://www.fukikaeru.com/?p=10304 2018年9月14日閲覧。 
  29. ^ 登場人物”. NHK. 2015年2月26日閲覧。
  30. ^ 現代への警鐘!?『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』を徹底解説”. ciatr (2018年3月27日). 2018年8月16日閲覧。
  31. ^ ティガームービープーさんの贈りもの”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  32. ^ 急成長中のドバイをおばちゃん集団がブラックに斬る「フリージ」、高畑淳子が吹替”. 映画ナタリー. 2018年12月5日閲覧。
  33. ^ モンスター・ホテル【話題のふきカエ】”. ふきカエル大作戦!!. 2012年9月29日閲覧。
  34. ^ otomi1102のツイート(1565613366017929216)

外部リンク[編集]