キテレツ大百科 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キテレツ大百科 > キテレツ大百科 (アニメ)
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(藤子不二雄(A)/(F)の丸A/F)が含まれています詳細
キテレツ大百科
ジャンル SFギャグ
アニメ
原作 藤子・F・不二雄[注 1]
監督 渡部高志(特番)→葛岡博(第1話-第43話)→
早川啓二(第44話-第331話)
脚本 雪室俊一山田隆司、照井啓司
青島利幸、並木敏、山崎忠昭
音楽 石田勝範(特番)→菊池俊輔
アニメーション制作 スタジオぎゃろっぷ
製作 フジテレビASATSU
放送局 フジテレビ系
放送期間 1987年11月2日(特番)
1988年3月27日 - 1996年6月9日
話数 全331話
木手英一(キテレツ)
コロ助
野々花みよ子
熊田薫(ブタゴリラ)
尖浩二(トンガリ)
木手英太郎(パパ)
木手美智子(ママ)
藤田淑子
小山茉美杉山佳寿子
山本百合子荘真由美本多知恵子
大竹宏龍田直樹
真夏竜吾三ツ矢雄二
田中秀幸屋良有作
梨羽由記子島本須美
テンプレート - ノート

キテレツ大百科』(キテレツだいひゃっか)は、藤子・F・不二雄[注 1]の漫画『キテレツ大百科』を原作としたテレビアニメ作品。

概要[編集]

藤子アニメ作品としてフジテレビ系列では初となる作品で、1987年11月2日に90分の単発のテレビスペシャル版として放送された。翌1988年3月27日からほぼ同一のスタッフ、キャストで毎週日曜19:00からテレビシリーズが、スペシャル版と同じくフジテレビ系で放送され、1996年6月9日の終了まで8年間(全331話)に亘る長期放送となった。その一方で、藤子アニメ作品では唯一長編アニメーション映画がない作品でもある。

テレビアニメ化に合わせてリメイク漫画の『新キテレツ大百科』が、田中道明の執筆によって『月刊コロコロコミック』で1988年5月号から連載を開始した(詳細は新キテレツ大百科を参照)。

原作は3年間(1974年1977年)という短期連載で話数が少なく、アニメ版はほとんどがオリジナルストーリーである。同じ藤子・F・不二雄の作品で「毎回不思議な道具を使った物語が展開する」という点でストーリー的に似通っている『ドラえもん』(テレビ朝日版第1期)との差別化を図る試みが続けられた。原作通りに時間軸が止まっているのではなく、国際花と緑の博覧会1990年)などバブル景気に沸く日本社会や、クイズ番組の出演をテーマとしたエピソードなど、放送当時の世相を反映した内容が描かれている。

キテレツたちが住む「表野町」は架空となっているが、西武鉄道の車両が多く登場し、勉三の通学先が高尾大学で、293話で近未来都市として多摩センターに赴き、330話で登場する橋の名称が「新多摩玉大橋」で、一戸建ての住宅街と商店街が形成されているなどから、多摩をモチーフとしていることが覗える。

『ドラえもん』とは異なり、リカーリング人物である妙子や五月、友紀等が遠方に移住する要素があるため、大百科で作り出した発明品や車、鉄道等でタイムスリップを伴わずに遠出するエピソードが複数存在。そのうち、上越新幹線北斗星山形新幹線などに乗り込むエピソードで写実的なのはその乗物と目的地である仙台や新潟、札幌等の大まかな風景のみであり(機関車等の番号が適当になっていたこともある)、キテレツが操るパソコンを初め、ゲームボーイミニ四駆といった放送当時に流行したアイテムも多く描かれている。

放送初期はキテレツが作った発明品が中心となって巻き起こるエピソードと、ゲストキャラクターが中心人物となり陰で発明品を使ってストーリーが展開する人情ドラマ仕立てのエピソードが互いに作られていたが、末期(1994年)に入るとブタゴリラや熊八の天然ボケさとトンガリのヒステリックな性格描写が強まるようになり、彼らが発端となって展開されるドタバタ・珍騒動的なエピソードも多かった。

1993年頃までは本放送のヒッチハイクとして、電気事業連合会が本作とタイアップしたテレビCM電気エネルギーの現況・家庭内の省エネを啓発する内容)を流し、放送休止の日にも流されていた。

改編期特番・7月の大方特別番組『FNSの日』・プロ野球中継(主に明治神宮野球場ヤクルト戦)のため放送休止になることが度々あり、1995年11月のフジテレビに至っては『ロミオの青い空』と共に一度も放送されなかった。

放送終了後、フジテレビにて1997年から2000年3月までローカル枠で断続的に再放送された。それ以降、番組購入ながら独立U局を中心としたローカル局アニマックスでテレビシリーズの再放送が行われているが、予告映像は一部の回やアニマックスの話数順での放送のみに留まっている。2015年には16:9HD画質にテレシネされたデジタルリマスター版として、6月18日にアニマックスで改めて1話から放送開始した。

話数が長大であり、全話のビデオソフト化が実現したのは2003年で、それ以前は1990年頃に小学館から発売されたVHSパッケージが最新だった。2010年7月10日からWiiの間「シアターの間」で第1回は無料・以後は有料で配信されていた。

放送時間[編集]

90分スペシャル『藤子不二雄のキテレツ大百科』
1987年11月2日:月曜夜7時30分 - 8時54分
1話15分、計6話が放送された。
元々は『月曜ドラマランド』の枠だが、アニメスペシャルのため入っていない。
レギュラー放送
1988年3月27日 - 1996年6月9日
毎週日曜日:夜7時 - 7時30分
初期は1回15分×2話放送していたが、第49話以降は1回30分×1話になった。

アニメ版と原作者[編集]

以下、制作者側のコメントを要約したもの。詳細については、それぞれのリンク先を参照。

藤子アニメの中ではキテレツが一番好きで、毎週かかさず見ています。 — 藤子・F・不二雄、アニマックス公式サイト [1]
藤子さんからは制作についての注文はなく、またクレーム等も一切ありませんでした。短い原作をよく長く作ってくれた、と満足して頂いていました。 — 雪室俊一(メイン・シナリオライター)、雪室俊一インタビュー [2]

終了について[編集]

度重なる終了延期[編集]

アニメ版は放送開始から6年を経た1994年春に終了が一旦決定し、同年初頭の時点で最終回である「愛のフィナーレ! さよならコロ助大百科」が制作・完成している。しかし後番組が決定せず、結局は「後番組の体制が整うまで適宜延長する」という対応が取られた。結局後番組となる『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の制作が決定したのは1996年初頭のことで、同作が放送開始となる同年6月まで、『キテレツ大百科』は2年以上もの間放送延長するという異例の事態となった。

番組の終了[編集]

放送は『こち亀』の放送が1996年初夏と決定したことから、既に完成していた最終話を含めて全332話と調整、1996年6月16日終了の予定だった。しかし終了直前、5月26日放送分の枠にバレーボール女子アトランタオリンピック世界最終予選の中継(日本対ルーマニア戦)が入ることが決まったことから、6月2日放送予定だった実質的な最後の制作話「ルルル! 未知からのメッセージ」が制作途中で中止されてお蔵入りになり、スタッフは『こち亀』の制作に移行した[注 2]。そして一週間繰り上げて6月9日に2年前に完成していた最終回が放送され、アニメ版は8年の放送にピリオドを打った。その約3ヶ月後、原作者の藤子・F・不二雄は逝去した。

原作との結末の差異[編集]

原作では、ママの手違いで大百科がゴミに出されて、くまなく探したものの、焼却され灰になってしまったのを機に「今度は自分が発明品を考えていく番だ」とキテレツが自覚するところで終了するが、アニメ版では以下のように大きく変更された。

大百科が空き巣に盗まれ、空き巣の男が大百科をゴミ収集車に投げ入れていたことを熊八から聞き、愕然とするキテレツ。その後、奇天烈斎に大百科を貰うために過去の世界(江戸時代)へ行き、キテレツは奇天烈斎と出会う。その際コロ助が奇天烈斎の亡き息子をモデルに設計されたという事実が判明する。結果としてコロ助は過去に残って奇天烈斎と共に暮らす決心をするという、原作にはなかったキテレツとコロ助の別れという展開が描かれた。なお、キテレツが「今度は自分が発明品を考えていく番だ」と自覚する部分は原作とほぼ一緒である。なお、初期のアニメエピソードでキテレツが「大百科のデータは全て(自分の)パソコンに入れてある」と言っているエピソードがあるが、一度パソコンのデータを誤って消去したことがあり、それ以降データを入力したという描写はない。

登場人物[編集]

スタッフ[編集]

特番[編集]

テレビシリーズ[編集]

  • 原作 - 藤子不二雄藤子・F・不二雄
  • 企画 - 石川泰平 → 清水賢治(フジテレビ)、片岡義朗(ASATSU[注 3]
  • 監督 - 葛岡博(第1話-第43話)→ 早川啓二(第44話-第331話)
  • 総作画監督 - 丹内司小林一幸渡辺はじめ時永宜幸、山内昇寿郎
  • 美術監督 - 小林七郎 → 柴田聡
  • 美術設定 - 形山正、柴田聡、縫部文江、白石誠、小坂部直子
  • 撮影監督 - 杉村重郎(一時期は清水泰宏) → 枝光弘明
  • 音響監督 - 小松亘弘
  • 音楽 - 菊池俊輔
  • 編集 - 掛須秀一、和田至亮、関一彦、伊藤裕
  • 音響制作 - 青二企画
  • 効果 - イー・アンド・エム・P→片岡陽三
  • 選曲 - 宮下滋
  • 録音 - 蔵本貞司
  • 音響プロデューサー - 黒田洋
  • 制作担当 - 若菜三樹雄
  • 連絡デスク - 安達英男(STAFF21)
  • アシスタントプロデューサー - 小板橋司 → 越野武司、大塚義雄、早坂仁、加藤敏幸(STAFF21)
  • 制作デスク - 小板橋司 → 越野武司 → 加藤敏幸 → 重松征史
  • 制作進行 - 和崎伸之 → 岩崎輝久 → 大塚義雄 → 重松征史、荒川浩介、高山昌義 → 草間稔
  • 広報担当 - 重岡由美子 → 名須川京子 → 川崎悦子 → 高橋正秀 → 小中ももこ → 熊谷知子(フジテレビ)
  • プロデューサー - 清水賢治 → 不在 → 和田実 → 鈴木吉弘 → 鈴木専哉(フジテレビ)、片岡義朗 → 石川一彦 → 山崎立士杉山豊 (ASATSU[注 3])、菅野てつ勇(STAFF21)、若菜章夫(スタジオぎゃろっぷ)
  • 企画協力 - STAFF21
  • アニメーション制作 - スタジオぎゃろっぷ
  • 制作 - フジテレビASATSU[注 3]

主題歌[編集]

90分スペシャル番組(1987年11月2日放映)[編集]

  • オープニングテーマ
  • エンディングテーマ
    • 「コロ助まちをゆく」
      • 作詞 - おこちそう / 作曲・編曲 - 細野晴臣 / 歌 - 山田恭子

TVシリーズ(1988年3月27日 - 1996年6月9日放映)[編集]

変遷[編集]

話数 放送日 オープニング アーティスト エンディング アーティスト
SP 1987年11月2日 キテレツ大百科のうた 堀江美都子 コロ助まちをゆく 山田恭子
第1回 - 第16回 1988年3月27日 - 1988年7月10日 お嫁さんになってあげないゾ 守谷香 マジカルBoyマジカルHeart 守谷香
第17回 - 第24回 1988年8月14日 - 1988年10月23日 レースのカーディガン 坂上香織
第25回 - 第60回 1988年10月30日 - 1989年8月20日 ボディーだけレディー 内田順子 コロ助ROCK 内田順子
第61回 - 第86回 1989年8月27日 - 1990年3月25日 夢みる時間 森恵 フェルトのペンケース 森恵
第87回 - 第108回 1990年4月15日 - 1990年10月21日 はじめてのチュウ あんしんパパ メリーはただのトモダチ 藤田淑子
第109回 - 第170回 1990年11月4日 - 1992年3月29日 スイミン不足 CHICKS はじめてのチュウ あんしんパパ
第171回 - 第212回 1992年4月19日 - 1993年4月18日 お料理行進曲 YUKA HAPPY BIRTHDAY YUKA
第213回 - 第291回 1993年4月25日 - 1995年3月19日 はじめてのチュウ あんしんパパ
第292回 - 第310回 1995年4月23日 - 1995年10月22日 うわさのキッス TOKIO
第311回 - 第331回(最終回) 1995年10月29日 - 1996年6月9日 はじめてのチュウ あんしんパパ

各話リスト[編集]

90分スペシャル[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 大発見!キテレツ大百科 雪室俊一
山田隆司
照井啓司
渡部高志
湯山邦彦
早川啓二
渡部高志
早川啓二
丹内司 1987年
11月2日
2 つよいぞ!唐倶利武者
3 しん気ろうでやっつけろ
4 空のご用はキテレツ航空
5 片道タイムマシン
6 キッコー船の大冒険

TVシリーズ[編集]

放送局[編集]

系列は放送終了時点(打ち切りの場合は打ち切り時点)のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
青森県 青森テレビ TBS系列 遅れネット
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 1991年3月まで
岩手めんこいテレビ フジテレビ系列 同時ネット 1991年4月開局から
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 山形テレビ 遅れネット 1993年3月まで[3]
テレビユー山形 TBS系列 1993年4月から
山形テレビのテレビ朝日系列へのネットチェンジに伴う移行[4]
福島県 福島テレビ フジテレビ系列 同時ネット
新潟県 新潟総合テレビ
長野県 長野放送
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 遅れネット
静岡県 テレビ静岡 フジテレビ系列 同時ネット
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ
広島県 テレビ新広島
山口県 山口放送 日本テレビ系列 遅れネット
岡山県
香川県
岡山放送 フジテレビ系列 同時ネット
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 テレビ高知 TBS系列 遅れネット
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列 同時ネット
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎 遅れネット
→同時ネット[5]
熊本県 テレビくまもと 同時ネット
大分県 テレビ大分 日本テレビ系列
フジテレビ系列
遅れネット[6]
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列 遅れネット
→同時ネット
[7]
沖縄県 沖縄テレビ 同時ネット

再放送[編集]

番組購入による放送。

日本国外での放送[編集]

台湾
衛視中文台東森幼幼台MOMO親子台
香港
亞洲電視本港台
韓国
カートゥーン ネットワーク
マレーシア
TV3(2007年3月から2014年5月まで放送)
タイ
Channel 5Modernine TV
インドネシア
Trans7

関連商品[編集]

音楽CD[編集]

主題歌集
  1. キテレツ大百科ソングコレクション'92』(1992年6月21日発売、COCC-10044)
    • TVシリーズの主題歌と、「コロちゃんパック」に収録された「キミと結婚したら!」、新録「コロ助ロック'92」が収録されている。
  2. キテレツ大百科 スーパー・ベスト』(2004年1月21日発売、COCX-32549)
    • 90分スペシャルとTVシリーズの主題歌や、「コロちゃんパック」に収録された楽曲などが全曲収録されているが、「コロ助ロック'92」のみ未収録。
コンピレーション
  1. 藤子・F・不二雄 生誕80周年 藤子・F・不二雄 大全集』(2014年11月26日発売、COCX-38881/5)

ビデオソフト[編集]

小学館発売
  • キテレツ大百科(小学館ビデオ、販売元:セル版ポニーキャニオン、レンタル版東宝
    • 1987年放映のスペシャル版と、1989年前半までに放送された本編作品の傑作選集がある。
ファイブ・エース発売

うる星やつら』などのビデオソフト発売を手がけるキティフィルム子会社の「ファイブエース(5-Ace、現在はキティライツ&エンターテインメントへ統合)」がビデオ化権を獲得し、1988年から最終話までの全話が2003年5月から2004年にかけてビデオソフト化された。また、それに先駆けて2002年11月から「よりぬきキテレツ大百科」のタイトルでVHSソフトも発売されている。なお、いずれも映像の修繕はほぼ為されていない。1987年のテレビスペシャルは現在未DVD化である。

  • 「よりぬきキテレツ大百科」(販売元:ポニーキャニオン)
    • VHS版で1993年頃までの本編から選り抜いた一部作品を収録(一巻4話:全30巻)
TCエンタテインメント発売

2010年藤子・F・不二雄ミュージアム開業記念企画として発売された「藤子・F・不二雄TVアニメアーカイブス」シリーズ(発売元:TCエンタテインメントテレビ朝日 販売元:スーパービジョン)に選り抜き形式で収録されている。

備考[編集]

  • 前述の通り、韓国ではカートゥーン ネットワークで放送されているが、登場人物はコロ助を除いて全て韓国人名に変更されている。また、日本語で書かれている所の表示画面は全てハングルに書き換えられている。
  • 2012年にサンテレビジョンで放送されていた再放送分は番組改編期に打ち切りになる予定だったが、翌日以降にサンテレビジョンの視聴者センターに「なぜ途中で終わらせたのか?」といった視聴者からの問い合わせが殺到し、同局は仕方なく時間帯を変更し継続して放送する事態になった(事実として変更前の回で「次回から時間帯を変更して放送します。」というテロップはなかったうえ、放送までにある程度期間も空けられた)。
  • 2015年6月18日からアニマックスで放送中のリマスター版は、世界名作劇場の再放送用HDマスターや、ドラゴンボール改・魔人ブウ編のようにマスターフィルムの左右を目一杯使った映像ではなく、本来の画面アスペクト比である4:3映像の上下に黒帯をつけて放送していた。そのため、オープニングとエンディングの歌詞テロップなど映像の一部が見えなくなっている。

参考文献[編集]

  • 『キテレツ大百科 アッとおどろくからくり道具大図解』小学館〈コロタン文庫〉115、1990年

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 特番は藤子不二雄名義。テレビシリーズ第40話までは藤子不二雄Ⓕ名義。
  2. ^ 上野にある西郷隆盛像が盗まれて、八百八の前に置かれるという話になる予定であった(藤子FCネオ・ユートピア|雪室俊一インタビューより)。また、この話は雑誌等に放送予定として既に掲載されていた。のちにスタッフが「未完成で放棄した」旨を明らかにしている。
  3. ^ a b c 制作クレジットの表記は『ASATSU』だが、企画とプロデューサーのみ旧社名である『旭通信社』と表記していたため、当時の社名と旧社名が混在することになる。
  4. ^ 放送時のクレジットは「スイミン不足」だったが、CDなどでは「すいみん不足」の表記も見られる。
  5. ^ 夕方枠であったにも拘わらず高視聴率を記録し、スポンサーがついていた。
  6. ^ 2008年4月2日で全話の放送が終了した。
  7. ^ 2012年8月1日で、水曜17:30 - 18:00に週1回放送していた、全話の放送が終了した。その後、視聴者のリクエストなどを受け、2014年10月7日より2周目の放送を開始。同年12月までは平日17:00 - 17:30で、2015年1月より現在の放送時間。
  8. ^ 2008年2月28日で全話の放送が終了したが、2012年4月2日から再び第1話から放送。なお従来放送していた17:15 - 17:45は5時に夢中!の同時ネット開始に伴い朝に移行して、2013年8月22日に再び全話の放送が終了した。
  9. ^ 2008年3月までは火曜 7:15 - 7:45で放送。2011年9月12日で全話の放送が終了した。
  10. ^ 2016年3月30日で全話の放送が終了した。

出典[編集]

  1. ^ キテレツ大百科(アニマックス公式サイト)
  2. ^ 雪室俊一インタビュー(NU SPECIAL INTERVIEW)”. 藤子不二雄FCネオ・ユートピア. 2014年3月10日閲覧。
  3. ^ 放送当時、当該時間帯では日本テレビ系列の番組を同時ネットしていた関係で、数週遅れの月曜19:30に放送されていた。
  4. ^ ただしネットチェンジによる放映権移行後も、近隣のフジテレビ系列局(新潟総合テレビ・福島テレビ・仙台放送・秋田テレビ)をケーブルテレビなどで受信できた場合は同時ネットで視聴できた。
  5. ^ 1990年9月までは遅れネットだったが、同年10月以降は同時ネットとなった。
  6. ^ 両局とも、当該時間帯では日本テレビ系列の番組を同時ネットで放送。
  7. ^ 1988年6月時点で日曜18:00 - 18:30にて放送されている(『アニメージュ』1988年7月号(徳間書店)全国縦断放映リスト118頁より)。日本テレビ系列とのクロスネット局だった1994年3月までは当該時間帯はテレビ大分、テレビ宮崎両局同様日本テレビ系列の番組を同時ネットしていた関係で遅れネットだった。その後1994年4月の鹿児島読売テレビ開局に伴うフジテレビ系列マストバイ化に伴い、同時ネットとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 日曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
キテレツ大百科