えびはら武司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
えびはら 武司
(2019年10月)
(2019年10月)
生誕 (1954-06-05) 1954年6月5日(65歳)
日本の旗 日本京都府
職業 漫画家
活動期間 1980年 -
ジャンル 少年漫画
代表作まいっちんぐマチコ先生
公式サイト えびはら武司・マチコ先生 公式サイト
テンプレートを表示

えびはら 武司(えびはら たけし、男性、1954年6月5日[1] - )は、日本漫画家京都府で生まれ、8歳時に千葉県に移り住む[1]

人物[編集]

1973年から1975年にかけてフジコスタジオに所属していた[1]藤子不二雄には10人以上のアシスタントがいたが、ファンからアシスタントになったのはえびはらが初であるため、「藤子の最初の弟子」と称される[2]ジャイアンの本名、武(たけし)はえびはらの名から取られたという[3]

フジコスタジオ退社後は広告代理店に勤め[1]1980年3月に少年チャレンジ掲載の『マチコ先生のパンティー』を発表[1]。上京後、同年5月より『まいっちんぐマチコ先生』を連載開始[1]。連載開始後は千葉県に戻る[1]。2000年に日本工学院専門学校蒲田校講師となる[注 1][1]

代表作『まいっちんぐマチコ先生』は、アニメ化や実写映画化もされた。2001年以降は『コミック伝説マガジン』、『B.L.T.』などで新作を連載している[1]

ちなみに、まいっちんぐマチコ先生を描こうと思った理由は、「藤子不二雄先生の影響を強く受けすぎて、どうしても先生の漫画と似たような話ばかりを描いてしまうため、先生が嫌いな過剰なお色気漫画に挑戦した結果、産まれた作品」とインタビューの中で語っている。[4]

なお、『西原理恵子の人生画力対決』第113回(単行本第7巻収録)で、『ドラえもん』の「源静香の入浴シーンを描いていた」と語っていたとされるが、えびはらの手によるものは身体だけであり、顔は藤子・F・不二雄が描いていたとのことである。

主な作品[編集]

師匠[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年現在も同校の講師であるかは不明であるが、公式サイトのnewsによれば、2012年時点では何らかの講師の職に就いており、2013年 こざきゆう他との共著『からだのひみつ』p.88でも、「専門学校の講師」であるとされる。

出典[編集]

外部リンク[編集]