御茶漬海苔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

御茶漬海苔(おちゃづけのり、1960年4月12日 - )は、日本漫画家神奈川県川崎市出身。男性。血液型はO型。

多数のホラー作品を執筆するほか、実写ホラー映画の監督も務めている。ペンネームに姓名の区切りはなく、インタビューなどでも「御茶漬海苔」と略されない表記を用いる。

影響を受けた漫画家は手塚治虫大友克洋。得意な学科は理科。

来歴[編集]

金物店の長男として生まれる。一人っ子で奔放に育てられた一方、小学生の頃から店番を手伝うなど評判のいい子供だった。当時は高度成長期で活気があったが漫画を売る書店は少なく、通っていた小学校の近所にあった貸本屋から借りた漫画を読んでは真似をして絵を描いていたという。

高校に進学後、自らが中心となって漫画研究会を設立。大学生になってからは漫画仲間に声をかけ同人誌を制作、即売会に出品したところ1日で数百冊を売り上げる人気サークルとなった。この時期にえびはら武司に師事、アシスタントとして働き始める。20歳になった頃に少年サンデーを読んだところ、あだち充がアシスタントを公募していることを知り、えびはらには一切相談せず無断で応募。しかしあだちの担当編集者がえびはらと交流があったため、えびはらの元へ「あなたのところで働いているアシスタントが応募してきている」と電話連絡がありあっさりとバレてしまったという。えびはらは「何故黙って申し込んだんだ」とたしなめるだけで済ませ、御茶漬海苔は「あだち充先生に是非会いたいのでお願いします」と頼み込み面接へ向かう許しを得た。最終選考まで残ったが落選、帰り道で駅まで送ってくれた小学館の編集者から「君は上手いから頑張ってプロになりなさい」と励まされたことをきっかけに独立を志すようになる。なおその際の編集者が最初の担当である。

大学卒業後は実家の金物店を継ぐことが決まっていたが、家業をおろそかにして部屋にこもり漫画を描いていたため「両親との言い争いが絶えなかった。夕飯は常に喧嘩の場だった」と述懐している。最終的に金物店の後継ぎになる約束は破断し「月に8万円を家に入れる」ことを条件に(昭和60年頃の大卒初任給は12~13万円程度である)一人暮らしを始め、アルバイトをしながら休日は1日中漫画を描く多忙な日々を送った。

1984年、『精霊島』(「レモンピープル」あまとりあ社)でデビュー。デビューからしばらくの間はSFを好んで描いていたが読者からの評価は芳しくなく、ある時ホラー特集があったためホラー漫画を描いたところ「その回に限ってアンケートの結果が異常に高かった」と述べるほど好評を得る。これを機に本格的にホラー漫画家へと転向した。

2000年代に入って実写映画制作に携わるようになり、監督も務めた。しかし本人の弁によると「映画はカメラワークや音、ライティングによる演出など刺激的で楽しい世界だが、その反動でネームがなかなか通らなくなり、漫画の中でストーリーを上手く表現する工夫が思いつかなくなった」という。このスランプが紙とペンのみで描く漫画の奥深さを見直すきっかけになったとも述べている。

同じくホラー漫画家の古賀新一伊藤潤二と交流があり、お互いの世界観をクロスオーバー作品として共同映像化するプロジェクト「古潤茶」に参加している。犬木加奈子とも親交がありイベントに共同参加することもある。

以前は性別も含めたほとんどの経歴が不詳だったが、インターネットが普及してからはメディア露出が増え美術講師を勤めるなど活動の幅を広げており、インタビューの中で「本名以外は特別隠していたわけではない」と明かしている。

デビュー当時から「引きこもり漫画家」と自認しており、仕事中は外出せず1日のほとんどを自室の中で過ごすという。

作風[編集]

初期は柔らかい線の中性的なタッチだったが、ホラー漫画家へ転向してからは大きく見開いた目、細い体つきが特徴の独特のシャープな絵柄がトレードマークになった。本人は「昔から洋画のホラー映画が好きで、他のホラー漫画家の皆さんとは絵のタッチが違うものになっていった」と解説している。

人間の心理そのものの恐怖を描くサイコ・サスペンスに定評があり、クローンや近未来のディストピアといったSF的要素を取り入れることも多い。

ページの縦幅いっぱいに長い吹き出しを書き、太いゴシック体で擬音を入れる特徴的なコマ割りを好んで用いる。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

  • 砂のテレビジョン(1985年刊 久保書店、全1巻)
  • リーンカーネーション(1986年刊 東京三世社、全1巻)
  • 魔王グール -ネビルストーン伝説- (1987年刊 朝日ソノラマ『バトルマシーン』(アンソロジー)掲載、全1巻)
  • 惨劇館(1987年 - 1993年刊 朝日ソノラマ『ハロウィン』連載、全10巻) - 講談社より文庫版が刊行、1996年 - 1997年刊 全3巻
  • ネビロスの双児(1988年刊 東京三世社、全2巻)
  • 13日の御茶漬海苔(1988年刊 朝日ソノラマ、全1巻) - 新装版刊行、1993年 全1巻
  • クルクル(1988年 - 1989年 朝日ソノラマ『ハロウィン』連載、全1巻) - ぶんか社からも新装版刊行、 1996年刊 全1巻
  • 姫(1991年 - 1992年刊 少年画報社、全3巻)
  • チョーク(1991年 - 1992年刊 リイド社、全5巻) - 『恐怖学園 指輪』のタイトルで電子書籍化されている。
  • 妖怪物語(1993年 - 1994年 ぶんか社、全3巻)
  • 恐怖実験室(1994年 - 1996年 秋田書店サスペリア』連載、全5巻)
  • 恐怖テレビ(旧名 TVO、1994年刊 ぶんか社『ホラーM』連載、全4巻)
  • 暗黒辞典(1995年 - 1997年刊 ぶんか社『ホラーM』連載、全4巻)
  • 魔夜子ちゃん(1995年 - 1997年刊 リイド社『恐怖の館DX』連載、全3巻)
  • 痛いんです(2012年刊 メディアファクトリー『コミックエッセイ劇場』連載、全1巻)
  • 斬殺サーカス(学研『Manga Samurai Style』連載、2013年 - 2016年、全2巻)
  • 私立探偵ナルナル(2014年 - 、書き下ろし)
  • 地獄博士とネコ(2014年 - 、幻冬舎コミックスコミックスピカ』連載) - 掲載誌の休刊により中断。
  • 惨劇館リターンズ - 電子書籍でテーマ毎に収録された傑作選。朝日ソノラマから刊行された『大惨劇館』(『ハロウィン』の増刊)に掲載された作品が中心。『進化したゴキブリ』『ダイオキシン』は単行本未掲載作品。

デザイン[編集]

コミカライズ作品[編集]

実写映画等[編集]

  • TVO 恋愛犯罪映画(監督:太田達也)
  • 惨劇館(監督:御茶漬海苔)
  • 惨劇館 夢子(監督:久保山努 )
  • 惨劇館 -ブラインド-(原作・脚本・監督:御茶漬海苔)
    • 古賀新一、伊藤潤二との共同プロジェクト「古潤茶」の1作品
  • 姫 一人の少女の物語(監督:藤井道人)
    • 作者本人も俳優として出演している。

外部リンク[編集]