宮崎美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやざき よしこ
宮崎 美子
本名 宮崎 美子
(みやざき よしこ)
生年月日 1958年12月11日(57歳)
出生地 日本の旗 日本熊本県
国籍 日本の旗 日本
身長 157cm
血液型 A型[1][2]
職業 女優タレント
ジャンル 映画テレビドラマバラエティ番組
活動期間 1979年 -
配偶者 なし(離婚歴あり)
主な作品
テレビドラマ
2年B組仙八先生
映画
雨あがる

宮崎 美子(みやざき よしこ、1958年12月11日[1][2] - )は、日本女優タレントである。

熊本県出身[1][2]ホリプロ所属[1]1991年宮﨑 淑子(みやざき よしこ、「﨑」の字は山偏に竒)と改名するが、2000年に本名の宮崎美子に戻す。

略歴[ソースを編集]

幼少期[ソースを編集]

生まれてから幼稚園までは熊本市に住んでいたが、父親の転勤で大阪府豊中市大阪市へ。豊中市立南桜塚小学校に進み大分市に住む。大分市では大分市立春日町小学校を卒業、小学校在学当時からミュージカルやアナウンスなどに興味を持つ。小学生の頃から知識が豊富で、担任の教師が知らない特殊な漢字を知っていたりするなど博学であった。

大分大学教育学部附属中学校(現:大分大学教育福祉科学部附属中学校)から、1974年4月、大分県立大分上野丘高等学校に500点満点中499点というトップの成績で進学する[3]。2年生に進級する際、熊本市健軍に戻り熊本県立熊本高等学校編入学。将来ジャーナリストを志すようになるが、1970年代の当時は社会派女性ジャーナリストとして活躍できる分野が極めて少なく、女性でも十分活躍できる法曹公務員の進路も考えていた。

その後、熊本大学法文学部法学科(現:法学部法学科)に入学する[3]。大学でのゼミは「現代の政治」(岡本宏教授)を専攻した。

カメラのCMで有名に[ソースを編集]

大学入学後、当時熊本にあった百貨店岩田屋伊勢丹(現:県民百貨店)のポスターモデルとして、ビキニ姿を披露している。さらに同大学写真部の友人が彼女をモデルにしたブロマイドを作り、それがキャンパスの至る所で目に付き、大学では有名人であった。

熊本大学3年生の1979年10月、偶然朝日新聞で見つけた「篠山紀信が撮る!週刊朝日“キャンパスの春”」の表紙モデルに応募[1]。多くの応募者がスタジオで撮った写真を添えて応募していたが、当時交際していた医学部の学生が撮った、化粧けのない素っ気無いスナップ写真を添えて応募。逆にその素朴さが審査員の目に留まり、応募者約1000人のうちの50名の写真選考を通過し、面接後に最終合格者の10名に選ばれる。12月に東京で撮影。普通、素人モデルは撮影に数時間かかるが、宮崎はほんの十数分で終わった。1980年1月、「週刊朝日」1980年1月25日号の表紙を飾ることになる[1]。撮影後には篠山からグラビアモデルの誘いがあったが、家族に水着姿を見られるのが嫌でその時は断った。2月に直接、篠山紀信からミノルタ(現:コニカミノルタホールディングス)のCMへの出演依頼がある。ちょうど春休みで時間があり、撮影地のサイパンに旅行気分で行けるという理由でその依頼を受けた。

同年、ミノルタ一眼レフカメラ「X-7」のテレビCMに出演し[1]、木陰でTシャツとGパンをはにかみながら脱いでビキニ姿になるという内容で、大反響となる[4]。また、『The・かぼちゃワイン』のヒロイン・朝丘夏実(通称エル)は、このCMに出演していた宮崎がモチーフになったとされている。

このTシャツとGパンを脱いでビキニ姿になる動作は、落語家の金原亭世之介(当時:金原亭駒平)の舞台芸や、志村けんの『8時だョ!全員集合』中のコントでお腹の贅肉をつかみ「ミヤザキヨシコォー」と叫ぶ芸でも評判になる。1980年11月に放送された『クイズダービー』(TBS、第250回)では、そのミノルタCMの問題が出題され、正解発表時には金原亭世之介が登場、その宮崎の舞台芸を披露している。

さらにCMに使われていた曲も評判になり、このCMコピーを担当した糸井重里が、30秒だけであったCMソングに歌詞を付け足し「いまのキミはピカピカに光って」(作曲:鈴木慶一、唄:斉藤哲夫)としてレコードも急遽発売されるに至るなど、社会現象化した。

宮崎の出現は、それまでのグラビアモデルはスリムでなければならないという概念を崩すものであり、後に小学館の雑誌「GORO」で、篠山が撮影するグラビアに登場する。ワンピース水着で乳首の隆起も露わなまま、仰向けに横たわるカットがあった。

CMモデルから女優へ[ソースを編集]

このCMで各マスコミ媒体に登場する機会が増え、雑誌やテレビにも出演。当時、現役大学生の硬いイメージと宮崎の柔らかいイメージのギャップが、必ずといっていいほど記事に取り上げられ、その後1980年代以降の「才色兼備の女子大生タレント」というジャンルを定着させた。

もともとジャーナリストを志願していたことが、1980年4月、地元熊本放送の番組レポーターになる。

5月にはTBSから熊本放送の制作部長を通じて『ポーラテレビ小説』の主演女優の依頼があるが、断り続けていた。6月になると、番組担当のTBSのプロデューサーとディレクターが熊本の実家まで何度も来て、出演説得を続けた。その結果、後に、ポーラテレビ小説『元気です!』(1980年10月 - 1981年3月)で主演を務め、女優デビューを果たす[1][5]。ただ、東京の大学生のように、撮影の合間に頻繁に通学できる環境ではなく、ドラマ出演と熊本での大学生活を両立させるのは困難であった。その結果、必須科目の単位不足等で、翌春に控えた大学卒業が事実上不可能となることにも繋がった。

『元気です!』のクランクアップ後はすぐに『2年B組仙八先生』(1981年4月 - 1982年3月、本来9月までの半年放送予定であったが、途中で1年に放送期間を変更)の出演も果たした[1]。それらの撮影中も週に1時限のゼミに出席するため、毎週 東京-熊本間を飛行機で往復し、入学から5年かけて1982年3月に大学を卒業した。その後、女優としての才能が開花し、順調にテレビ、映画、舞台とその活躍の幅を広げていった。

私生活では1989年に結婚したが、1年4ヶ月で離婚。相手は『2年B組仙八先生』のアシスタントディレクターを務めていたイースト(当時)の上川伸廣。結婚に至るまで数年にわたり、同棲に近い生活を送っていたと言われる。上川は現在もテレビ業界で活躍しており、宮崎と仕事で顔を合わせることも少なくない。

クイズ番組での活躍[ソースを編集]

大学2年生の時に、クイズ番組「アップダウンクイズ」に出場した事がある。この時は3問正解であった。

『クイズダービー』では1981年10月より、女優の長山藍子の後を受け継いで6代目の2枠レギュラー解答者として、約2年間出演した。レギュラーなりたての頃は全問不正解の回もあったが、正解率は3割9分7厘(平均3勝5敗ペース)の成績で、また連勝記録でも歴代4位となる10連勝を達成している。なお、宮崎の頃から2枠レギュラーは若手女性タレント枠となるが、若手女性タレントの中では一番良い正答率だった。レギュラー出演降板後も、1986年3月には竹下景子の産休代役として、4枠の席に座ったこともあるが、その時も4勝4敗&5勝3敗の合計9勝7敗、正解率.563の成績を残した。2012年の「クイズダービー2012」では4枠に座り、4問全問正解している。

春と秋に特番として放送のテレビ朝日系のクイズ番組『タイムショック』でも、登場するときは必ずすべての問題を正解している。ほとんどがパーフェクトで、特に2012年9月放送の「トーナメント大会」決勝では2回連続パーフェクトという番組史上初の快挙を達成した。まさに無敵の女王である。

Qさま!!』で日本漢字能力検定1級に合格した。準1級に合格した数ヵ月後に1級に挑戦し、事前のテストで満点だったが、合格点の160点に9点及ばず、151点で不合格となった。その後、再挑戦して見事175点で1級合格した[6]

女優という枠を越え、麻木久仁子らと「知的な熟年女性タレント」「インテリ女優」「高学歴女優(役者)」として出演する機会も多い(ただ、早押しクイズは苦手で、『熱血!平成教育学院』の漢検早押しクイズではなかなか解答できず、2回目には宮崎専用の少ない力で反応する早押しボタンが用意されたが、それでも解答は困難だった)。

レギュラー出演している『くりぃむクイズ ミラクル9』ではかつてレギュラーだった有吉弘行を互いにライバル視していた(なお、番組中に有吉がつけたあだ名は「クイズおばさん」)。

人物[ソースを編集]

バイクブームだった1980年代半ばに、普通自動二輪免許(当時は中型限定免許)を取得している。ヤマハのスクーターサリアンのCMに出演していた縁からか、一時期ヤマハSRX250Fを所有していたという。

故郷のサッカークラブ・ロアッソ熊本の社長である岡英生とは熊本高校時代の同級生という縁もあり、ロアッソ熊本の試合が行なわれる際は、マネージャーを帯同させずに1人で応援に行ったりしている。また、ロアッソ熊本の情報誌「K'move」にも応援コメントを寄せている。

また、熱狂的な阪神タイガースファンとしても知られており、2003年度のリーグ優勝達成時にはテレビ番組の企画で自らの公約である「六甲おろしをBGMにチアガールをする」ことに挑戦したという。本来は「チアガールになって甲子園で応援する」約束だったが、スケジュールの都合で甲子園での応援が出来なかった。選手としては江本孟紀の熱烈なファンだったという。

爆笑レッドカーペット』がきっかけでもう中学生のファンになる。ただし、ファンというより「テレビに出ている息子を心配しながら応援するお母さんという感じ」である。

2010年7月20日放送の「芸能人こだわり王講座 イケタク」で、水晶等の鉱物系の石をコレクションしている事が紹介された。

ミノルタCM関連[ソースを編集]

CMの宮崎バージョンがあまりにもインパクトがあったため、別の2人の女性モデルが同じ動作をして収録済みであった第2弾・3弾のCMバージョンはお蔵入りとなってしまい、彼女らは日の目を見ることはできなかった。一人は宮崎より年長のプロのモデル、もう一人は一般の高校生だったという。

宮崎が出演したCMには他に「ゆかた編」「水撒き編」「ハンモック編」もあった。1981年も宮崎がCMキャラのまま、ミノルタX-7の新CMが制作されている。同年夏期に放送された「ビキニ姿でフリスビーに興じる」バージョン(スローモーションで豊かな胸と腹が豪快に上下動)は、「Gパン脱ぎ」を超えるセクシー映像として隠れたファンも多い。CMソングもRCサクセションの「こんなんなっちゃった」や、CINEMA(松尾清憲が在籍)の「君のプリズナー」に変更となっている。

この時期は他のカメラ会社も、ミノルタX-7と同様のシンプルで低価格な自動露出一眼レフを続々と発売していた。1979年にはオリンパスOM10という機種を発売。同機種のCMモデルは、アイドル歌手から女優に転じたばかりの大場久美子で、水着ポスターなどはそれなりに話題だったのだが、翌年の宮崎の登場により、すっかり影が薄くなってしまった。

1982年からは宮崎に代わり、斉藤慶子がミノルタの顔になっている(ただしX-7のCMには出ていない)。当時の斉藤も、宮崎と同じ熊本大学の学生だった(宮崎の3年下)。ただし、宮崎は半年留年で熊本大学を卒業しているが、斉藤はタレント活動を優先し大学を中退している。宮崎いわく「斉藤さんが入学してきたときは可愛いと大騒ぎだった」という事だったが、宮崎の入学時も「アグネス・ラムみたいな新入生がいる」と大騒ぎだった。『クイズダービー』の宮崎の後任のレギュラーや、宮崎司会の『気分はパラダイス』の後任アシスタントがいずれも斉藤と、この2人にはその後も因縁がある。

CMのパロディを演じていた志村けんは、実は宮崎の大ファンだった。1980年のTBS秋の特番で、志村は宮崎と初めて顔を合わせる。加藤茶ら他のドリフメンバーに「好きなんだろ!」と茶化されながら宮崎の隣に押し出された志村は、テレビカメラの前でありながら、強烈に照れて真っ赤になり口もきけないという素人同然の状態になってしまい、照れ隠しに宮崎の尻を触って逃げている。後に志村は学研の雑誌「BOMB!」の宮崎特集の号で宮崎と対談し、「ドリフのほかのメンバーは、あのCMのよさが理解できないんだよね」などと語っている。志村とは2009年10月から『となりのマエストロ』で共演している。同番組内では夫婦という設定である。

The・かぼちゃワイン』の作者三浦みつるは、たまたま見ていた宮崎の着替えCMにインスピレーションを喚起され、同作の連載に取り掛かったと言う経緯がある。同作品のヒロインである愛称「L(エル)」こと朝丘夏美のモデルが宮崎美子である。

出演作品[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

その他のテレビ番組[ソースを編集]

※2008年3月27日の第1回、2011年10月13日の第12回、2011年12月21日の第13回、2012年7月24日の第16回、2012年9月20日の第17回優勝者
決勝に進出すると優勝間違いなしで100%優勝する。通算5回優勝していて2度の2連覇も達成している。

テレビアニメ[ソースを編集]

吹き替え[ソースを編集]

ラジオ[ソースを編集]

ディスコグラフィー[ソースを編集]

1981年秋に「NO RETURN」(作曲は八神純子)でレコードデビューしているが、その少し前、同年春~夏に放送されたポーラ化粧品のテレビCMで、宮崎の映像と共にBGMに宮崎の歌が使用されている。

1987年にシングルレコードで発売された「だからDESIRE」は、当時はまだマイナーだったラップ調の曲(カップリングは「タカラ本みりん」のCMソング)で、これをもって「日本初の女性ラッパー」とする声もある。

※特に記述の無いものはビクター音楽産業より発売。

シングル[ソースを編集]

  • NO RETURN(1981年)
    • 作詞:八神純子、阿里そのみ/作曲:八神純子/編曲:船山基紀
  • わたしの気分はサングリア(1982年)
    • 作詞:安井かずみ/作曲:加藤和彦
  • 黒髪メイド・イン・LOVE(1982年12月11日)
    • 作詞:橋本淳/作曲:筒美京平/編曲:戸塚修
  • だからDESIRE(1987年、phonogram/sixty)

アルバム[ソースを編集]

  • Mellow(1981年12月21日)
  • 私の気分はサングリア(1982年9月21日)
    • 収録曲「ハート哀しく」「今夜はふたり」の作詞、「マリコ」の作詞・作曲も手がけている。
    • 2008年3月、ブリッジ[2]からリマスタリングでのCD発売。
  • 美子(1983年5月21日)
    • 2008年6月、ブリッジ[3]からリマスタリングでのCD発売。

ベストアルバム[ソースを編集]

  • 黒髪メイド・イン・LOVE(1983年3月21日)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 宮崎美子 プロフィール”. ホリプロオフィシャルサイト. 2014年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c 宮崎美子 〜タレント名鑑〜”. スポニチ. 2014年5月9日閲覧。
  3. ^ a b 『現代の眼』1980年、第21巻、第9~12号、154ページ
  4. ^ 小倉雄一 (2006年4月7日). “【レポート】コニカミノルタのカメラ事業終了 - コニカとミノルタの資産と、その継承は”. マイナビニュース. 2014年5月9日閲覧。
  5. ^ 宮崎美子|オリコン芸能事典”. オリコンスタイル. 2014年5月9日閲覧。
  6. ^ 『Qさま!!3時間スペシャル』2010年2月8日放送
  7. ^ 笑福亭鶴瓶、『金メダル男』出演 内村光良監督の手腕に「憧れた」”. ORICON STYLE (2015年11月27日). 2015年11月27日閲覧。
  8. ^ “佐藤仁美12年ぶり主演映画 屈指のスタッフ集結”. 日刊スポーツ. (2016年4月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1638791.html 2016年4月28日閲覧。 
  9. ^ “日本の家族を描いた佐藤仁美主演作「惑う」韓国の映画祭へ出品 手嶌葵の主題歌流れる予告編も完成”. 映画.com. (2016年7月20日). http://eiga.com/news/20160720/5/ 2016年7月20日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]