堀北真希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほりきた まき
堀北 真希
生年月日 (1988-10-06) 1988年10月6日(28歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都[1][2]清瀬市[3]
身長 160 cm[1]
血液型 B型[1]
職業 女優タレント[2]
ジャンル テレビドラマ映画舞台CM
活動期間 2003年 - 2017年2月末
配偶者 山本耕史[3][4]2015年 - )
事務所 スウィートパワー2003年 - 2017年2月末)
主な作品
テレビドラマ
電車男
野ブタ。をプロデュース
クロサギ
花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜
篤姫
特上カバチ!!
アタシんちの男子
梅ちゃん先生
ミス・パイロット
ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜
映画
ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ
逆境ナイン
HINOKIO
深紅
舞台
ジャンヌ・ダルク
嵐が丘
備考
第63回NHK紅白歌合戦 司会 (2012年)
スリーサイズはB78、W58、H83cm。

堀北 真希(ほりきた まき[1][2]1988年10月6日[1] - )は、日本女優タレント

東京都出身。元スウィートパワー所属。夫は俳優山本耕史。主な愛称は、ホマキ真希ちゃん。2017年2月末を以って所属事務所を退所後、活動を休止している。

略歴[編集]

中学校2年生だった2002年に、バスケットボール部の活動の帰り道、畑でスカウトされる[5]

2003年1月期にドラマ『いつもふたりで』(フジテレビ)にテレビ初出演するが、出演シーンは最終回のエンディングのほんの数秒(役名はないがエンドロールに名前は表記)のみ。同年7月に映画『COSMIC RESCUE』のヒロイン役オーディションに合格し、同作で映画デビューした。10月期にドラマ『ケータイ刑事 銭形舞』(BS-i)でドラマ初主演。2004年2月に映画『渋谷怪談2』で映画初主演。2005年6月期ドラマ『電車男』(フジテレビ)では、主人公の妹役を演じた。この年には、第84回全国高等学校サッカー選手権大会の初代応援マネージャーを務めた。同年10月期のドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ)でヒロインを演じ、ブレイクした。同年の映画『ALWAYS 三丁目の夕日』での演技が高く評価され、第29回日本アカデミー賞新人俳優賞など、各種の映画賞を受賞した。2006年4月期ドラマ『クロサギ』(TBS) 吉川氷柱役でヒロインを演じた。同年10月期『鉄板少女アカネ!!』(TBS)で地上波のテレビドラマ初主演[6]した。2007年の3月に高校を卒業。大学進学も考えていた[7]が、卒業後は女優業に専念した[8]

2008年、『篤姫』で和宮役としてNHK大河ドラマに初出演。同年10月期には『イノセント・ラヴ』でフジテレビ月9ドラマに初主演。2009年、『アタシんちの男子』で主演。2010年、『ジャンヌ・ダルク』で舞台初出演で主演を務めた。2012年4月期NHK連続テレビ小説梅ちゃん先生』では、オーディションなしでヒロイン役に抜擢され[9][10]、同年の『第63回NHK紅白歌合戦』では、紅組の司会を務めた[11]

2013年、「ベストドレッサー賞」受賞[12]CM NOWの「読者の選ぶCM大賞」女性タレント部門ベスト10では2004年から10年連続でランクインしていた。

2015年7月、所属事務所が運営する公式ファンクラブ『ほりきたコレクション』の閉鎖ならびに会費を返金する旨の通知が会員宛てに封書で告知される[13]。同年12月31日を以って『ほりきたコレクション』閉鎖[14]。以降は所属事務所の公式サイトのプロフィールページのお知らせなどで情報を更新していた。

2017年2月28日付で所属事務所との契約満了と同時期に活動の休止を発表した(詳細後述)[15]

堀北のその後については、夫の山本がテレビ出演した時などに、家庭内の様子を語る形で伝えられている。

私生活[編集]

2015年8月22日、2009年4月期ドラマ『アタシんちの男子』(フジテレビ)の共演で知り合い、2010年4月のスペシャルドラマ『わが家の歴史[注釈 1](フジテレビ)、2015年5月の舞台『嵐が丘』で共演を重ねた俳優山本耕史と結婚したことを所属事務所を通して発表した[4][16]婚姻届は東京都内の区役所に代理人を通じて提出。記者会見や挙式および披露宴は行っていない。

2016年6月20日、堀北の所属事務所により、堀北と夫・山本との第1子の妊娠が「妊娠初期で大事な時期なので、温かく見守ってください」とのコメントも添えられ、正式に発表された[17]。その後、同年12月18日に堀北の所属事務所により、堀北が第1子を出産していた事が正式に発表された。性別や出産日、体重などの詳細は公表されていない[18]

活動休止[編集]

2016年3月下旬、堀北が芸能界を引退するとの報道があったが、この時所属事務所は否定するも4月以降は「発表できる仕事はない」としていた[19]

しかし2017年3月1日、家庭に専念するため同年2月28日付で「芸能界を引退」と所属事務所が発表[20]。所属事務所との契約を更新せずに契約満了した。直近の出演作品は2016年に放送されたドラマ『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』(日本テレビ)となり、以降はCM以外では表舞台には登場しなかった。また、2017年3月1日で全てのCM契約を終了した事が報じられた[21]

発表に当たっては、所属事務所公式サイトに掲載された堀北自身の直筆による公式声明文(マスコミ各社に送信されたFAXでの報告と同じもの)が発せられただけであり、記者会見などは特に行われなかった。また、声明文には「引退」の記載がなく、契約終了に関しては事務所との確執が囁かれた(後のスポーツ紙の取材で事務所関係者はこれを否定している[22])。なお、夫の山本は妻の決断について「本人が望んでいたこと」とコメントを発した[23]

一部では、育児の終了後に夫である山本の個人事務所に所属して活動再開する説も浮上しており、これについては、代表者である山本の母親は事務所への所属は否定したものの、活動再開については「彼女次第」と後のインタビューで答えている[20][24]

人物[編集]

嗜好[編集]

性格・人柄・演技傾向[編集]

堀北の性格について『ALWAYS 三丁目の夕日』監督・山崎貴は、「見た目はのんびりとした性格に見えるが、クランクインになる前からセリフや方言、役柄の性格を完璧に覚え、当日できなかった課題については家でしっかり練習して次の日にはクリアできるようにしてくるほどのストイックな性格である」「だから追い詰めれば追い詰めるほど本人にはない性格が開花してくるので将来が楽しみだ」と述べた[31]。映画で共演したことのある松田龍平は、現場では静かであまり喋らないと発言している[32]。当時、同じ事務所の後輩だった桐谷美玲は、共演時には自分の事を気にかけてくれた優しい先輩と語っている[33]

自身については、世話焼きであると述べている[34]。一方で、人見知りであると何度か述べており[35][36][37]、普段は外出はあまりせず、大勢で集まるのも苦手であると告白している[38]朝日新聞社によるインタビューで「魅力を感じる男性は、どんな男性か?」と質問され「失敗しても怒られても、仕事に一生懸命な人が好きです」と回答している[39]。また、好きな男性は自己中心的でない人と過去のインタビューで答えた事があった[40]

結婚や母親願望がある事を若い頃から語っており、インタビューで自身の夢と答えた事がある[28]。2015年8月22日の結婚、2016年12月の出産でその願望は共に叶えられた。

中学時代は生徒会で副会長を務め、部活動ではバスケットボール部に所属し副主将として活動した[41]。さらに、勉強やスポーツは好きであると語っている[7]。アルバイト経験など、一般的な仕事はしたことがない[42]。15歳から20歳まで寮暮らしをしていた[43]。その時の同寮生の一人が、当時同じ事務所の黒木メイサだった。

受賞歴[編集]

出演[編集]

※役名太字は主演作品。

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

日本語吹き替え

舞台[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • その先の日本を見に。〜少女と鉄道・一筆書きの夏〜(フジテレビ NONFIX 2004年7月9日放送)
  • その先の私を見に。〜少女と鉄道・2005年春〜(フジテレビ NONFIX 2005年5月18日放送)
  • 堀北真希10代最後の大冒険! ヨーロッパ3カ国 自転車200キロの旅(フジテレビ 2007年12月8日放送)
  • 堀北真希と南海ひょうたん島10人の子供たち〜ここは僕らのイケてるパラダイス!〜(フジテレビ、2008年10月10日放送)
  • 輝く女(NHK-BSプレミアム、2012年12月16日(前編)・2012年12月23日(後編))
  • 9日間の女王〜堀北真希が見たイギリス王国の愛と悲しみ〜(2014年2月15日(BS-TBS)、2014年2月16日(TBS)) - ナビゲーター
  • 堀北真希ギリシャ紀行〜神話の国の女神たちを求めて〜(2015年1月17日(BSフジ))[56]
  • にっぽん紀行「こころ結ぶ手紙の宿〜岩手 野田村〜」(2015年8月13日、NHK総合) - 案内人[57]
  • 素顔トラベラー 堀北真希 フランス編〜ボルドーワイン紀行〜(2015年11月21日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター[58]

CM・広告[編集]

ラジオ[編集]

  • SCHOOL OF LOCK!GIRLS LOCKS!〜(2005年10月 - 2009年5月 毎月第2週月 - 木曜日22:15 - 22:28 JFNTOKYO-FM
  • 25th ANNIVERSARY SPECIAL 〜J-WAVE SELECTION 25歳の肖像〜(2013年4月14日・21日・28日 J-WAVE) - ナビゲーター

PV[編集]

ゲーム[編集]

DVD[編集]

  • メイキング オブ COSMIC RESCUE(2003年、ジェネオンエンタテインメント) - 映画メイキングDVD
  • NONFIX その先の日本を見に。(ポニーキャニオン
    • 〜少女と鉄道〜(2004年) - ドキュメンタリー NONFIX #425の再構成
    • 〜少女と鉄道 九州篇〜(2005年) - ドキュメンタリー NONFIX #464の再構成
  • HINOKIO INTER GALACTICA LOVE〜ロボット越しのラブストーリー〜 - 映画メイキングDVD
  • 堀北真希 BIG COMIC SPIRITS SPECIAL EDITION MAKI HORIKITA -ひこうきぐも-(2005年、小学館[注釈 2]
  • ALWAYS 三丁目の夕日 夕日町のひみつ(2005年、バップ) - 映画メイキングDVD
  • 堀北真希 Castella DVD(2006年5月1日、ワニブックス
  • 堀北真希×黒木メイサ short film きみのゆびさき(2006年) [注釈 3]
  • 堀北真希10代最後の大冒険! ヨーロッパ3カ国 自転車200キロの旅(2008年5月30日、フジテレビ)
  • 堀北真希と南海ひょうたん島10人の子供達(2008年12月17日、ポニーキャニオン )

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 堀北真希2004年度カレンダー(2003年、TRY-X(ハゴロモ))ISBN 4-7774-0085-9
  • 堀北真希2005年度カレンダー(2004年、TRY-X(ハゴロモ))ISBN 4-7774-1054-4
  • 堀北真希スクールカレンダーBOOK 2005.4 - 2006.3(2005年、角川書店ISBN 4-04-894460-6
  • 堀北真希2006年度カレンダー(2005年、TRY-X(ハゴロモ))ISBN 4-7774-2044-2
  • 堀北真希2007年カレンダー(2006年、TRY-X(ハゴロモ))ASIN B000HXDY12
  • 堀北真希2008年カレンダー(2007年、TRY-X(ハゴロモ))ASIN B000VRWNNO
  • 堀北真希2009年カレンダー(2008年、TRY-X(ハゴロモ))ASIN B001DYMJAG
  • 堀北真希2010年カレンダー(2009年、TRY-X(ハゴロモ))ASIN B002M34A36
  • 堀北真希2011年カレンダー(2010年、TRY-X(ハゴロモ))ASIN B003YJFE8M
  • 堀北真希2012年カレンダー(2011年、TRY-X(ハゴロモ))ASIN B005GT783M
  • 堀北真希2013年カレンダー(2012年10月3日、TRY-X)ASIN B008U3QAOE
  • 堀北真希2014年カレンダー(2013年10月16日、TRY-X)ASIN B00E0BKJQA
  • 堀北真希2015年カレンダー(2014年10月15日、TRY-X)ASIN B00MEF85D8
  • 堀北真希2016年カレンダー(2015年10月、TRY-X)ASIN B014PEF3GM

フォトエッセイ[編集]

シネマビジュアルブック[編集]

連載[編集]

  • コトノハ、きらり。(CM NOW 2004年7・8月号 - 2006年9・10月号、玄光社
  • Piece of Maki (CM NOW 2006年10月号 - 2014年3・4月号)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 山本とは、途中で夫婦になる役を演じた。
  2. ^ 当初はコンビニのみでの発売。2006年3月1日、一般発売。
  3. ^ コンビニ、一部店舗のみでの発売。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 堀北真希”. Sweet Power. 2016年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月23日閲覧。
  2. ^ a b c d 堀北真希(ホリキタ マキ)”. 日本タレント名鑑. VIP TIMES. 2015年5月23日閲覧。
  3. ^ a b “堀北真希は「畑で!?」“スカウト”でデビューした美女たち”. 週刊大衆. (2016年5月25日). http://taishu.jp/detail/22244/ 2016年9月9日閲覧。 
  4. ^ a b “堀北真希と山本耕史が結婚、12歳差 今年の舞台「嵐が丘」共演が縁”. スポニチアネックス. (2015年8月22日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/08/22/kiji/K20150822010985870.html 2016年7月13日閲覧。 
  5. ^ “特集 堀北真希”, QuickJapan vol.80 p33 (太田出版), (2008-10-1) 
  6. ^ 鉄板少女アカネ!!”. TBS CS. TBSテレビ. 2015年5月30日閲覧。
  7. ^ a b http://archive.fo/Tz30o
  8. ^ 【エンタ】堀北真希さんインタビュー 高校生新聞(スクールパートナーズ)2013年5月
  9. ^ 堀北真希が来春朝ドラヒロインに内定 ニッカンスポーツ・コム(日刊スポーツ新聞社)2011年6月16日
  10. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110616-791085.html
  11. ^ “【紅白】堀北真希、紅組惜敗も初司会に「感動で胸がいっぱい」”. オリコンスタイル (oricon ME). (2013年1月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2020289/full/ 2017年3月6日閲覧。 
  12. ^ ベストドレッサー賞”. 一般社団法人日本メンズファッション協会. 2015年5月11日閲覧。
  13. ^ 堀北真希公式ファンクラブ『ほりきたコレクション』 2015年7月
  14. ^ 堀北真希公式ファンクラブ『ほりきたコレクション』 2015年12月31日
  15. ^ “堀北真希が電撃引退!15年山本耕史と結婚、子育てに専念へ”. スポーツ報知. (2017年3月1日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170301-OHT1T50028.html 2017年3月1日閲覧。 
  16. ^ ご報告”. スウィートパワー (2015年8月22日). 2015年8月22日閲覧。
  17. ^ “堀北真希妊娠!待望のママに!“妊活”実り来年1月出産予定”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2016年6月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/21/kiji/K20160621012821900.html 2016年6月21日閲覧。 
  18. ^ “山本耕史さん・堀北真希さん夫妻に第1子誕生”. YOMIURI ONLINE. (2016年12月18日). オリジナル2016年12月19日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20161219094126/http://www.yomiuri.co.jp/culture/20161218-OYT1T50098.html 2016年12月18日閲覧。 
  19. ^ ““堀北真希引退”事務所が否定、4月以降は「発表できる仕事はない」。”. ナリナリドットコム. (2016年3月29日). http://www.narinari.com/Nd/20160336876.html 2017年3月3日閲覧。 
  20. ^ a b “電撃引退の堀北真希 直筆メッセージに込めた「本音」”. NEWSポストセブン (小学館). (2017年3月6日). http://www.news-postseven.com/archives/20170306_498752.html 2017年3月6日閲覧。 
  21. ^ 堀北真希が電撃引退!深夜の直筆メッセージ…今後は子育てに専念 サンスポ・コム(産経デジタル)2017年3月1日
  22. ^ https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1786141-2.html
  23. ^ “夫・山本耕史「本人が長年望んでいた」 堀北真希さん引退に言及”. デイリースポーツ. (2017年3月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/03/02/0009960368.shtml 2017年3月3日閲覧。 
  24. ^ “<一問一答>堀北真希さんの引退真相について姑・山本耕史の母に聞く”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2017年3月7日). http://www.jprime.jp/articles/-/9211 2017年3月7日閲覧。 
  25. ^ EXILE好きを公言する堀北真希が持ってしまう″意味″”. livedoorNEWS (2011年5月10日). 2015年5月11日閲覧。
  26. ^ ワン・ダイレクション、着物姿の堀北真希に迎えられ、日本公演を発表”. BLOUINARTINFO (2013年1月21日). 2013年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月11日閲覧。
  27. ^ http://www.oricon.co.jp/music/special/080319_02.html
  28. ^ a b http://www.oricon.co.jp/music/special/080319_02_int.html#interview
  29. ^ http://www.cinematoday.jp/page/A0003968
  30. ^ 堀北真希 充実のミセス生活 社交的な夫と「楽しいことたくさん」”. スポニチ (2016年2月9日). 2016年2月25日閲覧。
  31. ^ キネマ旬報 2005年11月号 55 - 57ページ 「特集・ALWAYS 三丁目の夕日 山崎貴監督インタビュー」
  32. ^ https://mdpr.jp/news/detail/1293082
  33. ^ http://www.crank-in.net/entertainment/news/38547
  34. ^ http://www.oricon.co.jp/special/503/
  35. ^ https://tvfan.kyodo.co.jp/news/16866
  36. ^ http://www.asobist.com/entame/interview/20110121a.php
  37. ^ http://www.oricon.co.jp/news/49375/full/
  38. ^ https://dot.asahi.com/wa/2013112100058.html
  39. ^ 「堀北真希 克服できない「弱点」とは?」 |朝日新聞社|2013/4/ 6
  40. ^ http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170301/BestTimes_4790.html?_p=3
  41. ^ 【エンタがビタミン♪】畑で収穫された!?堀北真希”. Techinsight (2010年4月3日). 2015年5月11日閲覧。
  42. ^ https://www.omosan-st.com/archives/specialguest/vol33/vol33_01/
  43. ^ http://style.nikkei.com/article/DGXMZO77167480X10C14A9000000?channel=DF130120166059&style=1&page=2
  44. ^ ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012年間大賞”. 月刊TVnavi web. 産経新聞. 2013年4月25日閲覧。
  45. ^ “堀北真希 結婚後初ドラマで再び“犯人とシンクロ&毒舌”刑事に”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年9月28日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/09/28/kiji/K20150928011222770.html 2015年9月28日閲覧。 
  46. ^ “堀北真希 夫と特攻機で戦死した実在の女性演じる 夫は成宮”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年6月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/06/17/kiji/K20150617010558070.html 2015年6月17日閲覧。 
  47. ^ “堀北真希、成宮寛貴&菜々緒とコラボに「緊張」 斎藤工&窪田正孝は念願叶う 日テレ3ドラマで初の試み”. モデルプレス (エキサイトニュース). (2016年2月8日). http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160208/Mdpr_news1563033.html 2016年2月14日閲覧。 
  48. ^ レイトン教授と永遠の歌姫”. メディア芸術データベース. 2016年10月2日閲覧。
  49. ^ 堀北真希 初舞台・初主演 舞台「ジャンヌ・ダルク」オフィシャルサイト”. 2010年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月28日閲覧。
  50. ^ 堀北真希主演『ジャンヌ・ダルク』制作発表会”. シアターガイド (2010年7月6日). 2015年5月11日閲覧。
  51. ^ 「二都物語」東急シアターオーブ ラインナップ”. 2013年2月5日閲覧。
  52. ^ 草なぎ剛&堀北真希が初共演 土田英生脚本&板垣恭一演出『二都物語』が4月に上演”. シアターガイド (2013年1月24日). 2015年5月11日閲覧。
  53. ^ 草なぎ剛主演『二都物語』が上演中”. シアターガイド (2013年4月5日). 2015年5月11日閲覧。
  54. ^ 堀北真希&上川隆也出演 舞台『9days Queen 〜九日間の女王〜』製作発表会 - シアターガイド(2013年11月18日)2014年1月22日閲覧。
  55. ^ “堀北真希&山本耕史&戸田恵子出演×G2演出『嵐が丘』が上演決定”. シアターガイド. (2014年11月28日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/28_03.php 2014年12月1日閲覧。 
  56. ^ 堀北真希ギリシャ紀行〜神話の国の女神たちを求めて〜”. BSフジ. 2014年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月23日閲覧。
  57. ^ NHK ONLINE番組表(日本放送協会)、2015年8月13日閲覧
  58. ^ 素顔トラベラー 堀北真希 フランス編〜ボルドーワイン紀行〜(2015年11月19日時点のアーカイブ) - 日本放送協会、2015年11月19日閲覧

外部リンク[編集]