池田彌三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この記事の項目名に以下のような表記揺れがあります。
  • 池田彌三郎
  • 池田弥三郎

池田 彌三郎(いけだ やさぶろう、1914年12月21日 - 1982年7月5日)は、日本の国文学者民俗学者随筆家

経歴・人物[編集]

東京市京橋区(現・東京都中央区銀座天麩羅屋"天金"の次男として誕生。叔父は、劇作家演出家池田大伍

京橋区立泰明小学校から東京市立第一中学校(現在の東京都立九段高等学校)を経て、1931年4月、慶應義塾大学経済学部予科に入学。同級に井筒俊彦加藤守雄がいた。1934年4月、文学部国文科に転じ、折口信夫に師事。戸板康二たちと共に、折口主宰の短歌結社"鳥船社"に参加。1937年慶應義塾大学文学部国文科卒業。

慶應義塾大学文学部教授時代、1957年 - 1963年にかけて、NHKのクイズバラエティ番組「私だけが知っている」などに出演し、タレント教授の走りとしても知られた。この間、1962年、『婦人公論』に「大学女禍論」と題する一文を発表し、早稲田大学教授暉峻康隆と共に、女子学生亡国論を唱えて物議をかもした[1]

慶應義塾を定年退職した後、洗足学園魚津短期大学教授に就任。1977年紫綬褒章受章。1982年、肝硬変が悪化し67歳で死去。

エピソード[編集]

  • 晩年は、自分で工夫し特注で、短冊状の「縦20文字、横5文字」の原稿用紙を作らせ、「このほうが早くめくれるから、気のはずみになる」と称していた[2]
  • 慶應義塾大学文学部を受験する学生に対して国語の試験をするなどとは失礼であるとして、入試科目からいち早く国語を廃止して、小論文を導入させた。一方で、国文科で国語の作問をするのは面倒臭いし、負担が大きいとも述べた。英語の試験で国語力はわかるという考え方から、慶応文系では国語の試験がない。

著書[編集]

作品集[編集]

  • 池田彌三郎著作集』(全10巻:角川書店、1979-1980年)
  • 「世俗の詩・民衆の歌 池田彌三郎エッセイ選」 講談社文芸文庫、2007年
  • 『折口信夫芸能史講義 戦後篇 上・下 池田彌三郎ノート』(伊藤好英・藤原茂樹・池田光編)、慶應義塾大学出版会、2015-2016年

編著・共著[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ もっともその際も、ライバル校への対抗意識からか、池田は暉峻に対し、"早稲田の女子学生は冴えないだろうが、慶應はそうではない"と言ったとされる。
  2. ^ 村松友視『夢の始末書』より