林美智子 (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はやし みちこ
林 美智子
生年月日 (1939-06-06) 1939年6月6日(79歳)
出身地 日本の旗 日本 愛媛県八幡浜市
身長 158 cm
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
主な作品
テレビドラマ
連続テレビ小説うず潮

林 美智子(はやし みちこ、1939年6月6日 - )は、日本女優

愛媛県八幡浜市出身[1]大阪松竹歌劇団附属音楽舞踊学校卒業。

略歴[編集]

大阪松竹歌劇団附属音楽舞踊学校卒業後の1959年、大阪の劇団新春座に入団。舞台『びっくり捕物帳』でデビュー[2]。退団後は東京に拠点を移し、映画、テレビ、舞台など多方面で活躍している。

1964年NHK連続テレビ小説の第4作『うず潮』に林フミ子役で主演[2]NHK大阪放送局が制作する初の連続テレビ小説で、新人女優がヒロインに抜擢された第1号となる[3]。翌1965年第16回NHK紅白歌合戦の紅組司会を務める。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロケ日記 1月17日 撮影7日目(中島本島)”. 船を降りたら彼女の島. アルタミラピクチャーズ (2002年1月17日). 2018年2月8日閲覧。
  2. ^ a b 林美智子”. プロフィール詳細. タレントデータバンク. 2018年2月8日閲覧。
  3. ^ 連続テレビ小説 うず潮”. NHK名作選. NHKアーカイブス. 2018年2月8日閲覧。