岡野進一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡野 進一郎(おかの しんいちろう、1963年3月1日[1] - )は、日本俳優、映画プロデューサー、元キャスター。父親は俳優の北相馬宏[1]。母親も元CBC放送劇団の女優だった[1]

東京都[1]武蔵野市出身[2]東京都立武蔵高等学校卒業[2]

来歴・人物[編集]

幼少時に父親が所属する前進座の舞台に子役として出演する[1]。高校卒業後、西田敏行に憧れていたこともあって[2]劇団青年座に研究生として入団[2]。在籍中の1985年NHK連続テレビ小説いちばん太鼓』のオーディションに合格し、主役の沢井銀平を演じる[1]。当時の紹介記事では『いちばん太鼓』の設定が自身と近いことから「自分と重なる部分があり、今からとても楽しみです」とコメントしている[1]

1990年に文化庁在外研修員としてニューヨークのHBスタジオで演技研修、帰国後俳優、映画プロデューサーとして日本で活動した。

2002年よりロサンゼルス移住、2005年より日系放送局UTBに入社し、司会やキャスター兼プロデューサーをしていた。退社後は米穀販売会社を経営しつつ、ドキュメンタリー映画を制作している[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ピアフ 生命、燃えつきて
  • たいこどんどん

テレビアニメ[編集]

人形劇[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『福島民報』1985年9月19日付朝刊、20面。
  2. ^ a b c d 週刊テレビ番組(東京ポスト)1985年10月11日号「プロフィル」32頁
  3. ^ 第38回NYこりんごラジオ(俳優LAサバイブ、永遠のエンターテイナー 岡野進一郎さん

外部リンク[編集]