斉藤こず恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さいとう こずえ
斉藤 こず恵
生年月日 (1967-09-30) 1967年9月30日(50歳)
出身地 日本の旗 日本東京都国分寺市
血液型 AB型
職業 女優(元子役)・声優ブルース歌手
活動期間 1970年 -
事務所 プロダクション・エース
主な作品

斉藤 こず恵(さいとう こずえ、1967年9月30日 - )は、日本女優子役出身)・声優ブルース歌手。東京都国分寺市武蔵野市出身[1]プロダクション・エース所属。

来歴[編集]

1971年、3歳で劇団若草に入団[1]。同期に坂上忍杉田かおるがいた。また今でも坂上忍とは幼馴染みである(坂上のことは「しーちゃん」と呼ぶ関係)[2]

1974年NHK総合で放送された朝ドラ鳩子の海』で主人公・鳩子の少女時代を演じ、最高視聴率53.3%を記録し天才子役として一躍有名になる。1976年にはシングル「山口さんちのツトム君」が大ヒットする[3]

また同年にTBSドラマ「夜明けの刑事」第83話「山口さんちのツトム君誘拐事件」と題した作品でツトム君役の坂上忍と共演している。

中学生になり芸能活動を休止。藤村女子高等学校[1]卒業後はテンプル大学日本校に入学しアメリカに留学しニューヨーク州立大学に転校[4]。1993年、在学中に教会の聖歌隊に参加したのを機に女優、ブルース歌手としてニューヨークでの活動も始める。しかしこの時に父親からの仕送りが無くなり、極貧生活を送るようになる[5]

1996年にニューヨークで数店舗の店を経営するアメリカ人の実業家と結婚し「玉の輿」として話題になったが、日本にいる家族の介護のため帰国[5]。ストレスから激太りし、2000年に著書『太っていたっていいじゃない』を出版した。夫と離れ離れの生活が続き2002年に離婚[5]

雑誌やテレビのダイエット企画の仕事を立て続けに受け、体重97kgから1年半で42kgまで落とす過激ダイエットも経験した。2004年、裏声が出ない状態が何ヶ月も続き病院を受診したところ甲状腺がんと診断され、のどにメスを入れないレーザー治療を選択。抗がん剤の副作用で頭痛や吐き気に襲われ仕事がほぼできない状態が続き、日本の国民健康保険がなかったという経緯もあり7年間のがん治療で総額2000万円以上かかったという[6]

劇団若草時代の同僚と演劇集団「Stinky Project」を立ち上げ、現在は食事療法を続けながら女優・声優・歌手として活動している。

2014年5月6日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ)で、隠し子だった自身の半生を初告白した[7]

2016年に開校した小中学生を対象にした声優養成所「YOUボイス・アクターズスタジオ」で水島裕らと共に講師を務めている[8]

出演(実写)[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ[編集]

他多数

CM[編集]

  • ハウス食品 ポテトチップス「謹賀青春編」
  • ポッカ BEACH BOY ※「V.マドンナ大戦争」とのタイアップ

舞台[編集]

  • ラフィングライブ旗揚げ公演「パパ、アイ・ラブ・ユー!」(博品館劇場
  • ラフィングライブ第3回公演「キャッシュ・オン・デリバリー」(博品館劇場)
  • 笑う朗読
  • Cafe40 Baby☆ローテーション
  • ミュージカル 少女コゼット
  • ダウンライトの真贋
  • 耳掻きお蝶
  • ミュージカル ビッグ・レディース・クラブ
  • 十文字鶴子奮戦記
  • 夏の終わりに
  • フォトグラフ
  • 他多数

出演(声優)[編集]

テレビアニメ[編集]

2017年
2018年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ番組[編集]

  • ヒデキとこず恵の楽しいデート(1973年 - 1978年、文化放送西城秀樹とのトーク番組
  • 武蔵野エフエム パーソナリティー

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 日本よ日本(ド・ドンがドン)(日本フォノグラム / フィリップス FS-1814) - 『鳩子の海』サウンドトラック。夏八木勲藤田美保子が声で参加。B面はインストゥルメンタル
  • おにいちゃん(日本フォノグラム / フィリップス FS-1819) - 『花は花よめ』挿入歌。B面は江藤潤の「結婚通知の夢」
  • 小雪のわらべうた / 父恋いのうた(日本フォノグラム / フィリップス FS-1826) - 『剣と風と子守唄』挿入歌
  • ミス町内会子供の部 / ポンポコ山のタヌ子(1975年、日本フォノグラム / フィリップス FS-1852)
  • 山口さんちのツトム君 / ポンポコ山のタヌ子(1976年、日本フォノグラム / フィリップス FS-2024) - 『みんなのうた』より
  • だるまさんがころんだ / ずる休み(1978年、日本フォノグラム / フィリップス FS-2113、「斎藤こず恵&ゆかり」名義) - 『みんなのうた』より

アルバム[編集]

  • 山口さんちのツトム君(1976年、日本フォノグラム / フィリップス FS-4001)
過去のシングル曲(B面曲を含む)に加え、「山口さんちのツトム君」のカラオケ、「げんこつ山のたぬきさん」「ぼくらきょうだいてんとう虫」のカバーを収録。実質ベスト・アルバムのような内容。
  • こず恵ちゃんと歌おう みんなのうた(1976年、日本フォノグラム / フィリップス FS-5504)
『みんなのうた』『ひらけ!ポンキッキ』で流された童謡のカバーアルバム。
  • A面
  1. 山口さんちのツトム君
  2. トレロ カモミロ
  3. くいしんぼうのカレンダー
  4. クラリネットをこわしちゃった
  5. 南の島のハメハメハ大王
  6. それ行け3組
  • B面
  1. およげ!たいやきくん
  2. ママとゴーゴー
  3. いっぽんでもニンジン
  4. ネコという名前の猫
  5. ドラキュラの唄
  6. アッコちゃんの子守唄
  • みんなで歌えるカラオケつき 斎藤こず恵&ゆかりのNHK「みんなのうた」(1978年、日本フォノグラム / フィリップス FS-5507/08、「斎藤こず恵&ゆかり」名義)

コンピレーション[編集]

  • ぼくらきょうだいてんとう虫(『てんとう虫の歌』主題歌。堀江美都子のカバー)
  • げんこつ山のたぬきさん
    • 2曲とも1975年発売のLP『人気テレビ・マンガ主題歌』(日本フォノグラム / フィリップス FX-8103)に収録、上記のLP『山口さんちのツトム君』にも収録された。

著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ※後述記事には本作で2014年に声優デビューと記載あるが演者が本作に出演開始した時期や日本での放送開始時期を照らし合わすと実際は2015年の別作品が声優デビューと見られる

出典[編集]

  1. ^ a b c 週刊テレビ番組(東京ポスト)1983年7月15日号 p.40
  2. ^ 斎藤こず恵、ダイエット成功の陰に坂上忍の存在!?”. ニュースウォーカー (2014年3月31日). 2017年7月12日閲覧。
  3. ^ この曲を『みんなのうた』で歌っていたのは、斎藤ではなく川橋啓史である。
  4. ^ “子役時代の面影ゼロ”斉藤こず恵、「食いしん坊」の悪女キャラで覚醒”. オリコン (2017年3月20日). 2017年7月12日閲覧。
  5. ^ a b c 玉の輿に乗ったのに、その後どん底に落ちた女たちスペシャル 2014年6月2日放送回”. gooテレビ (2014年6月2日). 2017年7月12日閲覧。
  6. ^ 甲状腺がん再発3度 斉藤こず恵さん“過剰ダイエット”の後悔
  7. ^ 「私は隠し子」最高視聴率53.3%の元国民的子役が壮絶半生を初告白!
  8. ^ YOU ボイス・アクターズ・スタジオ
  9. ^ 映画『ドリーム』1/17(水)配信、2/2(金)Blu-ray&DVD発売 きそひろこ・斉藤こず恵出演”. 声優事務所・タレント事務所|プロダクション・エース. 2018年2月2日閲覧。
  10. ^ 映画『ベイビー・ドライバー』1/27(水)Blu-ray&DVD&UHDリリース 江藤博樹・きそひろこ・斉藤こず恵出演”. 声優事務所・タレント事務所|プロダクション・エース. 2018年1月24日閲覧。
  11. ^ ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル”. ふきカエル大作戦!! (2018年3月30日). 2018年3月31日閲覧。
  12. ^ 斉藤こず恵、声優講師に!余命10年宣告きっかけに「飛び込めた」 (2/2ページ) - 芸能社会”. - SANSPO.COM(サンスポ). 2018年2月2日閲覧。
  13. ^ 2015年3月3日のツイートより
  14. ^ 2017年5月2日のツイートより

外部リンク[編集]