ロマンス (1984年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロマンス
ジャンル ドラマ
放送時間 15分
放送期間 1984年4月2日 - 9月29日(全156[1]回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
脚本 田向正健
出演者 榎木孝明
小宮久美子
辰巳琢郎
樋口可南子
船越英二
岸田今日子
浜村純
中条静夫
岡田真澄
ナレーター 八千草薫
時代設定 明治45年 - 昭和初期
テンプレートを表示

ロマンス』は、NHK連続テレビ小説』第32作である。

放送期間は1984年4月2日から9月29日明治末年の北海道東京を舞台に、映画に情熱をかける若者たちを描いたドラマである。

1984年の平均視聴率は39.0%、最高視聴率は47.3%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[2]

概要[編集]

主役を演じた榎木孝明のテレビデビュー作で、主題歌も担当した。連続テレビ小説では初の歌詞入りのオープニング曲でもある。[3][4]

おはなはん』の大ヒット以降、女性が主人公である作品が続いていた連続テレビ小説作品では、1967年度の『旅路』以来、久々の男性主人公の作品となった(単独で主演を務める作品としては1965年度の『たまゆら』以来)。

また、青年男子が主人公となるのも初めてで、これ以後は男性を主人公にしたドラマもいくつか制作される。

キャスト[編集]

榎木孝明は1993年度下半期の『かりん』では主人公の夫を演じている。連続テレビ小説において主人公とその夫の両方を演じた俳優は、今のところ榎木のみである(夫婦が主人公として描かれた『マッサン』は除く)。

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ NHKアーカイブス
  2. ^ ビデオリサーチ NHK朝の連続テレビ小説 過去の視聴率データ
  3. ^ Review:歴代の『朝ドラ』主題歌”. NHK. 2014年10月24日閲覧。
  4. ^ この作品の後、主題歌がある連続テレビ小説は1992年度下半期の「ひらり」まで途絶えた。

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
ロマンス