チョッちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
連続テレビ小説 > チョッちゃん
連続テレビ小説
通番 題名 放映期間
第37作 都の風 1986年10月6日
- 1987年4月4日
第38作 チョッちゃん 1987年4月6日
- 10月3日
第39作 はっさい先生 1987年10月5日
- 1988年4月2日
チョッちゃん
ジャンル テレビドラマ
原作 黒柳朝チョッちゃんが行くわよ
脚本 金子成人
演出 清水満
富沢正幸
一柳邦久
出演者 古村比呂
世良公則
由紀さおり
役所広司
宮崎萬純
杉本哲太
片岡鶴太郎
春風亭小朝
佐藤オリエ
佐藤慶
川谷拓三
前田吟
ナレーター 西田敏行
時代設定 昭和2年~24年
製作
製作総指揮 小林猛(制作統括)
山岸康則(制作統括)
制作 NHK
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1987年4月6日 - 10月3日
放送時間月-土曜 8:15 - 8:30
放送枠連続テレビ小説
放送分15分
回数156[1]
テンプレートを表示

チョッちゃん』は、1987年昭和62年)4月6日から10月3日まで放送されたNHK連続テレビ小説第38作目である[2]

概要[編集]

原作は、黒柳徹子の母・黒柳朝の自伝『チョッちゃんが行くわよ』。

劇中でたびたび登場した「…っしょ」(…でしょう)という北海道弁が流行語となり、くだけた北海道の方言として全国的に定着した。

本番組は2002年9月30日-2003年3月29日デジタルBS2にて再放送された。

完全版・総集編共にDVDは未発売。

放送ライブラリーでは第1回が公開[3]

キャスト[編集]

北山(岩崎)蝶子
演 - 古村比呂
岩崎要(蝶子の夫)
演 - 世良公則[4]
バイオリニスト・NHK交響楽団のコンサートマスター
北山俊道(蝶子の父)
演 - 佐藤慶
開業医。
北山みさ(蝶子の母)
演 - 由紀さおり[5]
野々村泰輔(蝶子の叔父)
演 - 川谷拓三(病気のため降板)→前田吟(代役)
野々村富子
演 - 佐藤オリヱ
田所邦子(蝶子の親友)
演 - 宮崎萬純
神谷容(蝶子の恩師)
演 - 役所広司
国松連平(要の親友)
演 - 春風亭小朝
彦坂頼介(蝶子の幼馴染)
演 - 杉本哲太
川村市子
演 - 中原理恵
石沢嘉市
演 - レオナルド熊
熊田剛造
演 - 津嘉山正種
中山音吉
演 - 片岡鶴太郎
中山はる(音吉の妻)
演 - 曽川留三子 ※方言指導も兼任
その他
演 - 伊奈かっぺい黒柳徹子立原ちえみ左時枝小野武彦仁科扶紀十勝花子山下智子貝ますみ丹波義隆市川兵衛早川亜友子

スタッフ[編集]

原作[編集]

チョッちゃんが行くわよ
著者 黒柳朝
発行日 1982年12月1日
発行元 主婦と生活社
ジャンル 自伝エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 225
コード ISBN 978-4-391-10620-6
ISBN 978-4-04-171901-5文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

本作の原作となった『チョッちゃんが行くわよ』(チョッちゃんがいくわよ)は、黒柳徹子の母である黒柳朝自伝エッセイ

黒柳朝による初のエッセイとして雑誌『主婦と生活』の1982年4月号から10月号に連載され、同年12月1日主婦と生活社より刊行された。自らの子育てなどをユーモラスな語り口で綴った本作は話題となりベストセラーとなった[6]1988年1月13日角川文庫より文庫化されている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

総集編[編集]

1987年12月26日の19:20-22:35に地上波にて放送された。

その他[編集]

  • 1987年7月3日まではBS1で、1987年7月4日からBS2で放送された。
  • 1987年の平均視聴率は38.0%、最高視聴率は46.7%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]


NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
チョッちゃん
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
前番組 番組名 次番組
チョッちゃん