純ちゃんの応援歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
純ちゃんの応援歌
ジャンル ドラマ
脚本 布勢博一
出演者 山口智子
川津祐介
伊藤榮子
髙嶋政宏
唐沢寿明
藤山直美
細川俊之
笑福亭鶴瓶
白川由美
桂枝雀
ナレーター 杉浦直樹
時代設定 昭和22年~37年
製作
制作 NHK大阪
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1988年10月3日 - 1989年4月1日
放送時間15分
回数全151[1]
テンプレートを表示

純ちゃんの応援歌』(じゅんちゃんのおうえんか)は、NHK連続テレビ小説第41作である。放送期間は1988年昭和63年)10月3日1989年平成元年)4月1日

1988〜89年の平均視聴率38.6%、最高視聴率44.0%[2](関東地区、ビデオリサーチ調べ)。全151回。

主演の山口智子は本作が女優デビューとなる。また後に夫婦となる山口と唐沢寿明の初共演作としても知られる。

2021年9月27日(月)より、NHK総合テレビで午後4時20分から4時50分に1日2話ずつアンコール放送している。

ストーリー[編集]

1947年(昭和22年)8月。純子たち小野家は和歌山に疎開し、父の復員を待ちわびていた。彼らの住む美山村に、GHQから来たと名乗る男2人、ジョージ北川と速水秀平がやってきて、地元の興園寺林業の土地を借りようとしてきた。しかし北川は詐欺師とわかり、純子の説得によって改心し、美山村を去る。残った秀平は、興園寺家で働いた後、母国アメリカへ帰国。

その後、父・陽一郎が満州から帰国。彼は母に捨てられたという少年・雄太も連れていた。紆余曲折を経て雄太は小野家と懇意になり、やがて一家は雄太を養子にしようという考えを持つようになる。しかし、就職の決まった陽一郎は心臓病を悪化させ、あっけなく息を引き取ってしまった。雄太を養子として迎え入れた一家は、新たなる道を求めて大阪へと移る。

一人の女性が、阪神甲子園球場に近い旅館の一人前の女将になるまでを描いた奮闘記。

スタッフ[編集]

大阪言語指導の鳴尾は、ゲスト出演をしたことがある。

キャスト[編集]

主人公[編集]

小野純子→速水純子
演 - 山口智子
主人公。兄弟思いで面倒見が良く、心優しいが、ヤキモチ焼きな面も見せる。大阪に渡り食堂を経営、後に旅館の若女将となる。
速水秀平(トーマス・S・ハヤミ)
演 - 髙嶋政宏
カリフォルニア州出身の日系アメリカ人カメラマンを目指している。父の遺髪を収めるため、祖父の墓を探しに和歌山の純子の住む村にジョージ北川(後述)と共にやって来た。マンザナール収容所時代に野球を覚え、進駐軍と村人との試合ではホームランを放つ。

美山村[編集]

小野家[編集]

小野陽一郎
演 - 川津祐介
純子の父。旧制中学校時代久助とバッテリーを組んでいた。満州で会った雄太(後述)を連れて中国大陸から帰国
小野あき
演 - 伊藤榮子
純子の母。芯が強く、裁縫が得意。
小野恭子
演 - 松本友里
純子の妹。宝塚歌劇団を目指している。
小野昭
演 - 西川弘志(幼少期:岩芝公治
純子の弟。やんちゃな性格で、トラブルを作ることもしばしば。
林雄太
演 - 唐沢寿明(幼少期:高岡俊広
満州で両親とはぐれ、偶然会った陽一郎とおよそ1年半行動を共にし、共に中国大陸から帰国、小野家の世話になる。後に小野家の養子になる。

速水家[編集]

速水陽子
演 - 尾後あすか(幼少期:村上沙織
純子と秀平の娘。

興園寺家[編集]

興園寺つや
演 - 白川由美
久助の姉。興園寺林業の主。純子の成長や活躍を暖かく見守る。
興園寺正太夫
演 - 笑福亭鶴瓶
つやの長男。気が弱いが、時には男らしいところも。純子に片思いしている。
興園寺清彦
演 - 生瀬勝久
つやの次男。気弱な兄・正太夫をあまり快く思っていないよう。
興園寺綾
演 - 繁田知里(幼少期:春木みさよ
つやの長女。正太夫とは対照的で、なかなか気が強い性格。

牛山家[編集]

牛山金太郎
演 - 高嶋政伸(幼少期:新田勉
村のガキ大将。昭や雄太とは仲がいい。
牛山もも
演 - 藤山直美
金太郎の母。未亡人。後に純子と共に食堂を営む。
きん
演 - 正司照枝
金太郎の祖母。彼女も未亡人。
うめ
演 - 津島道子
金太郎の曾祖母。彼女も日露戦争で夫を失った。
牛山かき
演 - 河東けい
田丸の母。
牛山田丸
演 - 佐々木保典
金太郎のいとこ。

立花家[編集]

立花徹
演 - 麻生敬
静尾の夫。
立花静尾
演 - 押谷かおり
純子の友人。とても行動的な女性。
立花小百合
演 - 野崎佳積(幼少期:望月千春
静尾の妹。小学校ではアイドル的存在。

村の人々[編集]

雑賀久助
演 - 桂枝雀
昭たちの通う小学校の校長先生。陽一郎と小学校時代からの友人。後に作家になる。
忠吉 / 中村 / 田中
演 - 汐路章 / 堀内一市 / 児玉博之
興園寺林業の番頭。
清原欽一郎
演 - 浜村純
美山村に住む法律家。秀平の大おじ。
清原澄
演 - 小林泉
欽一郎の妻。薬が欠かせない、寝たきりの状態。
文 / 厚 / 勝 / 新一 / 松男 / 安秀 / 正紀
演 - 落合智子 / 北野真也 / 小谷豪純 / 高橋龍一 / 南照憲 / 嶋谷隆司 / 小野和彦
昭の小学校の同級生。
正行
演 - 高橋友洋
村の子ども。
青年団員
演 - 花乃種吉
村長
演 - 岡村嘉隆
村民
演 - 田口哲三村伸也村井義之助

大阪[編集]

寺内ぬひ
演 - 西岡慶子
純子を「とうさん」と呼び慕う、阿倍野の商人。かかあ天下。
スティーブ西川
演 - 北京一
小野家の隣に住む。パントマイム芸人だが、あまり売れていない。
村山
演 - 原哲男
阿倍野の商人頭。
古賀昌代
演 - 日色ともゑ
雄太の実母。満州で息子を見捨てたことを後悔している。
節子
演 - 布施真穂
久助が働く「わらべ出版」の秘書。

西宮[編集]

野中キク
演 - 紅萬子
純子が働きに向かった旅館の前女将。

その他[編集]

ジョージ北川
演 - 細川俊之
秀平と共に来日。詐欺師だったが、つやとの出会いから改心。
大原
演 - 赤塚真人
小野陽一郎の満州での消息を小野家に伝える。
マックスゲイン大尉
演 - マストロ・ジョバンニ・フランク
軍曹
演 - アンディー・ハンキンソン
通訳
演 - ジェームス・ロス
通訳
演 - ロイド・ウォーカー
河北絹子
演 - 宮田圭子
雄太の叔母。
河北守
演 - 亀井賢二
絹子の夫。

特記[編集]

  • 生瀬はこの時期、槍魔栗三助という芸名で活動していたが、この芸名ではNHK出演者にふさわしくないとして本名で出演、改名のきっかけになった。
  • また紅萬子も芸名の読みが「くれない・まんこ」では同上の理由でふさわしくないとして「くれない・まこ」で出演した。
  • 野球技術指導として、元阪急ブレーブス阪神タイガース本屋敷錦吾が参加している。

放送休止[編集]

1989年昭和64年)1月7日は、昭和天皇崩御により、放送休止となった。なお、休止分の代替として、同年(平成元年)1月9日から1月13日の放送はそれぞれ1回ずつ順延し、1月14日には本来の13日放送分と合わせた2本分がまとめて放送されている。したがって、この作品は昭和最後にして平成最初のNHK連続テレビ小説ということになる[3]

裏話[編集]

唐沢寿明のエッセイ「ふたり」によると、本編の西川弘志演じる昭が亡くなり、出演者が悲しみにくれるシーンで、山口智子が一度、どうしても泣くことができずに撮りなおしを求めたという。このシーンを自分の見せ場にしようとした唐沢は、不満を持っていたとの事。しかし山口に深々と頭を下げられて、「いや、いいんだよ」と言い返したという。このことがきっかけで唐沢は山口に好意を持ち始めたという。

ソフト化[編集]

2006年に完全版DVDが発売された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
純ちゃんの応援歌
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
純ちゃんの応援歌