ノンちゃんの夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
連続テレビ小説 > ノンちゃんの夢
連続テレビ小説
第-作 題名 放映期間
39 はっさい先生 1987年10月5日
- 1988年4月2日
40 ノンちゃんの夢 1988年4月4日
- 10月1日
41 純ちゃんの応援歌 1988年10月3日
- 1989年4月1日
ノンちゃんの夢
ジャンル ドラマ
脚本 佐藤繁子
出演者 藤田朋子
山下真司
丘みつ子
南美江
西村知美
鈴木保奈美
中村梅之助
ほか
ナレーター 中村メイコ
時代設定 昭和23年~29年
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1988年4月4日 - 10月1日
放送時間15分
回数156[1]
テンプレートを表示

ノンちゃんの夢』(ノンちゃんのゆめ)は、1988年昭和63年)4月4日から10月1日まで放送されたNHK連続テレビ小説第40作目である[2]

連続テレビ小説における昭和最後の作品となった[注釈 1][1]

概要[編集]

終戦後、上京したヒロインが「新しい生活」のために奮闘の末に新しい雑誌を出版していく姿を描く。

連続テレビ小説第40作品目にして、高知県が舞台になった最初の作品である[4]

1988年の平均視聴率は39.1%、最高平均視聴率は50.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)[5]

1998年10月5日から1999年4月3日までBS2にて再放送された。

完全版・総集編共にDVDは未発売。

放送ライブラリーでは第1回が公開[6]

出演[編集]

結城暢子
演 - 藤田朋子
武野博史
演 - 山下真司
暢子の夫
結城幸子
演 - 丘みつ子
暢子の母
結城菊
演 - 南美江
暢子の祖母
結城真理子
演 - 西村知美
暢子の妹
中元操
演 - 鈴木保奈美
暢子のいとこ
結城市太郎
演 - 中村梅之助
操の父
結城すみ江
演 - 中原早苗
操の母
結城きわ
演 - 松金よね子
蓮見雄一郎
演 - 船越栄一郎[7]
暢子の初恋相手、海軍少尉、実業家
中川房代
演 - 山田邦子
暢子の親友
中川信吾
演 - 石黒賢
房代の弟
中川壮吉
演 - 竜雷太
房代・信吾の父
高倉麻子
演 - 長谷直美
いろは書房社員
武野貴子
演 - 水野久美
着付けのおばさん
演 - 中村メイコ
暢子の結婚式の回のみ出演
その他
演 - 草野大悟柳生博河内桃子山本理沙一色彩子江藤漢斉新井康弘今西正男奥村公延早崎文司三好美智子ケーシー高峰高原駿雄三田篤子すまけい下元勉今井雅之

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • 2011年の年末 - 2012年の年始にかけて放送された富士フイルムのテレビCM「お正月を写そう♪2012」(デジタルカメラX10篇・フォトブック篇・アスタリフトジェリー篇・メタバリア篇の全4篇)では、この作品のメインテーマ曲(渡辺俊幸作曲の口笛メロディー[8])が、BGMとして使われた[9]
  • 2015年の『まれ』第15週『下剋上駄菓子ケーキ』において、船越・藤田が夫婦役で再共演した。これについて夫役を演じた船越はインタビューで「『ノンちゃんの夢』では結ばれなかった藤田朋子さんと、今度は絆を取り戻す夫婦役を演じるというサプライズ付きです。『なかなかやるな!』と、思わされました」と笑いながら語った[7]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 次作『純ちゃんの応援歌』の最終回放送日は、1989年(平成元年4月1日[3]

出典[編集]

外部リンク[編集]

NHK 連続テレビ小説
前番組 番組名 次番組
ノンちゃんの夢
NHK BS2 連続テレビ小説・アンコール
前番組 番組名 次番組
ノンちゃんの夢