ドリーム・プレス社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ドリーム・プレス社
- The Dream Press Company -
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 朝岡慶太郎(総合演出、P兼務)
監修 山田修爾(番組本体)
道蔦岳史(クイズ)
プロデューサー 朝岡慶太郎(総合演出兼任)
帯純也
谷澤美和
壁谷政彦
小谷和彦(チーフプロデューサー)
山田修爾(監修兼『復活! ザ・ベストテン!』)
出演者 安住紳一郎(TBSアナウンサー)
駒田健吾(TBSアナウンサー)
黒柳徹子
大竹まこと
石原良純
友近
ナレーター 中村正
渡辺篤史
永井一郎
真地勇志
平野義和
原亜弥
浅草キッド
掛川裕彦
音声 モノラル放送
(モノステレオ放送
放送開始から2006年9月まで
放送時間 水曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2006年5月10日 - 2006年9月
2006年10月から放送終了まで
放送時間 金曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2006年10月 - 2009年3月20日

特記事項:
内容によってはステレオ放送の場合あり。こちらも参照。
テンプレートを表示

ドリーム・プレス社』(ドリーム・プレスしゃ)は、2006年5月10日から2009年3月20日までTBSで放送されていたバラエティ番組。愛称は『ドリプレ』。

2005年4月から9月にかけて『水曜特番』内で放送された『ザ・ドリームプレッシャー』を中心にレギュラー化したもので、当初の放送時間は毎週水曜20:00 - 20:54(JST)であったが、2006年10月より毎週金曜20:00 - 20:54(JST)に変更された。

放送音声は原則モノラル放送(モノステレオ放送)であったが、一部企画はステレオ放送で放送された。なお、地上デジタル放送向けのハイビジョン制作は行われていなかった。

概要[編集]

社長の黒柳徹子のもと設立された架空の少数精鋭の外資系企業を舞台に会社の業績アップを目指す為のプロジェクトとして、をテーマにかかげた番組。『ザ・ドリームプレッシャー』時代の看板コーナーだった「クイズ!ドリームプレッシャー」のみならず、安住紳一郎(2008年10月24日からは駒田健吾)のキャスター修行や、1978年から1989年に放送されていた音楽番組ザ・ベストテン』の復刻版『復活!ザ・ベストテン!』などの企画も行われた。

19:54 - 20:00までは「もうすぐドリーム・プレス社」というミニ番組が放送されていた。

2008年10月に番組メインの安住紳一郎が『情報7days ニュースキャスター』を担当するために降板。以後は駒田健吾に引き継がれ、2009年3月20日放送分の3時間スペシャル「ドリーム・プレス社 春の祭典 D<ダイエット>-1グランプリFINAL」をもって本番組は終了した。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

その他[編集]

  • 受付嬢:ソニン(2006年7月5日放送分より、諸事情から途中で降板)
  • 広報→広報兼受付嬢:安めぐみ(2006年8月9日放送分より)
  • 最高名誉顧問:森光子(2007年12月14日放送分より、黒柳のスカウトにより就任)
  • ビューティー事業部:友近(2008年より、それ以外にもクラブのママ役など設定が異なることもある)

主な企画[編集]

下記のもの以外にも、様々な企画が不定期で放送される(9月6日に予定していた「安住アナの決死リポート第1弾」は10月20日の2時間スペシャルにて放送された)。

クイズ!ドリーム・プレッシャー[編集]

芸能人1 - 2人が1組となって挑戦。最初に出題される問題に関連した都道府県とジャンルを発表した後、解答者である「脳みそナイン」(芸能人9名(ペア含む))から正解しそうな人を1人指名。「脳みそナイン」は指名の可否に関わらず全員クイズに解答する。

各問題、予め街頭アンケートの結果に応じた賞金が設定されており(10万円単位で10 - 100万円)、正解しなさそうと思われている解答者ほど高額に設定されている。指名した解答者がクイズに正解すれば、設定された賞金を解答者と挑戦者で折半して獲得となるが、逆に指名した解答者が不正解の場合、挑戦者及び解答者は獲得した賞金が全て没収されてゲーム終了となる。ただし、解答者全員が不正解だった場合は「指名できる人がいなかった」ということでその問題の出題自体が無効(ノーカウント)となり、別の問題でやり直す。なお、クイズ出題後でも1st.ステージは6問中2回まで、2nd.ステージは3問中1回までそれぞれ解答者を変えることは出来る。

1st.ステージ6問をクリアした時点で、降りて賞金を持ち帰るか2nd.ステージ3問に進むかを選択する。2ndステージでは設定金額が倍になるが、勿論間違えたら、1st.ステージで獲得した賞金も含めて全額没収されてゲーム終了となる。

当初コーナーの中心になる予定だったが、企画傾向の変遷に伴い現在ではスペシャルのみの放送となっている。最近はクイズと料理修行(下記参照)を交互に放送している。

日本人が愛したテレビ偉人伝[編集]

知ってるつもり!?』(日本テレビ系)や『驚きももの木20世紀』(テレビ朝日系)に近いコンセプトを持った企画で、テレビ界を中心に活躍し、すでに他界した芸能人の生涯にスポットを当てる。放送時間が変更されたのに伴い廃止となった。

復活! ザ・ベストテン![編集]

この企画のみステレオ放送、生放送(字幕ではない)を実施。1回目は2006年7月12日に放送、1978年7月13日放送分のベストテンだった。

翌々週の2006年7月26日放送分では「ザ・ベストテン特別企画」を放送。「ザ・ベストテン」の常連歌手だった本田美奈子.の生涯にスポットを当てた(この企画はモノラル放送だった)。放送時間変更後は『MUSIC STATION』が放送休止になった2006年12月15日にのみ放送された。

安住・大竹の接待(スカウト)企画[編集]

「美しくなる接点」では、大竹・良純が美女候補をスカウト。たまには、失敗もある。

出張!お料理虎の穴(アナ)[編集]

安住が料理研究家の結城貢の指導を受けて料理の修行をするコーナー。最初は、商店街で買い物をする所から始まるのだが、寄り道をするため買い物だけで時間がかかってしまうことが多い。

全ての材料を揃えたら商店街に設置してあるキッチンで料理を開始し。その後安住がスタジオで料理を披露する。しかし最初は上手く行くものの、黒柳と大竹が手伝おうと手を出し大抵足を引っ張ってしまう為(特に黒柳)、失敗することもしばしばである。

芸能人のお店 オーナーへの道[編集]

安住が芸能人と共に芸能人が経営する飲食店を訪問し、経営のノウハウを学ぶ企画。

ビューティー事業部(D-1グランプリ)[編集]

やせたい女芸人達が様々なダイエットを実践する。この企画の派生として、レコードダイエット中の村上(森三中)がヘルシーでカロリー控えめの料理を披露する「村上知子のカロリーオフレシピ」も放送された。

スタッフ[編集]

  • ナレーター:中村正(メイン。他には安住と大竹部長の接待や芸能人のお店訪問など)、渡辺篤史(テレビ偉人伝や決死リポートなど)、永井一郎(お料理虎の穴などの結城先生関連の企画)、真地勇志(クイズ!ドリームプレッシャー問題出題)、平野義和原亜弥浅草キッド(「クイズ!ドリームプレッシャー」でのパペットの声優として出演)、掛川裕彦(D-1グランプリ)
  • 監修:山田修爾(番組本体、『復活! ザ・ベストテン!』プロデューサーを担当時はノンクレジット。)、道蔦岳史(クイズ)
  • 構成:鈴木おさむ北本かつら、佐藤雄介、海老根豊、矢野了平、小林正和/野村正浩、樋口卓治、播田ナオミ、清隼一郎
  • ディレクター:吉橋隆雄、むたゆうじ、福田雅之、高宮望、渡辺達朗、金島豊、青木良憲、村上稔、新居稚也、塚本洋史
  • アシスタントプロデューサー:西沢雅文、長内信博、大山小百合、谷田貝義行、原田康弘
  • チーフディレクター:清水徹郎(以前はディレクター)
  • プロデューサー:山田修爾(『復活! ザ・ベストテン!』※「ザ・ベストテン特別企画」を除く。)、帯純也、谷澤美和、壁谷政彦
  • プロデューサー・総合演出:朝岡慶太郎(以前はチーフディレクター→総合演出)
  • チーフプロデューサー:阿部龍二郎(2006年5月10日 - 2008年5月23日)、小谷和彦(2008年5月30日 - )
  • 制作協力:ファルコン、ボトム、ゴッズダイナミックワールド、ボックス・タートル、オムニバス・ジャパン
  • 制作:TBSテレビ
  • 製作著作:TBS

番組ロゴ[編集]

番組で使用されていたTBSの旧筆記体ロゴ
  • 番組のロゴマークは、TBS(当時「東京放送」)が1961年8月から1991年9月29日まで約30年使用していた、電波をモチーフにした筆記体"TBS"のシンボルマーク(初代)を使用している(制作・製作著作クレジットは現在のロゴ)。そのロゴが番組タイトルに使用されるのは『テレポートTBS6』(関東ローカル)以来にもなる。また、番組放送中に左上に常時表示される番組ロゴは、2007年頃まではTBSマーク下部のロゴがアルファベット表記の「DREAM PRESS COMPANY」であったが、2008年頃から「ドリーム・プレス社」に変更されている(当番組の番宣も同様。タイトルコールなど他の部分はアルファベットのロゴのまま)。このほか、番組のエンディングで流れるスタッフロールは「JNNフラッシュニュース」を挟んだ直後の21時台に放送される『金スマ』と同じものが使用されている。

備考[編集]

外部リンク[編集]

TBS 水曜19:54 - 20:00枠
前番組 番組名 次番組
もうすぐドリーム・プレス社
【この番組までローカル枠】
水トク!(第1期)
※18:55 - 20:54
(2006.10.18 - 2008.7.16)
【この番組から全国ネット枠】
TBS系列 水曜20時台
全員正解あたりまえ!クイズ
(2005.10.5 - 2006.2.8)

単発特番
ドリーム・プレス社
(2006.5.10 - 2006.9)
水トク!(第1期)
※18:55 - 20:54
TBS 金曜19:54 - 19:55枠
金スペ!
※18:55 - 20:54
(2006.1.6 - 2006.9)
【この番組まで全国ネット枠】
もうすぐドリーム・プレス社
【この番組からローカル枠】
ナビっち
※19:50 - 19:55
(2009.4 - 2009.6)
TBS 金曜19:55 - 20:00枠
金スペ!
※18:55 - 20:54
【この番組まで全国ネット枠】
もうすぐドリーム・プレス社
【この期間はローカル枠】
ぴったんこカン・カン
※19:55 - 20:54
(2009.4.10 - )
【火曜19時台より枠移動、
この番組から再度全国ネット枠】
TBS系列 金曜20時台
金スペ!
※18:55 - 20:54
ドリーム・プレス社
(2006.10 - 2009.3.20)
ぴったんこカン・カン
※19:55 - 20:54