阿部龍二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 龍二郎(あべ りゅうじろう、1964年5月11日 - )は、テレビプロデューサー東京放送ホールディングスグループ経営企画局長、TBSテレビ経営企画室長。TBSビジョン代表取締役社長TBSスパークル代表取締役社長。以前は同本部制作局制作センターバラエティ制作部次長(旧TBSエンタテインメント⇒制作3部)及び所属の番組チーフプロデューサープロデューサー、編成局担当部長、編成制作本部編成制作局バラエティー制作センター2部長、制作局バラエティー制作部長、制作局制作1部長を経て現在に至る。神奈川県藤沢市出身。

人物[編集]

藤沢市立鵠沼中学校、慶應義塾大学卒。卒業後、当時の東京放送(TBS)[1]に入社。

テレビ部門に配属され、人気音楽番組『ザ・ベストテン』で当時のプロデューサーだった山田修爾の部下的な存在でアシスタントディレクターとして活動。

うたばん』や『COUNT DOWN TV』など音楽番組プロデューサー。石橋貴明SMAP(特に同郷である中居正広)などとも関係が深い。また、同局のアナウンサーである安住紳一郎を積極的に起用している。

2008年5月編成局担当部長に異動。この為5月2日〜28日までは阿部の番組は大木真太郎中鉢功帯純也プロデューサーらに、5月29日以降は小谷和彦、中鉢功チーフプロデューサーらに引き継がれた。

2009年9月からは、制作局バラエティー制作センター2部長に異動。2010年5月13日からは、編成制作局バラエティー制作センター2部長に。2012年4月1日からは、制作局バラエティー制作部長に。

2016年4月1日付でTBSHD経営企画局長、TBSテレビ経営企画室長。

2017年6月20日付でTBSビジョン社長。

2018年6月29日付でTBSスパークル社長。現職。

作家阿部昭の二男に当たり、昭もラジオ東京→TBSに勤務していた(1959年 - 1971年)。

フジテレビ系バラエティー番組『笑っていいとも!』のトークコーナー・テレフォンショッキングに安住紳一郎アナがゲスト出演した際、以前担当した番組「ぴったんこカン・カン」のキャラクターのきぐるみを着て登場し、司会のタモリに対して「手前どもの局(TBS)でもレギュラー番組をお願いします」などと発言した[2]

過去の担当番組[編集]

阿部が担当する番組は生放送及びごく一部の収録番組を除きすべて非ハイビジョン(画角4:3、SD制作)番組である。

阿部班[編集]

TBSテレビ編成制作本部制作局制作センターバラエティ制作部(旧制作三部)では必ず何かの班に所属し、番組を作る。阿部龍二郎が率いる「阿部班」は制作局の枠・垣根を超えて局内随一の勢力を誇る。

当局所属[編集]

  • 中鉢功(「CDTV」、「うたばん」チーフプロデューサー/⇒報道局「イブニングワイド」「Nスタ」プロデューサー/⇒情報制作局情報センター「はなまるマーケット」総合演出)
  • 古谷英一(「Goro's Bar」プロデューサー/⇒派遣留学のため渡米中)
  • 鈴木慎治(元番組宣伝部・「CDTV」アシスタントプロデューサー/⇒小谷・中鉢班)
  • 瀬川郷守(「ぴったんこカン・カン」チーフディレクター/⇒小谷)
  • 志賀大士(元アナウンサー・「ぴったんこカン・カン」ディレクター/⇒小谷)
  • 谷澤美和(「金スマ」「ぴったんこカン・カン」「ドリーム・プレス社」プロデューサー、「うたばん」ディレクター/⇒小谷)
  • 千野晴己(「うたばん」ディレクター、通称:ちのぱぁ〜ん)
  • 竹永典弘 (「金スマチーフディレクター」/⇒小谷)

制作会社所属[編集]

  • 壁谷政彦(株式会社ファルコン代表者、「ぴったんこカン・カン」プロデューサー)
  • 藤村卓也(株式会社ボトム代表者、「ぴったんこカン・カン」ディレクター)
  • 柴田猛司(有限会社クラリシオン代表者、「CDTV」「うたばん」「ドリーム・プレス社」ディレクター、「クリスマスの約束」舞台演出)

脚注[編集]

  1. ^ 2001年にラジオ局部門をTBSラジオ&コミュニケーションズへ分離。2009年には持株会社化に伴い東京放送ホールディングス(TBSHD)に変更。テレビ局部門をTBSテレビに完全移行させ、東京放送が名乗っていたTBSの略称もTBSテレビに移行させた。
  2. ^ 系列局である毎日放送制作のバラエティ番組には以前から複数の番組に司会者としてレギュラー出演していたが、TBSテレビ制作のレギュラー番組は2013年9月現在実現していない。ただ、2012年6月24日放送の連続ドラマ日曜劇場ATARU』最終話にゲスト出演をした。