テニス少女夢伝説!愛と響子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テニス少女夢伝説!愛と響子
ジャンル テレビドラマ
企画 亀山千広
中尾嘉伸
脚本 江連卓
演出 土屋統吾郎
小島穹
岡本弘
寺山彰男
出演者 渡辺美奈代
万里洋子
製作
プロデューサー 柳田博美
千原博司
制作 フジテレビ
大映テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1990年4月9日 - 1990年9月17日
放送時間 月曜 19:30 - 19:58
放送分 28分
回数 24

テニス少女夢伝説!愛と響子』(テニスしょうじょゆめでんせつ あいときょうこ)は、1990年4月9日から同年9月17日までフジテレビ系列局で放送されていたテレビドラマである。フジテレビ大映テレビの共同製作。全24話。放送時間は毎週月曜 19:30 - 19:58 (日本標準時)。

概要[編集]

テニスを通じて出会った2人の少女の友情と戦いを描いたドラマ。作中には筋肉強化マシンやさまざまな魔球が登場した[1]

この作品の最終回をもって、この時間帯でのテレビドラマの放送は終了した。

あらすじ[編集]

両親ともにテニスの元全日本チャンピオンである愛は、ウインブルドン選手権出場を宿命づけられ、テニスの英才教育を受けていた。ある日、そんな愛の前に響子が現れる。響子は貧しいながらも暖かい家庭で育った少女だった。愛とは対照的に、荒削りなプレイスタイルの響子とはいつしかライバル関係となるが、二人には隠された秘密があった[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:江連卓
  • 演出:土屋統吾郎、小島穹、岡本弘、寺山彰男
  • 音楽:真鍋平太郎
  • 企画:亀山千広、中尾嘉伸(フジテレビ)
  • プロデューサー:柳田博美、千原博司
  • 制作:フジテレビ、大映テレビ株式会社

主題歌[編集]

「独立戦争」(第1話 - 第16話)
歌:鈴木彩子
「天使にスリルをおしえてあげて」(第17話 - 第24話)
歌:和久井映見ポリスター

サブタイトル[編集]

  1. 出会い
  2. 敵意
  3. 挑戦
  4. 魔球
  5. 闘魂
  6. 悪女
  7. 魔の手
  8. 秘密
  9. 脅迫
  10. 過去
  11. 呪文
  12. 妹よ
  13. 真実
  14. 私は女王
  15. 秘密特訓
  16. 魔球返し
  17. 愛の犠牲者
  18. かませ犬の意地
  19. 衝撃の告白
  20. 涙の再会
  21. ウィンブルドンへ最後の試練
  22. 悲しきかたき射ち
  23. 大波乱のトーナメント
  24. ウィンブルドンへの道

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b CD『大映テレビ主題歌コレクション・フジテレビ編』(キングレコード)封入のブックレットより。これにおいては、魔球について「フジテレビ系列で1971年に放映されていたテニスドラマ『コートにかける青春』を彷彿とさせる」という内容の紹介がある。

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 月曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
明日に向かって走れ!
(1989年10月16日 - 1990年3月19日)
テニス少女夢伝説!愛と響子
(1990年4月9日 - 1990年9月17日)
今夜は好奇心!
(1990年10月 - 1994年9月12日)
※19:00 - 19:54
【木曜19:00枠から移動】
FNNニュース
※19:54 - 20:00
【4分拡大】