竹本弘一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

竹本 弘一(たけもと こういち、1928年6月1日[1] - 1993年3月18日)は、映画テレビドラマ作品の監督・演出家大阪大学卒業[要出典]和歌山県出身[1]

来歴・人物[編集]

大学を卒業後[要出典]東映映画撮影所で数々の映画作品に助監督として携わったが、当時の映画業界は斜陽を迎えていたため監督への昇進は叶わず、東映プロデューサーの平山亨の計らいで[要出典]テレビの世界に活路を求めた[1]。1966年、38歳のときに『悪魔くん』にて監督デビューを果たす[1]。以降主に東映のテレビ作品で辣腕を振るい、『キイハンター』『プレイガール』『バーディー大作戦』などの大人向けアクションもの、『仮面ライダー』『秘密戦隊ゴレンジャー』などのキャラクター作品を数多く演出した[1]

1982年の『ハウスこども傑作劇場』の後[要出典]、長年活動した東映を離れ大映テレビに移籍。こちらでも数々の名作「大映ドラマ」を手掛けた。主な代表作に『不良少女と呼ばれて』『スタア誕生』『ヤヌスの鏡』など。しかし結果的に1987年の『アリエスの乙女たち』が最後の監督作品となった。

1993年、心不全で死去[要出典]。享年64。

エピソード[編集]

  • 仮面ライダー』(仮面ライダーシリーズ)と『秘密戦隊ゴレンジャー』(スーパー戦隊シリーズ)という東映が誇る2大ヒーローシリーズのパイロットを手掛けた。両シリーズの礎を築いた人物といって過言ではない。
    • 『仮面ライダー』では導入部の第1話と第3話を担当し、怪奇ムード溢れる初期のイメージを決定付けた[1]。予算不足でレール撮影が出来なかった第1話の怪人蜘蛛男の疾走シーンでは、細かいカットを連続して繋ぐことで奇妙で斬新な怪人のアクションを表現して見せ[1]平山も流石と唸らされたと述懐している[要出典]東映生田スタジオ所長の内田有作は、竹本がパイロットを担当した理由について、当時『キイハンター』で活躍していた竹本を起用することで東映が本気であることを毎日放送側に示す意図があったと証言している[1]。毎日放送も竹本の手腕を評価し、その後の会議で竹本の再登板を度々要望した[1]
    • カット割りの上手さについては同業者である監督の奥中惇夫も絶賛しており、『ジャッカー電撃隊』第1話の竹本演出を見て「抜群に上手い」と舌を巻いたという。[要出典]
    • 『ゴレンジャー』で初めて竹本と組んだ上原正三は竹本の気骨溢れる演出に圧倒されたと雑誌のインタビューで述べている[要文献特定詳細情報]
    • 戦隊シリーズは『ゴレンジャー』以降『太陽戦隊サンバルカン』まで5作連続でパイロットを担当[2]、シリーズの屋台骨を支え続けた。
  • 前述の戦隊シリーズ5作品に加え、戦隊シリーズ中断期の放送である『透明ドリちゃん』、『スパイダーマン (東映)』でもメイン監督として技量を発揮、東映のキャラクター番組に力を注いだ。7作とも、竹本をはじめプロデューサーは吉川進、音楽は渡辺宙明、脚本は上原正三といった面々が不動のメインスタッフであった[独自研究?]
  • 大葉健二の語ったところによると、アクションの人たちが苦労しているのだからと竹本は撮影した格闘シーンは殆どカットしない方針だったという[要出典]細かなカット割りにはこういった事情が一端にあったと思われる[独自研究?]
  • 『デンジマン』に出演した小泉あきらの芸名は竹本が命名した。小泉は現場では竹本には殆ど怒られた記憶はないそうで、いつも褒められてばかりであったという。吉川プロデューサーによると、竹本はオーディションの面談で小泉に会って一目見たときから、小泉を気に入ってしまい、撮影外でもマメに面倒を見ていたという。[要出典]
  • 『仮面ライダー』主演の藤岡弘、は、竹本について初対面の時に多弁ではなかったが包容力がある人物という印象を抱いたという[3]宇宙鉄人キョーダイン』に出演していた堀江美都子も竹本は「優しい監督さんでした」と後に述懐している。[要出典]
  • 助監督として師事した小林義明は竹本について「大変優秀な方。僕は演出力が無いから役者の演技に頼るけど、竹本さんは演出で役者の演技の未熟さを補う技術を持っていた」と後に述懐している[要出典]
  • 『仮面ライダー』や『秘密戦隊ゴレンジャー』に参加した監督の田口勝彦は、竹本はロケハンが嫌いであったと証言しており、場所に関わらず自身の絵にできるという自身の現れだったのではないかと推測している[1]
  • 基本的には温厚な監督として知られているが、役者の遅刻には厳しい。『ゴレンジャー』の初期撮影で誠直也が遅刻して厳しく叱り飛ばしたが、誠は内心あまりに悔しく竹本に対して「このくそおやじ!」と罵ったという。また『サンバルカン』で初代バルイーグル/大鷲龍介役を演じた川崎龍介も撮影当日に遅刻して竹本に怒られたとき、役をクビになるのでは内心冷汗をかいたという[要出典]
  • 『太陽戦隊サンバルカン』を第4話「少年探偵とスパイ」で降板。これは予定されていた降板ではなく、竹本が突然に降りたとの逸話が残されている。しかしその理由は現在に至るまで明らかにはされていない。また竹本が『デンジマン』を最後にシリーズを降板したい意向を吉川プロデューサーが慰留し、『サンバルカン』のパイロット撮影までを依頼したという説もある。同番組に出演していた川崎龍介は「全然違うんだよね。竹本監督の4話までとそれ以降の緊迫感が全然違うんだよね」と評し、竹本演出を賞賛している[要出典]。尚、同作品には竹本の降板により急遽東條昭平が監督として招聘された。
  • 監督生活晩年のインタビューにおいてスパイアクションものよりも青春ものや純情ものの方が好きであると語っていた[1]。またその児童番組については子供にバカにされるような仕事をしてはならないという胸も語っている[1]
  • キイハンター』『刑事くん』『秘密戦隊ゴレンジャー』などで竹本と組んだ宮内洋の著書[要文献特定詳細情報]によると竹本は士官上がりで大好物はカニであったとのこと。
  • 竹本の死後、生前の功績を讃え、竹本監督を送る会が催された。参加者の一人である渡辺宙明によるとその時に竹本演出の『秘密戦隊ゴレンジャー』第1話が記念に上映されたという。[要出典]

監督 [編集]

テレビドラマ[編集]

以下は単発作品

※その他2時間ドラマ多数

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l OFM仮面ライダー1 2004, p. 31, 和智正喜「仮面ライダー監督紳士録 第1回 竹本弘一」
  2. ^ うち『ジャッカー電撃隊』『バトルフィーバーJ』『電子戦隊デンジマン』の3シリーズは最多演出
  3. ^ OFM仮面ライダー1 2004, p. 26, 「主演俳優の素顔1 藤岡弘、」.
  4. ^ a b c d e f g h i j k l パイロットを担当。

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.1 仮面ライダー1号』 講談社2004年7月9日ISBN 4-06-367086-4