赤いダイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

赤いダイヤ』(あかいだいや)[1]とは、梶山季之の小説。スポーツ紙「スポーツニッポン」に連載し、1962年集英社より刊行された。文庫版は1975年角川文庫1994年に集英文庫より刊行された。

天候に左右されて価格が上下する商品先物取引であるアズキ市場を舞台に、政財界・マスコミを巻き込んだ壮絶な仕手戦に発展する内容。

1963年TBSによってテレビドラマ化され、1964年東映によって映画化された。

登場人物[編集]

  • 木塚慶太 - 小豆市場で一儲けを目論むブローカー。
  • 森玄一郎 - 小豆市場の大物相場師。(モデル人物:吉川太兵衛
  • 井戸美子 - 木塚の心の恋人。
  • 松崎辰治 - 東京穀物取引所理事長。(モデル人物:山崎種二
  • 小野敬一 - 新聞記者。
  • 押田義男 - 政界の黒幕。

テレビドラマ[編集]

1963年9月16日から同年12月9日まで、TBS系列で放送された。

放送時間(日本時間)は月曜22時00分 - 23時00分。制作は大映テレビ室。主演は大辻伺郎

1989年10月8日にTBS系で放送された「テレビ探偵団」特番でオープニングと本編映像が紹介された。

スタッフ[編集]

  • 脚本:佐々木亮
  • 監督:土居通芳
  • 主題歌・歌:尾藤イサオ

キャスト[編集]

TBS 月曜22時枠
前番組 番組名 次番組
赤いダイヤ

映画[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

DVD[編集]

DVDは藤田が2010年2月に死去したのを受けて同年5月21日に緊急発売された。

脚注[編集]

  1. ^ 「赤いダイヤ」は商品市場における「小豆(しょうず)」を指す。