野際陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
のぎわ ようこ
野際 陽子
生年月日 (1936-01-24) 1936年1月24日
没年月日 (2017-06-13) 2017年6月13日(満81歳没)
出生地 石川県河北郡津幡町[1][2]
死没地 東京都
国籍 日本の旗 日本
身長 163 cm
血液型 A型
職業 女優アナウンサー司会者歌手ナレーター声優
ジャンル テレビドラマ映画トーク番組
活動期間 1958年 - 2017年
活動内容 1958年:NHK入局
1962年:NHK退局
1962年:司会業開始
1963年:女優デビュー
1968年:『キイハンター
1992年:『ずっとあなたが好きだった
2000年:『TRICK
配偶者 千葉真一1973年 - 1994年
著名な家族 真瀬樹里(娘)
主な作品
テレビドラマ
キイハンター
ずっとあなたが好きだった
ダブル・キッチン
浅見光彦シリーズ
サラリーマン金太郎
京都迷宮案内
TRICK』シリーズ
DOCTORS〜最強の名医〜
花嫁のれん』シリーズ
バラエティー番組など
いつみても波瀾万丈
旅の香り

野際 陽子(のぎわ ようこ、1936年1月24日[3] - 2017年6月13日)は、日本女優[3]アナウンサー[4]司会者歌手ナレーター声優身長163 cm[4]血液型A型[3]。特技は英語フランス語[3]ラヴァンス所属[4]

来歴[編集]

石川県河北郡津幡町で生まれ[1][2]富山県富山市で育ち、3歳から東京都杉並区天沼で育った[5]。杉並区立杉並第五小学校[注釈 1]立教女学院中学校・高等学校立教大学文学部英米文学科卒業。大学時代は初代ミス立教に選ばれ、ESSの英語劇セクションと劇団テアトルジュンヌに所属し、四大学英語劇大会など数々の作品に出演[5]

大学卒業後、1958年(昭和33年)にNHKアナウンサーとして入局し、3か月の研修後に名古屋放送局に赴任[5]。天気・婦人番組を担当。翌年の伊勢湾台風の災害報道にも関わっている。同局には1年後輩のアナウンサーとして下重暁子がいた。1960年(昭和35年)にNHK東京放送局(現:NHK放送センター)に赴任。テレビ『おはようみなさん』の司会を週1回担当。以降の2年間は週3本のレギュラー番組を担当した[6]。名古屋赴任時に独身寮の野際の部屋に折悪しく給料日に強盗が入り、ナイフを突きつけられ金銭を獲られたエピソードを明かしている[7]1962年昭和37年)3月にNHK退職後、企画を説明する係として広告代理店へ転職。しかし出番が来ないまま3か月が経ち、給料だけもらうのは忍びないと気兼ねしていると、15分の生放送番組である『女性専科』(TBS)の司会者を担うこととなった。『女性専科』以降は女優活動が中心となった。TBSのプロデューサー大山勝美は「NHKのアナウンサーだった野際を女優に誘ったのは僕」と述べている[8]1963年(昭和38年)7月5日放送のテレビドラマ悲の器』(TBS)で主演の佐分利信の教え子になる理知的な若い美人が欲しくて人選していたが、なかなか見つからず。野際は当時NHKの花形美人アナウンサーだったが、近々辞めてフリーになるという噂があり、会って「芝居やってみませんか」と誘ったら「とてもやりたいと思っている」と言われ出演してもらった[8]。ほとんど褒めることのない佐分利が野際のことを「彼女はいいですね」と褒めていたので野際も自信を持ったのではないか、それで東映の映画とかに出演するようになったと述べている[8]

1966年昭和41年)2月にかねてから念願であったパリへ留学。ソルボンヌ大学で古典仏文学の授業を受けながら、アリアンスフランセーズにも通い、1年を過ごした。翌年帰国後『女性専科』に復帰し、パリで培ったファッションセンスを活かした[6]

1967年3月、パリからの帰国時に、まだ日本では珍しかったフランス製のミニスカートを着用してタラップを下りてきた[9]。ミニスカートは世界的に流行しつつあったが、日本においては同年10月のツイッギー来日を皮切りに爆発的に流行したが、それよりも7ヶ月早く著名人がミニスカートを穿いて公の場に現れた事から野際は「日本におけるミニスカート第一号」である[9][注釈 2]

1968年(昭和43年)にテレビドラマ『キイハンター』がスタートし、5年間放送され、視聴率30%以上を記録し一世を風靡した。ディレクターにどうしても歌わせて欲しいと直談判して[10][出典無効]、主題歌の「非情のライセンス」も歌った。1972年(昭和47年)には共演の千葉真一と婚約、翌年結婚。1975年(昭和50年)に真瀬樹里を出産。38歳11か月での初産は当時の芸能人の高齢出産最高齢記録だった[11]

1992年平成4年)、テレビドラマ『ずっとあなたが好きだった』で息子を溺愛するしたたかな姑を演じ、大ヒット[12]。以後、着物姿の姑役が定着し、『ダブル・キッチン』、『誰にも言えない』、『スウィート・ホーム』、『長男の嫁』などTBSドラマの常連になった[12]

1994年(平成6年)、日本に居たかった野際は、アメリカに拠点を移したかった千葉真一と離婚[11][13][14]。千葉と一緒に記者会見に臨み、「私のわがままです。彼がハリウッド進出のため米国にいるのがほとんどで、千葉真一の妻という感覚が希薄になりフッと忘れてしまうことが多くなった。けじめもつけたかったし、出会った『キイハンター』のころの友達に戻りたかった」と理由を答えている[11]

1996年(平成8年)、『徹子の部屋』に出演した際に離婚を「良妻賢母と言われていたけれど、任じゃないっていう感じがした」などと当時を振り返っていた[15]。同年10月5日、『オールスター感謝祭'96超豪華!クイズ決定版この秋お待たせ特大号』では60歳255日での最年長優勝を果たした[16]

2011年(平成23年)3月、原発事故を受け、「原発からでた放射能を無害にする技術ができない限り、原発はありえない」と反原発のスタンスであることをインタビューで語っている。このため、震災後に自宅の照明器具を全て省エネのためLEDに交換している[17]

2013年(平成25年)12月現在、特定秘密保護法の制定に関して反対表明をしている芸能人の1人である[18]

2016年(平成28年)11月23日石川県河北郡津幡町の広報特使を委嘱された[19]

2014年(平成26年)に初期の肺腺癌と診断され手術したが2015年(平成27年)に再発したため、再手術で腫瘍摘出手術を行っていた。その後、2017年(平成29年)5月8日肺炎を併発したため再入院したが、容態は回復する事なく2017年6月13日に東京都内の病院で死去、享年82(満81歳没)[14]。テレビドラマでは『やすらぎの郷』が、映画では『いつまた、君と 〜何日君再来〜』(2017年6月24日公開)が遺作となった。生前最期の撮影現場となった『やすらぎの郷』の収録には入院前日の5月7日まで参加し、収録の合間に鼻にチューブを付けながらも最後まで毅然と演じきった。『ずっとあなたが好きだった』を皮切りに数多くのドラマで共演した佐野史郎も自身のブログで哀悼の意を表した[20]

人物[編集]

家族仲が良く、実家の家族とよくバーベキューを楽しみ[21]還暦を迎えたのを機に『脱いでみようか』というタイトルのエッセイを出版している。本人曰く「還暦を機に心の中を少し脱いでみようか」との意味でこのタイトルに落ち着いた[22][出典無効]

多趣味であり、独身時代から勉強していた語学に加え、結婚後も子供と一緒にアイスダンスピアノなどを習っていた事がある[21]。近年は雑誌の取材で玉村豊男のアトリエを訪れた事がきっかけで水彩画を描いている[23]。健康おたくを自称するくらい健康には気を使っており、自分で考案したり人に聞いたりした健康ドリンクを長年飲み続け[21]、「老いは股関節から来る」と主治医に聞いてからストレッチを続け、180度開脚できるようになった[23]

テレビドラマ『キイハンター』や『鬼平犯科帳』などで共演した丹波哲郎から妹のように可愛がられ[24]佐野史郎はドラマ『ずっとあなたが好きだった』で野際と共演していた時に、丹波から「陽子をヨロシク!」と声をかけられている[24]

所属のラヴァンスは、丹波が設立した「丹波プロダクション」が元であり、娘の真瀬を含め、多くの俳優を抱える事務所として営業していた。しかし癌との闘いを続けていた野際は、自身の体調の最悪の事態を考え、事務所社長とともに、所属俳優の他事務所への移籍の口利きを進めた[25][注釈 3]

『ずっとあなたが好きだった』の後も『ダブル・キッチン』など着物を着た姑役が続くが、「私の後(の姑役)は、浅野ゆう子さんにでもお願いしようかしらね」と語り、浅野とも交流が続いていた。

夫婦役では『ダブル・キッチン』以降伊東四朗との共演が多い。橋爪功とは映画『善人の条件』、ドラマ『ずっとあなたが好きだった』『スウィート・ホーム『京都迷宮案内』『新・京都迷宮案内』(無印から9シリーズ連続共演)『笑う三人姉妹』、『告発〜国選弁護人』などで共演している。NHK時代から黒柳徹子との交流が続いていたため、『徹子の部屋』へのゲスト出演21回は女性ゲストでは最多だった[14]

『旅の香り 時の遊び』で共演していたお笑い芸人ヒロシを可愛がっていた。野際の死去に際してヒロシは「僕が出始めたころは、売れているピークのときでしたが、番組が終わるころになると世間から“一発屋”と呼ばれ、雑に扱われるようになっていたんです。 よくある話ですが、売れているときはよくしてくれても、落ちぶれると接し方が変わるじゃないですか。でも野際さんはそんなことがなく、いつも“ヒロシくん、ヒロシくん”と呼んでくれて」と話している。番組スタッフにも「うちのヒロシをよろしく」と言って回ってくれていたのであるそうである。「最初はウソだろう、僕のことなんか見てないだろうと思っていたんですが、本当だと知ってうれしかったですね。僕が番組に出続けられたのは、野際さんのおかげだと思っています」とヒロシは感謝している。野際はヒロシに誕生日プレゼントとして高級スカーフを与えたことがあり、ヒロシはスカーフを身に付ける習慣はないが大事にとっておいているという[26]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

旅番組[編集]

教養番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • ヒューマンドキュメンタリー「ある少女の選択〜18歳“いのち”のメール〜」(2011年7月22日、NHK) - ナレーション
  • ザ・インタビュー〜トップランナーの肖像〜(2013年10月 - 、BS朝日) - 日曜インタビュアー(土曜インタビュアーの舘野晴彦とともに担当)

音声ガイド[編集]

  • 東京国立博物館 特別展「京都-洛中洛外図と障壁画の美」(2013年)

CM[編集]

歌・著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 杉並区立若杉小と統合され杉並区立天沼小学校に変わり、2008年2月23日閉校。
  2. ^ 日本にミニスカートを流行させる切っ掛けとなった著名人は他に美空ひばりがいる。美空は同年5月25日に発売されたシングル真赤な太陽」を歌った際に、赤いミニスカートでステージに現れた事から美空をミニスカート第一人者として見る向きもあるが、野際は美空と比較しても少なくとも2ヶ月早くミニスカートで公の場に出た事になる。[要出典]
  3. ^ その後野際の死の直前の5月末にて「株式会社ラヴァンス」は解散・消滅した。
  4. ^ 放送期間中に死去、テレビドラマは同作が遺作となった。
  5. ^ 映画は同作が遺作となった。
  6. ^ 「芸能人のおしどり夫婦がCMで出演」という流れの始まりだった。

出典[編集]

  1. ^ a b 「ちかづく かがやく ほくりくへGO!」”. 東京新聞. 中日新聞東京本社. 2017年4月22日閲覧。
  2. ^ a b 平成29年津幡町議会3月会議・提案理由説明の抜粋 (PDF)”. 津幡町 (2017年3月6日). 2017年4月22日閲覧。
  3. ^ a b c d 野際陽子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c 野際陽子”. ラヴァンス. 2016年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月24日閲覧。
  5. ^ a b c 野際陽子 『脱いでみようか』 扶桑社1996年1月[要ページ番号]ISBN 4-594-01885-8
  6. ^ a b 『近代映画』1970年1月号、近代映画社、 152頁。
  7. ^ あさイチ プレミアムトーク 野際陽子,goo
  8. ^ a b c 「大山勝美のテレビドラマ内緒ばなし(10) 岡本愛彦と森光子」、『週刊文春』1983年1月27日号、文藝春秋、 76-77頁。
  9. ^ a b “野際陽子さん…必ず「わたし」ではなく「わたくし」と言った“美学の人””. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年6月16日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619120618/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170616-OHT1T50015.html 2017年6月19日閲覧。 
  10. ^ 「女優が語る私の人生」 ラジオ深夜便、2010年8月7日放送分。[出典無効]
  11. ^ a b c “野際陽子さん追悼秘話 壮絶闘病と女優魂「生き残り」かけ美意識改革”. 東京スポーツ (東京スポーツ新聞社). (2017年6月17日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/697938/ 2017年6月17日閲覧。 
  12. ^ a b “野際さんアドリブで冬彦の指をペロリでドラマヒット”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1840862.html 2017年6月17日閲覧。 
  13. ^ 千葉真一 『千葉真一 改め 和千永倫道』 山と渓谷社2008年5月、113-114頁。ISBN 978-4-635-34022-9
  14. ^ a b c “野際陽子さん13日に亡くなる、81歳”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年6月15日). オリジナル2017年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170615150452/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170615-OHT1T50193.html 2017年6月15日閲覧。 
  15. ^ “「徹子の部屋」で野際陽子さん追悼特集 泥棒事件や離婚秘話など振り返る”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年6月16日). オリジナル2017年6月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170619120945/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170616-OHT1T50100.html 2017年6月16日閲覧。 
  16. ^ 過去の成績”. オールスター感謝祭. TBSテレビ. 2017年3月24日閲覧。
  17. ^ 革新懇ニュース 2011年9月号”. 全国革新懇. 2017年3月24日閲覧。
  18. ^ “秘密保護法:著名人多数が反対、懸念を表明”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2013年12月8日). オリジナル2013年12月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131208035504/http://mainichi.jp/select/news/20131207k0000e040164000c.html 
  19. ^ 野際陽子氏「津幡町広報特使」委嘱状交付式の開催について (PDF)”. 産業建設部交流経済課. 津幡町 (2016年11月17日). 2017年3月24日閲覧。
  20. ^ 橘井堂(佐野史郎オフィシャルブログ)「野際陽子さん、安らかにお眠りください」
  21. ^ a b c 『elan』2001年12月号、扶桑社[要ページ番号]
  22. ^ 1996年出演の徹子の部屋[出典無効]
  23. ^ a b 『毎日が発見』2010年6月号、KADOKAWA2010年5月28日[要ページ番号]
  24. ^ a b 佐野史郎 (2006年9月27日). “丹波哲郎さん大霊界へ逝く”. 橘井堂. 2013年2月9日閲覧。
  25. ^ [1]「女性自身」2017年06月21日配信記事より
  26. ^ 週刊女性2017年7月4日号
  27. ^ “東山紀之主演『必殺仕事人』最新作9・25放送 悪役は安田顕&寺島進”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年8月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2077018/full/ 2016年8月19日閲覧。 
  28. ^ “11年目の『警視庁捜査一課9係』4月期に放送 野際陽子が初参戦”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年2月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2066498/full/ 2016年2月8日閲覧。 

外部リンク[編集]