中条静夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ちゅうじょう しずお
中条 静夫
本名 中條 靜雄
生年月日 (1926-03-30) 1926年3月30日
没年月日 (1994-10-05) 1994年10月5日(68歳没)
出生地 日本の旗 日本 静岡県
出身地 日本の旗 日本 東京府八王子市
身長 171 cm[1]
血液型 B型[2]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1948年 - 1994年
配偶者 あり
事務所 田上事務所( - 1994年)
主な作品
テレビドラマ
ザ・ガードマン
鉄人タイガーセブン
大都会 闘いの日々
雲のじゅうたん
赤い衝撃
夢千代日記
あぶない刑事』シリーズ

中条 静夫(ちゅうじょう しずお、1926年3月30日[1][2][3][4]1994年10月5日[3][4])は、日本俳優。本名、中條 靜雄[2][4]

東京府八王子市出身[3](出生は静岡県[4])。東京府立第二商業学校(後の東京都立第二商業高等学校)卒業[3]。田上事務所に所属していた[1][2]

来歴[編集]

新聞記者の父がもうけた二男二女の長男として静岡で生まれる[4]。名の静雄は生誕の地名・静岡の一字からとられたものだという[4]。小学生の時、父の仕事の都合で上京(新宿から八王子へと移る)[4]1943年12月、東京府立第二商業学校を繰り上げ卒業して兵役につき、1945年9月に復員[3]。従軍当時の教官から「学生のくせに名前がチュウジョウ(中将)とは何事か」と理不尽な説教をされたことがあると後年述懐している[要出典]

1946年4月、神戸製鋼所東京工場にセールスマンとして入社するが、一攫千金いっかくせんきんを夢見て1948年大映東京撮影所に入社[3]。大部屋俳優として通行人役から出発し、1954年の『金色夜叉』『馬賊芸者』あたりから脇役として台頭する[3]1971年12月の大映倒産まで在籍し、その後は福田恆存の主宰する劇団欅を経て、劇団昴に所属[3]

1965年から始まった『東京警備指令 ザ・ガードマン』(宇津井健主演)に小森隊員役でレギュラー出演し、以来テレビの世界で人気を得て多くの作品で活躍し、下積み時代の蓄積を開花させた[3]1973年には大映時代から旧知の仲だったうしおそうじが企画・原案を務めた『鉄人タイガーセブン』に出演[5]1974年に出演した『6羽のかもめ』では、演技が高い評判を呼び(メイン脚本家は倉本聰で中条を軸に据えたエピソードも何本か執筆した)、中条自身も後年のインタビューで「俳優・中条静夫は、倉本聰さんとの出会いによって作り上げていただいた」「僕の代表作ですよ」と語っている[6]。そのほか、山口百恵主演の赤いシリーズや、『あぶない刑事』シリーズなどで印象深い役柄を演じた[3]

1994年8月、肝臓障害のため顔に黄疸が出るなどの症状が出始め、肝硬変と診断され、出演中だった『オトコの居場所』を途中降板して療養生活に入るが[3]、同年10月5日午後11時59分、による肝不全のため死去。68歳没。夫人に看取られての最期であった[3]。遺族によると、葬儀の際には本人の希望により、最も好きであった『夢千代日記』と『花へんろ』の台本が棺に収められたという。

人物・エピソード[編集]

  • 趣味は、ゴルフ[2]
  • 鉄人タイガーセブン』で共演した南城竜也は、現場でよく『ザ・ガードマン』の話を聞かせてもらったという[7]。また、中条について「とても紳士で優しく、現場に良いムードを作って下さった」と述懐している[7]
  • 1976年『速報!日本レコード大賞』、及び1978年11月15日放送の『第9回輝け!日本歌謡大賞』にノミネートされた山口百恵の歌唱中にお祝いゲストとして高橋昌也と共に出演した[8]
  • 役者になってから印象深かったこととして、1978年にテレビ大賞の優秀個人賞を受けたことを挙げ、役者として初めてもらった賞として特に印象に残っていると語っている[9]
  • あぶない刑事』シリーズでの近藤卓造捜査課長役は、中条の死後も存在感がリスペクトされるほどの当たり役となった(コミカルな雰囲気が強いドラマ中で、一際重厚な存在感を発揮したことが一因)。中条本人は、もともとはアドリブ嫌いで有名であり、台本から外れたことはしない主義であったが、主演の2人に乗るようにしてさまざまなアドリブやコミカルな台詞回し・仕草を取り入れ、熱狂的ファンや関係者の多くから「『あぶない刑事』の課長といえば、近藤(中条)を置いて他になし」と評されている。没後に製作された続編映画版『あぶない刑事リターンズ』(1996年)では、本編終了後に「To The Memory of 中条静夫」とのテロップ表示が用意され、近藤課長の名が本編の台詞内に幾度も登場するなど、全編にわたり中条へのリスペクト色が強い作品構成が取られた。共演した主要キャストである舘ひろし柴田恭兵浅野温子仲村トオルらとは親交も深く、幾たびか共演(舘とは『免許がない!』、柴田とは『勝手にしやがれヘイ!ブラザー』、浅野とは『世界で一番君が好き!』、仲村とは『俺たちルーキーコップ』)しており、中条の死去がシリーズ復活への後押しとなったほどである。
  • 1994年告別式会場にはかつてTBS・大映テレビドラマ『赤い衝撃』で娘役で共演した山口百恵が参列した[10]
  • 1955年3月30日に結婚し[3]、一女あり[11]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

CM[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『日本タレント名鑑'94』 VIPタイムズ社、1994年、228頁。
  2. ^ a b c d e 『TVスター名鑑'93』 東京ニュース通信社1993年、117頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本映画人名事典』男優篇 下巻、キネマ旬報社1996年、166-167頁。ISBN 4-87376-189-1
  4. ^ a b c d e f g 法華経に支えられた人々 中条静夫”. 日蓮宗. 2018年6月24日閲覧。
  5. ^ 『スペクトルマンvsライオン丸 「うしおそうじとピープロの時代」』 太田出版1999年6月26日、218頁。ISBN 4-87233-466-3
  6. ^ 「= ニッポン個性派時代:第22回 中条静夫」、『キネマ旬報』1978年8月下旬号、キネマ旬報社、1978年、 146頁。
  7. ^ a b 秋田英夫 「南城竜也 滝川剛役」『別冊映画秘宝電人ザボーガー』&ピー・プロ特撮大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2011年11月14日、155頁。ISBN 978-4-86248-805-3
  8. ^ 「日本レコード大賞を裏側から見てみると」、『週刊平凡』1977年1月23日号、平凡出版
  9. ^ 「出演者インタビュー 中条静夫」『メモリー あぶない刑事』 日本テレビ1989年、180頁。ISBN 4-8203-8917-3
  10. ^ 「中条静夫逝去!告別式に山口百恵号泣!」、『週刊女性』1994年10月14日号、主婦と生活社
  11. ^ 『日本映画俳優全集・男優編』 キネマ旬報社、1979年、365頁。

外部リンク[編集]