茜さんのお弁当

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茜さんのお弁当
ジャンル テレビドラマ
脚本 金子成人
演出 竹之下寛次高畠豊
出演者 八千草薫
エンディングジェームス・ディーンのように」(Johnny
製作
プロデューサー 堀川とんこう
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1981年10月21日 - 同年12月30日
放送時間 水曜21:00 - 21:55
放送枠 水曜劇場 (TBS)
放送分 55分
回数 11
テンプレートを表示

茜さんのお弁当』(あかねさんのおべんとう)は、TBS系列で1981年10月21日 - 12月30日、毎週水曜日21時00分 - 21時55分(「水曜劇場」枠)に放送されたテレビドラマである。

概要[編集]

杉本哲太嶋大輔の連続ドラマデビュー作であり[1]MIEピンク・レディーの最初の解散後、初の連続テレビドラマ出演となった。嶋によれば、TBSプロデューサーの堀川とんこうは前番組の視聴率が伸び悩んだことからTBSから本作品について「なんでこんな(地味な)番組を作るのか」と言われていたが、放送が進むにつれ視聴率が上がり、その後伝説の番組と呼ばれるようになったという[1]。堀川は、本作の主題について「非行少年の更生話がテーマ」に挙げており、杉本や嶋をキャステイングした理由については、ツッパリのリアリティがある少年を選んだと述べている[2]

嶋は、地方コンサートで観客に絡まれて負傷し、一部の回を松葉杖をついて出演している[1]

あらすじ[編集]

茜の経営する仕出し弁当屋「あかね弁当」から突然、従業員が相次いで辞めてしまい、深刻な人手不足に陥ってしまう。困りかねた茜を見かねた従業員の渉は、少年院で知り合った、職もなくくすぶっているツッパリ4人を連れてくるが、4人とも曲者揃い。様々なトラブルを引き起こしながらも、茜ら従業員とぶつかり合いながら徐々に分かり合い打ち解けていく。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出 ゲスト出演者
第1回 1981年10月21日 ツッパリ登場 竹之下寛次
第2回 1981年10月28日 ホントのダチとは?
第3回 1981年11月04日 家出常習 高畠豊
第4回 1981年11月11日 俺の甲子園
第5回 1981年11月18日 裏切りと別れ 竹之下寛次
第6回 1981年11月25日 嘘つきシュン
第7回 1981年12月02日 おもかげ橋事件 高畠豊
第8回 1981年12月09日 信夫が女装した
第9回 1981年12月16日 姉ちゃんの縁談
第10回 1981年12月23日 免許証が欲しい
最終回 1981年12月30日 ヨ・ロ・シ・ク!

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「SPECIAL INTERVIEW '88 嶋大輔」『スーパー戦隊 Official Mook 20世紀 1988 超獣戦隊ライブマン講談社〈講談社シリーズMOOK〉、2018年4月10日、18-19頁。ISBN 978-4-06-509615-4
  2. ^ 福島民報』1981年11月11日付夕刊4面 「革ジャンでツッパる 演技を超えた迫力 『茜さん』の4人」
TBS 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
ここまでは他人
(1981.8.19 - 10.14)
茜さんのお弁当
(1981.10.21 - 12.30)
結婚
(1982.1.6 - 4.14)