リッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

リッカー株式会社 (RICCAR) は、かつて日本に存在したミシンメーカーである。1994年にダイエー子会社のダイエーファイナンスなどと合併、ダイエーオーエムシー(のちのオーエムシーカード、現・セディナ)となって消滅した。

子会社の「リッカー販売」はリッカー合併後も存続したが、2004年12月にヤマノホールディングコーポレーションに売却された。

概要[編集]

設立は1939年。前身の理化学工業(「リッカー」の社名はこれに由来するといわれている。後述)は建築用のテックスを製造していたが、戦後になってミシン製造に参入。独自の前払い割賦制度で販売を伸ばし、一時は日本国内のトップシェアとなる。ミシンの需要がピークを過ぎると販売ルートを生かした家電販売を開始する。特に電子レンジは自社開発を行い、次代の主力製品のひとつと位置付けた。他にも不動産への参入などの多角化を進め、社名もリッカーミシンからリッカーへ変更する。しかし、主力のミシンでは電子化に出遅れ、シェアも国内3位まで落ち込むようになった。この頃から、販売不振を隠すため粉飾決算を行うようになる。1984年には主力取引銀行からの融資も打ち切られ、東京地裁に和議を申請し事実上の倒産となる。負債は1100億円で、戦後4番目の大型倒産(当時)であった。

倒産時点で前払い割賦金制度の利用者が約60万人いたため、消費者保護のため国会でも問題となった。また、粉飾決算については、4人の逮捕者を出した。

1987年から、ダイエー(現在はイオン傘下)の支援により更生を開始。更生のため販売活動を中心にした業態となり、ミシン製造からは撤退した。1993年に更生を完了したが、翌年にはダイエー子会社と合併し、リッカー株式会社は消滅する。

リッカーブランドのミシン事業は子会社であるリッカー販売の売却先、ヤマノリテーリングス(現:ヤマノホールディングス)に譲渡されたが、現在はブラザー工業製品(プリンター含む)の取り扱いに切り替えている。

沿革[編集]

  • 1939年 前身となる日本殖産工業が設立される。
  • 1943年 理化学工業に社名変更。
  • 1948年 東京都立川市でミシンの生産を開始。
  • 1949年 会社名を 「リッカーミシン」に変更。
  • 1957年 家庭用ミシン「RW-5」がグッドデザイン賞を受賞。
  • 1961年 東京、大阪(現在は東証に統合)、名古屋証券取引市場1部上場。
  • 1963年7月 新本社ビル(地上9階、地下3階)完成により、本社を千代田区鍛冶町から中央区銀座に移転。
  • 1964年 Riccar America Company設立。
  • 1965年 家庭用電気製品の販売を開始。
  • 1966年8月 リッカー販売を設立。
  • 1967年 Riccar France SA設立。
  • 1969年 Riccar Europa GmbH設立。電子レンジの販売を開始。
  • 1970年 日本万国博覧会で、ワコールと共同でパビリオンを出展。
  • 1973年 社名を「リッカー」に変更。
  • 1978年 Riccar UK設立。
  • 1984年7月23日 東京地裁に和議申請。
  • 1984年8月 会社更生手続を申請。
  • 1985年2月 東京地裁は会社更生手続開始を決定。横地治男が管財人となる。(7ヵ月後に辞任)
  • 1987年2月 ダイエーが管財人代理として河島博を派遣。
  • 1987年11月 更生計画が認可され河島博が社長に就任。
  • 1994年9月1日 ダイエーファイナンス、朝日トラベルエージェンシーと合併し、ダイエーオーエムシー(のちのオーエムシーカード、現・セディナ、同じくイオン傘下であるイオンクレジットサービスとは別会社)になる。
  • 2004年 オーエムシーカードは子会社のリッカー販売を、ヤマノホールディングコーポレーション子会社の「かねもり」に営業譲渡する。

主な製品[編集]

家庭用ミシン[編集]

  • マイティシリーズ
    • キャッチコピー電子のお針箱
    • 1970年 - 777
    • 1971年 - RZ-1600
    • 1972年 - 2100
    • 1973年 - 2500
    • 1974年 - マイン560,マイン570
    • 1975年 - フリーアーム8000
    • 1976年 - A-300
    • 1977年 - A-303
    • 1978年 - A-1000
    • 1979年 - 40
    • 1980年 - 80
    • 1982年 - B-3
    • 1984年 - NC-3
  • RCM
    • 1988年 - 1120、1130
    • 1989年 - 1230
  • ホリデーヌ
    • 1990年 - 1090、1240
    • 1992年 - 1021、1530

電子レンジ[編集]

  • アントレック

実業団スポーツ活動[編集]

関連会社など[編集]

リッカー会館(本社ビル)[編集]

リッカー会館として1963年に建設された本社ビルは、その年の日本建築学会賞を受賞している。リッカー倒産後はダイエー(現・イオン)がテナントビルとして使用した。2002年にダヴィンチ・アドバイザーズへ売却され、オフィスビル「ダヴィンチ銀座」に改称、リニューアル工事も実施される。2010年に大和証券オフィス投資法人に再売却、現在は「Daiwa銀座ビル」となっている[1]

立川工場[編集]

東京都立川市曙町に製造工場があったが、倒産後に閉鎖された。閉鎖後はNTTドコモに土地が売却され、現在はNTTドコモ立川ビル(当初はNTTドコモ多摩ビル)が建っている。社名である「リッカー」の由来は、立川を「たちかわ」から「りっかわ」へ読み替えたものから来ているとの説がある(ただし、前身である理化学工業に由来するとの説もあり)。

リッカー美術館[編集]

1972年、リッカー創立者の平木信二による浮世絵コレクションを保存、公開することを目的に平木浮世絵財団が設立され、リッカー会館の7階に浮世絵専門美術館「リッカー美術館」が開設された。1993年3月、展示していたビルが売却されることになり、同財団の理事長がそごうの社長水島廣雄であった関係から横浜そごう内に「平木浮世絵美術館」と名称を変更して移転した。2001年4月、そごう破綻の影響で閉館。新橋へ移転する。2006年10月、ららぽーと豊洲の中に「UKIYO-e TOKYO」と言う名称で移転開設した。

ホテルリッチ(リッカー不動産)[編集]

二代目社長であった平木証三の意向で、ホテル事業へ参入。ホテルリッチを全国に展開する。しかし、経営は上向かず本業を圧迫することとなり、倒産の一因となった。結局ホテルリッチはユニバーサル販売を経て日東興業に売却されたものの、日東興業が1997年に経営破綻したことから多くが閉鎖に追い込まれた。

かつて運営していたホテル[編集]

  • ホテルリッチ札幌(1973年開業)
  • ホテルリッチ名古屋(1973年開業)
  • ホテルリッチ函館(1974年開業)
  • ホテルリッチ新潟(1974年開業)
  • ホテルリッチ博多(1975年開業)
  • ホテルリッチ仙台(1975年開業、現:ホテルリッチフィールド仙台)
  • ホテルリッチ秋田(1977年開業、現:ホテルパールシティ秋田竿燈大通り)
  • ホテルリッチ京都(1979年開業、現:リッチホテル京都)
  • ホテルリッチ高松(1980年開業、現:リーガホテルゼスト高松)
  • ホテルリッチ酒田(1980年開業、現:ホテルリッチ&ガーデン酒田)
  • ホテルリッチ横浜(1981年開業、現:ホテル横浜キャメロットジャパン)
  • ホテルリッチ盛岡(1982年開業、現:ホテルルイズ)

テレビCM[編集]

CMは主に昼間の情報番組へのパーティシペーションスポットによる放映で、提供番組(関西準キー局制作含む)はほとんど無い。

  • マイティ - 「電子のお針箱、リッカーマイティ」
  • ホテルリッチ - 関東では主にテレビ東京で放映。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ケンプラッツ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Riccar America, Inc.  リッカーアメリカ(1988年にTacony Corporationの傘下となり掃除機を販売)
  • UKIYO-e TOKYO リッカー創業者の浮世絵コレクションを展示