平木信二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平木 信二(ひらき しんじ、1910年10月5日 - 1971年12月30日)は、日本の経営者で、元リッカーミシン社長。京都府出身。京都帝大卒。

来歴・人物[編集]

リッカーミシンの創業者。昭和14年に理化学工業創立。昭和24年にリッカーミシンと改称。一代でリッカーミシンを上場企業に育てた。また、実業団スポーツにも力を入れ、陸上部(監督に吉岡隆徳を迎えた)、野球部などを設立し、有力チームに成長させた。

浮世絵のコレクターとしても知られる。戦前、浮世絵の三大コレクションとして「松方コレクション(現在東京国立博物館所蔵)」、「斎藤コレクション」、「三原コレクション」が著名であり、斎藤・三原コレクションは海外流出の危機に瀕したが、平木の所有を経て「平木浮世絵財団」により公開されている。